若葉接骨院

茨城県土浦市鳥山4−1935−11 TEL:029−842−1582

接骨院を開業し、日々患者さんの治療に取り組みつつ大学院で学び、さらに鍼灸の資格を取得し、カイロプラクティックも習得。

一方、専門学校で講師を務め、独自にセミナーも行なうなど、治療のスペシャリストとして研鑽に余年のない伊藤清明院長。宣言せずとも遠方から多くの患者さんが訪れるのも頷ける。

施療にはビワ温灸が大いに活用されている。話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    病気になった身内が病院の薬でなかなか治らなかったとき、漢方薬や東洋医学の治療を通じて治癒した姿を目の当たりにして、やりがいのある仕事だなと感じたことがきっかけです。

  • 開業してどれくらいですか?
    8年目です。以前はテナントでやっていましたが、3年前に現在の場所に治療院を建てました。その際、名称も変更しました。

  • 若葉接骨院とした理由は?
    副業で東洋の気学・占いをしています。社名鑑定により100点満点の名称を付けました。若の字のくさかんむりは真ん中が空き、葉の字のくさかんむりは繋がっています。

  • 施療の特徴は?
    外科、内科を含め全体的にやっています。検査は、西洋医学の整形外科的テスト法や東洋医学のテスト法や考え方、ビワ療法の考え方、カイロプラクティックの考え方等を用いてここの症状に適した治療を行なっています。保険適用の範囲にプラスして他の療法を組み合わせますが、患者さんの負担軽減に努めています。

  • 幅広い施療ですが、導入の経緯は?
    大学院でスポーツ整形外科学を学びながらの開業でしたが、西洋医学的な方法では取れない痛みもあって、ビワ温灸、鍼灸、カイロプラクティックの順に習得し、施療に併用していきました。

  • カイロプラクティックの流派は?
    ディバーシファイドテクニックという米国のオーソドックスな流派で、安全かつ有効な手法です。ボキボキしません。

  • ビワ療法が得意な症状は?
    まずは座骨神経痛です。揉んでも引っ張っても取れない痛みが取れました。針が苦手とする喘息にも抜群の効果で、呼吸器系の疾患全般に有効です。先日はパニック障害の改善例も紹介させて頂きました。但し、うちでは糖尿病や感覚の障害・麻痺のある方には火傷の恐れもあるので用いません。ビワ温灸は温熱療法です。いずれの症状でもビワ温灸を行なうか否かは”入浴後、体が楽かどうか”を判断基準にしています。

  • 往診もしますか?
    20km圏内が目安です。寝たきりの方など、ご相談ください。

  • 患者さんへのアドバイスや指導は?
    症状を悪化させる姿勢の改善法や整形・運動・リハビリ・解剖学等に基づいた体操やストレッチの仕方を専門的な立場で紹介しています。開業している治療家を対象にセミナーを開いていますが、なかにはそこに参加される患者さんもおられます。

  • 信条を一言。
    知識や技術の向上は大切ですが、治療は経験が重要です。8年ではまだまだです。日々努力、継続は力なり、それが信条です。

◎「若葉接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2007年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 若葉接骨院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入