肺の腫瘍らしきものが消滅

茨城県土浦市 若葉接骨院 伊藤清明 院長

ビワ温灸の施術で肺の腫瘍が消滅した女性(70代)の症例をご紹介します。

この方が肺に腫瘍が出来ているのを知るきっかけとなったのは、市の健康診断でした。
検査項目の一つに肺のレントゲン検査があり、後日、『右肺に腫瘍らしきものが映っているので精密検査を要する』という内容の検査報告が封書で送られてきたのです。

何ら自覚症状のなかった彼女にしてみるとまさに青天の霹靂。
とても心配になり慌てて大学病院に予約を入れたそうです。

精密検査でCTを撮ったところ、やはり右肺の画像には腫瘍らしき影が二つ映っていたのでした。
その時点では良性か悪性か判断がつかなかったため1ヵ月ごとにエックス線写真を撮って経過観察することが決まったといいます。
4ヶ月間、毎月レントゲンを撮りながら様子を見ていましたが、一向に腫瘍らしきものに変化が見られず担当医から「気管支カメラをやってみましょう」と勧められました。
しかし、彼女はこれには応じませんでした。
気管支カメラの検査自体が非常に辛いという噂を聞いていて、「絶対にやりたくない」と検査を拒み、インターネットなどを通じて様々な治療法を調べた結果、有効とされるビワ温灸にたどり着き、そうした経緯から当院に連絡をされたとのことでした。

あとで彼女が言うには、当院でビワ温灸の施術をスタートした時点で、大学病院の検査は怖いのでこれ以上は通わないと決めていたそうです。
当院では、週3回のペースでビワ温灸を施しました。
施術を欠かさず続けてから約6ヵ月が経ったころでした。
腫瘍が見つかった前回の健康診断からちょうど1年が経過し、彼女のもとに再び市から健康診断を求めるハガキが届きました。
恐る恐るではあるけれど、彼女は健康診断を受けてみることにしました。
当然、肺のレントゲンも撮ったわけですが、驚いたことに腫瘍らしきものは完全に消滅していたのです。
因みに彼女は当院に通いつつ、ご自宅ではビワの生葉を右肺の患部に当てて、その上から温めたコンニャクをのせる温湿布を毎日行っていたそうです。
私が知らないところで彼女自身も自助努力していたことが奏功したのでしょう。「そうでしたか」と感心しつつ、改めて『ビワの葉恐るべし』と思わされました。

さて、施術内容ですが、まずおへそのツボ「神ケツ」を中心に、腹部には20分かけて丁寧にビワ温灸を施しました。
基本的にはあまり腹部に当てることはしませんが、この方は内科に関わる症状であるし、小腸が免疫機能や抵抗力を高めるという観点から重要な部位として選択しました。
続いて「中府」「雲門」「孔最」に15分。
さらに、うつ伏せの姿勢で「大椎「肺ユ」「ケツ陰ユ」「心ユ」に15分。
各経穴を繰り返し多壮し、1回の施術にトータルで50分を費やしました。
毎回、この施術を入念に行いました。反応は良く、「気持ちがいいです。心が落ち着き、効いている気がします」と喜ばれました。
彼女は「またレントゲンに映ると怖いから・・・」と週3回コンスタントに通われ、施術を切らさなかったことが良い結果に繋がったように感じます。
喘息でも非常に改善例の多いビワ温灸は、やはり呼吸器系の症状には強さを発揮すると実感しました。
今回の症例もそうですが、当院では腫瘍で悩んでおられる方々も来院されていますので、ご心配な方はどうぞ遠慮なくご連絡下さい。

◎若葉接骨院(ご紹介はこちら
茨城県土浦市鳥山4−1935−11
TEL:029−842−1582

◎「若葉接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2016年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺の腫瘍らしきものが消滅
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入