耳の症状がビワ温灸で改善

茨城県土浦市 若葉接骨院 伊藤清明 院長

40歳後半の男性の症例をご紹介します。
半年前から左右の耳に症状が現れ始めたそうです。最初は声や音がこもれるようになり、そのうち周りの音がすべて二重に聞こえるようになってきたそうです。
近くの耳鼻科で検査をしていましたが、異常なしという診断でした。これといった治療もなく、しばらく経過を追っていたそうですが、やはり症状は変わらなかったそうです。

そこでインターネットで調べたところ、県内に耳の専門の耳鼻科があり、自分と同じような症状の人も来院しているということを知りました。この病院で、東京から週に一度来られている先生に診てもらおうと思い、2ヶ月先の予約日に診察を受けることになりました。

2ヶ月後、その病院ではかなり細やかな問診と数種類の検査を行ったそうです。診断では、耳の中の耳石という部分がむくんでいることが今回の症状の原因であると言われ、数種類の西洋薬と漢方薬が処方されました。
原因もわかり薬も出されたので、これで一安心かと思ったそうですが、2ヵ月間処方された薬を飲んでも症状は一向に変わりませんでした。
その都度、西洋薬の種類が追加されたり、漢方薬も種類が変わったりしましたが、4ヶ月間指示された通りの薬を飲み続けても症状に変化はなかったそうです。
更にストレスも症状の要因になることがあるということで、向精神薬まで追加されました。しかし仕事と私生活を振り返ってもストレスを感じていることなど思い当たりません。この時点ですべての薬を飲むことを中止し、この病院にも行かなくなったそうです。それから当院にいらっしゃいました。
聴力が落ちているわけではなく、耳鳴りもなく、ただ音が二重に響いて聞こえるということで、症状は右耳よりも左耳の方が強く出ているということでした。

当院の施術ですが、まず結論を言いますと、2回の施術でこの耳の症状は約9割以上取れました。実際の施術ですが、この患者様の場合、ビワ温灸と鍼治療を併用して行いました。

施術内容をお話します。
左右の耳鳴りの圧痛点に印をつけました。それと頚椎三番周辺と乳様突起周辺にも耳の疾患の場合には、反応が出やすいので圧痛点を確認し印をつけました。この圧痛点がなくなるように、もしくは減弱するように施術をしていきます。

まずは少陽胆経(しょうようたんけい)の「輒筋(ちょうきん)」で圧痛点の取れる箇所がありますので「輒筋」へ施術しました。
次に厥陰肝経(けついんかんけい)の「章門(しょうもん)」にて圧痛点が取れる箇所があるので「章門」に施術しました。
次に左の腎の火穴「然谷(ねんこく)」に反応がありましたので左腎の金穴「ど溜」と水穴「ケ谷」に施術しました。
次に左右の少陰腎経(しょういんじんけい)の「肓兪(こうゆ)」に圧痛があるため施術しました。

次に左右のЪ門、聴宮、聴会に圧痛がありましたので左右の小腸三焦経(しょうちょうさんしょうけい)の金穴「関衝(かんしょう)」と水穴「液門」、左右の少陽胆経の金穴「足竅陰(あしきょういん)」と水穴「侠谿(きょうけい)」、左右の太陽小腸経(たいようしょうちょうけい)の金穴「少沢」と水穴「前谷(ぜんこく)」に施術をしました。

次に頚椎三番周辺の圧痛が残っていたので、頚椎三番と胸椎七番を用いて頚椎三番の圧痛を取り除きました。
次に首から上の疾患であるため、督脈(とくみゃく)の頚椎四番「或斑譟廚忙椽僂靴泙靴拭
次に耳の疾患の基本穴ある「漏谷(ろうこく)」と「四瀆(しとく)」に施術しました。

最後は阿是穴(あぜけつ)(経絡で決まったツボではなく、指圧で痛みを感じる所、または疾患のある所)に施術して終了です。
耳の影響から起こりうる耳鳴り、聞こえにくい、音が二重に聞こえる、目まい、吐き気などの症状にもビワの葉温灸と鍼治療を併用すると症状の改善がかなり期待できると思います。

今回は、音が二重に聞こえるという症例でしたが、トータル4回の施術でほぼ症状がなくなりました。
耳の疾患ですが耳鼻科で治らない症状には、ビワの葉温灸を試す価値が十分にあると思います。

◎若葉接骨院(ご紹介はこちら
茨城県土浦市烏山4−1935−11
TEL:029−842−1582

◎「若葉接骨院」に関する体験談

『ビワと健康』  2022年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 耳の症状がビワ温灸で改善
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。