糖尿病にビワ温灸!

茨城県土浦市 若葉整骨院 伊藤清明 院長

30年前に糖尿病と診断されて以来、ずっと病院に通い続けてきた男性(60代)が、ビワ温灸と鍼を併用した当院の治療で劇的とも言える効果が得られているのでご紹介します。

この男性が訪ねてみえたのは半年前です。
30年間通った病院では3ヶ月に1回、尿検査と血液検査を欠かさず行なってきたそうです。

また、生活面では管理栄養士の指導に基づいた食事のカロリー制限と有酸素性の運動を実践し、そのうえで血糖値を下げる薬も飲んできたといいます。

しかし、そんな努力の甲斐も虚しく、空腹時におけるヘモグロビンA1cの平均値は7・0前後、血糖値は140前後で固定化し、それ以上は下がらない状態が続いていたのです。
そんな状況下にあって、当院で治療を始めたところ急激な変化が現れました。

3ヵ月後の病院の検査でいきなりヘモグロビンA1cの値が6・4に下がり、空腹時の血糖値も110まで下がって担当医師を驚かせたのです。
さらに3ヶ月、つまり当院で治療を始めて半年が経った時点での検査でも前回同様、正常値の結果が得られ、次回(3ヶ月後)の検査結果次第では、これまで飲み続けてきた服用薬を止めていく方向で考えていることが示されたのでした。
医師の側から「なぜこんなに数値が下がったの?何かやったの?」と尋ねられ、「実はビワ温灸と鍼治療をやっているんです」と答えると、「それは良いかもしれませんね。ぜひ続けて下さい」と当院での治療の継続を奨励してくれたとのことでした。

もちろん、ご本人が最も驚いたのは言うまでもありません。治療の効果が具体的な数値として短期間で現れたことで、週2回の施術は必ず受けるとともに、生活面の取り組みにも身を入れて行なうようになったのです。
30年前から受けている管理栄養士の指導は「ご飯の量を減らし、30分以上歩きなさい」というようなアバウトなもので、いつしか『どうせ、お茶碗一杯半食べてもそんなに数値に変化はないんだから・・・』と甘くなっていたのでした。

私の指導は、例えば食事の際の食べる順番など、細かいところまでお伝えする内容です。
検査結果が数字で見えることが励みとなり、これまではどうしても『まあ、いいや』と曖昧にしていたところが改められ、食事も運動も丁寧にやれるようになったことも結果に繋がっているように思われます。
治療は、初めにビワ温灸を行なってから鍼治療を施しました。
ビワ温灸の取穴はお腹と背中が中心で、施術時間はそれぞれ10分程度です。

お腹はおへそ「神ケツ」の周りをまんべんなく、背中は背部ユ穴、すなわち「膈ユ」「肺ユ」「脾ユ」「腎ユ」等としました。
同時に鍼治療は、「関門」「太白」「陰陵泉」「少海」「ユ府」「尺沢」「経キョ」「脾ユ」「魄戸」を用いました。
今後、薬の服用が必要でなくなればご本人としても負担が減り、相当楽になると思われます。
期待を込め経過を追っていこうと考えています。

◎若葉整骨院(ご紹介はこちら
茨城県土浦市鳥山4−1935−11
TEL:029−842−1582

◎「若葉接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 糖尿病にビワ温灸!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入