帯状疱疹後神経痛に有効

茨城県土浦市 若葉接骨院 伊藤清明 院長

帯状疱疹後神経痛にビワ温灸と鍼治療を併用した施術が非常に有効なので紹介させて頂きます。

そもそも帯状疱疹は、帯状疱疹ヘルペスと呼ばれるウイルスが体内に侵入して発症しますが、特に神経の走行に沿った部位に鋭く、耐え難い痛みが長期間に渡り出続けるのが特徴です。
帯状疱疹は、発症から早い段階で投薬治療を行えば後遺症が残ることは殆どなく完治に至ります。
ところが、発見が遅れて投薬までに時間が経ってしまうと帯状疱疹後神経痛という厄介な後遺症に一生涯つきまとわれることとなり、それゆえに苦しんでいる患者さんは日本全国に相当に数がいると思われます。
神経に突き刺さるような痛みを訴える患者さんに対して病院の一般的な治療は投薬や神経ブロック注射ですが、あまり効かないのが実情です。

そこで当院では、この帯状疱疹後神経痛の後遺症を軽減することを目的にビワ温灸と鍼治療を併用した施術を行っています。
帯状疱疹の原因は明確には分かっていませんが、体の中の免疫力が落ちることが一つの要因とされているため、まずはビワ温灸で体内の免疫力を最大限にアップさせ、ウイルスの侵入や悪い活動の抑制を図ります。
そのうえで鍼治療を適切に施すことで神経痛様の耐え難い痛みを取り除くことが出来るのです。

人により痛みの軽減の度合いは多少異なりますが、1回の施術ではほぼ半減させることが出来、3回の施術で7割以上の痛みを取ることが可能です。
但し、完全に痛みをゼロにするというのは難しいかもしれません。
それでも痛みが7〜8割軽減されれば、苦しむ事なく日常生活を楽しく元気に送ることが出来ます。

3回の施術で7割以上の痛みがとれた

さて、実際の症例を挙げると、最近では60代の女性がこの帯状疱疹後神経痛で来院しました。
この方は20年以上前に帯状疱疹を発症し、ずっと苦しんできました。
いくつもの病院を巡り、色々な治療を受けてきましたが全く改善しなかったことから当院を訪れました。
やはり、この方も3回の施術で7割以上の痛みが取れ、それ以降強い痛みは出ていません。
帯状疱疹の治療は、初回から3回までは期間を詰めて行います。
それは痛みが鋭いことと経過をつぶさに見たいためで、1日、もしくは2日置きで続けて行います。
投薬の時期を逃して悪化させる人が多いのですが、この方も投薬の時期が遅れ、帯状疱疹後神経痛になった一人です。

2年前にも、32歳の女性がやはり帯状疱疹で来院しました。
彼女はブライダル関連のお仕事で人を指導する立場にあり、ストレスもかなりあったようです。
そのうえ仕事は忙しく、容易に休める雰囲気でもなかったため病院には行けなかったそうです。
我慢の限界を超え、発症から3週間ほど経ってから病院に行ったらしいのですが、こうなると後遺症の痛みに一生付きまとわれることになります。
そんな彼女も1回の施術で痛みが半減しました。

圧痛点を中心にビワ温灸を施す

施術は、まず「神ケツ」のツボ(おへそ)を中心にその周りを入念に手技で押圧し、患者さんが「そこ、変な感じ」とか「痛い」とかの反応をチェックし、違和感や鈍痛、鋭い痛みなどの圧痛点を中心に丹念にビワ温灸を施していきます。
圧痛点は1、2カ所だったり、ときには6カ所だったりします。それら全部を対象にビワ温灸を施します。痛みをずっと我慢していると体力も免疫力も下がっていきます。そうなると痛みで食欲がなくなったり、夜も眠れなくなって余計に体力が落ちてしまうので、ビワ温灸を補法として用いるわけです。

次に痛みを止める目的で私は鍼を使います。鍼治療でないと痛みはなかなか取れません。
しかし、単純に痛みのある神経の走行に沿って針を刺すようなことはしません。
最近では自律神経のアンバランスが帯状疱疹の痛みに起因することが分かってきているので、自律神経を調整する治療を行います。
ただ、これを説明するとなると長くなるのでここでは割愛させて頂きます。

前述した腹部の圧痛部位の内臓の治療と、さらに圧痛部を経由する経絡のツボ、特に五行穴の「井穴」に治療ポイントを置くと帯状疱疹の痛みはかなり楽になります。
当院には、口コミなどで遠く他県からも来院されています。帯状疱疹の痛みで苦しんでいらっしゃる方は、ぜひご相談下さい。

◎若葉接骨院(ご紹介はこちら
茨城県土浦市鳥山4−1935−11
TEL:029−842−1582

◎「若葉接骨院」に関する体験談

『ビワと健康』  2016年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 帯状疱疹後神経痛に有効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入