交通事故の重度後遺症が改善

茨城県土浦市 若葉接骨院 伊藤清明 院長

半年前に交通事故に遭ったという40代の男性会社員が、紹介で当院を訪れました。

この男性は、当院に来るまでの半年間、二つの整形外科にかかって治療をしてきたそうです。しかし、完治に至らないばかりか医師からは「これ以上は治る見込みがないのでペインクリニックを受診した方が良いのではないか」と言われたとのことでした。
整形外科での診断は、むちうち症でしたが、レントゲンと脳のCT検査では異常が認められなかったといいます。
結局、治療に決め手がないままお決まりの電気治療が続けられ、痛みが強く出れば鎮痛剤が処方され、もっと痛みが激しいときは注射が打たれる、といった内容だったそうです。

本人は、「僕の痛みはあくまでも事故による物理的な原因によるもので、精神とか神経の問題じゃない。ペインクリニックに行けば精神安定剤とか、どんな注射を打たれるかも分からない。整形外科の医師は何も分かっちゃいないんです」と整形外科の医師に対する不信感も強く、到底受け入れられるものではなかった様子でした。
症状としては、頸部と後頭部を中心に激しい傷みが1日10回前後、突然現れるそうで、ひどいときは強い鎮痛剤も全く効かず、仕事を休んで痛みに耐えながら自宅で寝ているしかない状態だったといいます。
突然襲われる突き刺すような痛みは頸部から始まって後頭部へと拡がり、さらにひどくなると耳の周りまで拡大するのです。

時間にして3分〜5分ほど痛むようですが、激痛が続くと気持ちが悪くなり、仕事どころではなくなってしまうのです。
私が診たところ、頸部から後頭部を中心に硬結が見られ、指で押すとその圧迫に敏感な反応が認められました。相当に痛んでいる感じがあり、無闇に動かすことは避けるべき状況だったため鍼とビワ温灸による治療を選択しました。

気血水の流れを調整

治療のポイントは、鍼とビワ温灸を用いて、まずは気・血・水の流れを根本的に整えました。

特に頸部から頭部にかけての気と血の流れを良くする治療を試みました。
ただし、患部への直接的な治療は一切行いませんでした。
私が実際に用いた治療点を列挙すると「気海」「関元」「上カン」「中カン」「下カン」「曲池」「手の三里」「三陰交」「陰陵泉」「曲沢」「間使」「内関」「脾愈」「心愈」等です。

「心愈」は胸椎の5番で、頸部の疾患の場合は必ず用います。
また、「脾愈」は胸椎の11番で脊柱全部を整える大切なツボです。
これらのポイントを鍼とビワ温灸で治療していくわけですが、鍼は深く刺しません。
浅く刺して抜き、その後ビワ温灸で鍼の効果を高めていく方法で、我々の世界でいう”鍼先灸後”に則った治療を進めました。

この方は現在、週1回の間隔で14回ほど通われていますが、実質的には2回目の治療ではほぼ改善してしまいました。
2回目の治療が終わった時点で激しい頭痛は出なくなり、同時に頸部の痛みは違和感へと変わって、我慢できる状態にまで落ち着いたのです。
半年間、本当に苦しんできただけに本人はビックリされていました。
当初、「この症状と一生つき合って行かなければならないと思うとやりきれません」と悲痛な面持ちで嘆いていた彼が、今ではまるで別人のように表情も明るく、普通に仕事に励んでおられます。
「もし、あの痛みが出てきたら怖いのでお願いします」と言われ、3回目以降は良い状態をキープする目的で通われています。

私は今回のような事故に起因する頭痛改善には自負するところがありますが、それには大前提として症状の見極めと適切な治療が肝心であると考えます。

◎若葉接骨院(ご紹介はこちら
茨城県土浦市鳥山4−1935−11
TEL:029−842−1582

◎「若葉接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 交通事故の重度後遺症が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入