交通事故が原因の頭痛が改善

茨城県土浦市 若葉接骨院 伊藤清明 院長

交通事故が原因の頭痛で苦しんできた女性(20代後半)が、ビワ温灸を併用した治療で短期改善した症例を紹介します。

彼女は半年前、停車中に後続車に追突されました。
事故に遭うまでは至って健康的だったにも拘らず、一変してしまいました。
両肩の張り、頸部の痛み、そして耐え難い頭痛に悩まされるようになってしまったのです。
大学病院と近所の整形外科で治療を受けたものの半年経っても効果は得られなかったといいます。
コンピュータ操作の仕事をしていましたが、毎日夕方近くになると前述の症状の中で、特に頭痛が著しく現れました。
本人が訴える頭痛の状態を具体的に挙げると、眼の奥の鈍痛、両耳の穴の奥の深い部分の鈍痛、後頭部の奥の鈍痛というもので、いずれも頭の中心付近に常に鈍い痛みがあり、さらにひどいときは差し込むような痛みに襲われるとのことでした。

大学病院では頭部と頸部、および胃のCTとMRIを、整形外科では頸部のレントゲンを撮ったのですが、ともに『異常なし』という結果だったそうです。
治療内容は、大学病院では服用の鎮痛剤が、整形外科では頸部への湿布薬と漢方薬『川キュウ茶調散』(せんきゅうちゃちょうさん)が処方されました。
しかし、本人曰く「効いている感じが全くしない」状態で、半年経っても一向に改善がみられず、あまりに辛くて退職せざるを得なくなったのでした。

一週間で頭痛が軽減

仕事を辞めた彼女は、治療に専念するため当院を受診しました。
両肩がパンパンに腫れていて、頭の中心部に痛みがあるため暗い表情をしていましたが、問診で脚部に冷えがあることが判明しました。
また、症状の核心を掴むヒントとして、入浴後に頭痛が楽になることやウォーキング後も同様に頭痛が治まるという話が聞けました。
東洋医学でいうところの”血流の変化”に当たりをつけ、当院の治療としては体全体の血液の循環、加えて頸部から頭部にかけての血液の循環を図るべく、まずはおへそを中心にビワ温灸を、また脚の陽明胃経と呼ばれる経絡に鍼治療とビワ温灸を併用しました。
脚の陽明胃経には、指で押すと、とりわけ硬い部位が左右それぞれ3〜4ヶ所あったため、その硬い部位をターゲットに治療を進めました。
もう一つは頭部の血流を促すため「三陰交」「陰陵泉」「内関」「労宮」のツボを各左右、加えて「厥陰ユ」「心ユ」「脾ユ」「次リョウ」に鍼治療とビワ温灸を併用しました。

治療は1日置きに行ないましたが、1週間後には頭痛は半分以下に軽減しました。
当院に通い始めて1ヶ月ほどで治療頻度も週2回で大丈夫となりました。
何よりも本人が改善を実感し、日常生活に支障のないレベルにまで回復したことで職探しを始めるに至りました。
ちなみに取穴ポイントに陽明胃経を狙ったのは、この女性の場合、気虚と気滞が診て取れたからです。
頭部の中心の痛みが『今日は両耳の奥。昨日は後頭部の奥だった。一昨日は目の奥だった』というように日によって変化するというのは、血の流れとともに気の巡りも良くないことが現れています。

気と血はいわば親戚同士、切っても切れない仲です。気を流せば血も流れ、その逆もまたしかり。気と血の治療を一緒に行なう必要性があったということです。
補足ですが、彼女は冷たいものが好物だったので極力控えることを指示し、あわせて靴下を2枚履くことやウォーキングを毎日行なうことを勧めました。
ビワ温灸を施すと、人によって当てた箇所の周辺に血管拡張反応として皮膚が如実に赤くなる場合とそうでない場合があります。
この女性は色白で反応が強く見られ、私の臨床経験からもビワ温灸が奏効する予感がありました。
働ける自信がつき職探しを始めた彼女は、「もっと早くここに来ていれば良かった」と話していました。

◎若葉接骨院(ご紹介はこちら
茨城県土浦市鳥山4−1935−11
TEL:029−842−1582

◎「若葉接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 交通事故が原因の頭痛が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入