腰椎、鼡径ヘルニアが改善

茨城県土浦市 若葉接骨院 伊藤清明 院長

埼玉県羽生市から来院された男性(70代後半)は重度の坐骨神経痛と鼡径ヘルニアを患っていました。
主たる症状として左鼡径ヘルニア、左臀部痛、左腰部痛、左膝痛、左下肢部の外側部痛などがあり、広範囲に渡る痛みと痺れを訴えられましたが、当院に来られる前、整形外科に於いてレントゲン、MRI、磁気共鳴画像診断装置等による精査が済んでいて、腰椎ヘルニア、鼡径ヘルニアと確定診断されました。
既往歴としては、10年以上前に呼吸器を患いステロイド剤を服用されていたそうです。
肺にカビか何かが入ったらしいというものの原因は不明で、ステロイド剤に頼る治療を余儀なくされていたのですが不安を感じ、ご自分でビワ温灸器を購入して毎日欠かさず施灸してこられたとのことでした。

その甲斐あって、呼吸器の症状は現在は落ち着いているとのことでした。
当院の治療方針としては、今まで通りご自宅でのビワ温灸をメーンで行って頂き、足らない部分をお灸と鍼の追加治療で補うこととしました。
ご自宅でビワ温灸が継続的に行われていたことで、かなり抵抗力がついておられました。
しかも治療後の疼痛除去反応が非常に高い方でしたので、結果的に数回の治療で前述の神経痛の症状は殆ど改善されました。
かつては痛みと痺れで夜一睡も出来ない状態が続いたそうですが、その苦しみから解放され、休んでいたお仕事にも復帰されて以前にも増して精を出しておられます。

初めての来院から8ヶ月。この間、2週間に1回きちんと通われました。
現在不調はありませんが、予防を兼ねて定期的に通っておられます。
もちろん、ご自宅ではビワ温灸を毎日続けておられます。
お腹周りを中心とした基本穴に加え背部は手が届く範囲とのことです。
鼡径ヘルニアと強度の痺れが主訴であったこの男性に対し、当院で重点的に用いたツボを以下に列挙しますので、同じような症状のある方は是非参考にしてみて下さい。

足の「照海」、左の「三焦兪」、「太白」、「経渠(けいきょ)」、左足「侠谿(きょうけい)」、左足「竅陰(きょういん)」、左手の「関衝」、左手「液門」、「兪府」、右の「天宗」、「陰陵泉」、「気戸(きこ)」、左の「風市」、「築賓」、「尺沢」、左の「京門」、左の「大腸兪」、「肩グウ」、左の「上グウ」、左の「次グウ」です。

◎若葉接骨院(ご紹介はこちら
茨城県土浦市烏山4−1935−11
TEL:029−842−1582

◎「若葉接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2011年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腰椎、鼡径ヘルニアが改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入