十年以上前からの耳鳴りにビワ温灸が効果あり

茨城県土浦市 若葉接骨院 伊藤清明 院長

今回紹介する症例は、トラックドライバーをしている30代男性が10年以上悩まされてきた耳鳴りについてです。
日常生活では、日中は身の回りの騒音がありますし、トラックを運転していることが多いため、エンジン音などで耳鳴りはまったく気になりません。
しかし、就寝時床に就き静かになった無音の空間にいると、右の耳から徐々にアブラゼミのような濁音が聞こえてくるそうです。

今までに耳鼻科を4ヶ所、大学病院の耳鼻科と脳神経外科を何ヶ所か受診しましたが、特に異常は見つかりませんでした。
ある医師からは、トラックの運転による緊張とストレスが耳鳴りの原因かもしれないと言われ、心療内科を紹介されました。
心療内科では、運転に支障がないように眠くならない抗不安薬が処方され、半年間、薬を変えながら様子を見ましたが、一向に耳鳴りは治まらなかったそうです。

この男性が当院で受診したのは、知人の紹介によるものでした。当初の来院の目的は耳鳴りではなく、腰痛の治療のためでした。
この腰痛も既に何ヶ所かで治療を受けていたようですが、改善の兆しはないまま長引いていたそうです。
結果的にこの腰痛は当院での施術により数回で完治しました。職業柄、腰痛があるとトラックの運転に支障があるため、痛みの出ていない状態に戻れた安堵感でホッとしていたようです。
その後、本人から「実は耳鳴りにも長年悩まされている」という話を聞かされました。当院は耳鳴りやめまいの症例が多いので、10回を一サイクルとして治療してみることを勧めました。本人は迷わず治療したいという前向きな姿勢でした。

施術法としては、ビワ温灸と鍼治療を併用しての施術となりました。
施術開始から5回目で約6割、7回目で7割、10回目で約9割近く耳鳴りを感じなくなりました。
現在は就寝時に耳に意識を集中すると若干耳鳴りを感じる程度で、耳鳴りのために不快な思いをしたり、耳鳴りを感じて眠れないということはほとんどないとおっしゃっています。
耳鳴りや目まいは東洋医学の得意とするところかもしれません。

今回行った実際の取穴ですが、ここからはビワ温灸と鍼による治療法を紹介します。
まずは体全体の調整が必要で、気の調整を陽明胃経の下肢の硬結部で取り、血の巡りを整えるための活血と瘀血(おけつ)処理を〆玄楝瑤鉢∈乎翩で取り、水分代謝の調整を5門、た孅繊↓ヂ臘珂繊↓次髎(じりょう)箕門(きもん)、╋睫腓納茲蠅泙靴拭ここで気、血、水を整えておきます。

ここからは耳鳴りの施術に入りますが、順番に行きますと、患側の漏谷(ろうこく)四瀆(しとく)に取穴します。
患側の胸鎖乳突筋周辺に圧痛があり、患側の輒筋(ちょうきん)に取穴します。
患側の腎の火穴に圧痛があり、腎の金穴、水穴に取穴します。
患側の盲兪に圧痛があり盲兪に取穴します。
患側の耳門、聴宮、聴会に圧痛があれば、その経絡の火穴に取穴します。
患側の頚椎3番外1横指の圧痛を、胸椎7番1横指外と腰椎2番1横指外で取ります。
首から上の疾患なので、患側の或斑譴房莊蠅掘⊆鳴りは頚椎6番も関係しているので、ここも取穴します。
最後に、患側の耳周辺の阿是穴に取穴します。

以上のやり方で、ほぼ耳鳴りがなくなりました。
メニエル氏病もこのやり方に準じて施術することで良い結果が出ていますので、参考にしてみてください。

◎若葉接骨院(ご紹介はこちら
茨城県土浦市烏山4−1935−11
TEL:029−842−1582

◎「若葉接骨院」に関する体験談

『ビワと健康』  2023年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 十年以上前からの耳鳴りにビワ温灸が効果あり
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。