ビワ温灸でばね指が改善

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生雅子 代表

ばね指(弾発指)は指の曲げ伸ばしの際の動きが悪かったり痛んだりする疾患で、悪化すると指が曲がらなくなったり、曲げた指をもう片方の手で伸ばさなければ伸びなくなったりします。
更年期や妊娠・出産後の女性に多く、指をよく使う人がなりやすいのですが、整形外科などに行っても「治らない」と言われたり、リハビリでボールを握ったり離したりというのを指導されたりするだけということが多いようです。
そのため「ばね指だからしかたない」と諦めている方が結構いらっしゃるのですが、最近、ビワ温灸でばね指が改善した事例があリましたので、ご紹介します。

その方は42歳の女性で、彫金でアクセサリーを作っている人です。初めて来たのは去年の10月ぐらいです。冷えでよく膀胱炎になったり、子宮筋腫の小さいのがあると言われたりしたので来られました。
彼女がビワの効果を実感したのは初めての施術のときでした。
彼女は汗をかきにくい体質なのですが、施術の後、駅まで歩いて行く間に汗だくになったそうです。10月とはいってもかなり冷えてきた頃だったので「ビワはすごいな」と思い、それから熱心に通うようになりました。

初めは冷えを取ることに集中していたのですが、1ヶ月ほど経った頃、「実は親指がばね指なんですが、これ、治りますか?」と言われました。
話を聞くと、やはり原因は彫金の仕事で親指をよく使うこと。以前、整体で診てもらったときに「親指の下の付け根のあたりの骨が出っ張っている」と言われ、改善しなかったそうです。
「親指が痛くてペンが持ちにくいので字が書きづらいし、包丁を握ったり、手に力をいれるようなことができなくて」とおっしゃっていました。日常生活で親指を使うことは多いのでとても困っているということでした。

施術は、手のひらの親指付け根のふくらんでいる部分が炎症を起こしていて、そこも痛いとおっしゃるので、まずその部分をはさむようにしてビワ温灸を当てました。それから指を挟み込んだり、合谷とその手のひら側を挟み込んだりするようにして当てていきました。
そして彼女は彫金をやっているために肩もひどく凝っていました。肩甲骨周りや二の腕の上の方を触って、「この辺はどうですか?」と聞くと、「その辺りも全部痛い」と言いました。その辺りを押さえると親指が楽になるというので、「ああ、こちらから来ているんだな」と思いました。
そこで肩先から肘まで、腕の両側を挟み込むような感じでずっとビワ温灸を当てました。さらに手の三里とか、その先もずっと挟み込むようにして流していきました。
二の腕の裏側とか肩甲骨周りなども全部ほぐれるようにやっていくと、「すごく気持ちがいい」とおっしゃって、指の動き方も少し和らいだような感じだったので、これはいいんだなと思いました。

施術後はビワエキスをお分けして、家では夜寝るとき、エキスをコットンに浸して湿布のようにして親指に巻いてもらうようにしました。それで痛みがかなり良くなったようです。これがビワ温灸との相乗効果で良かったのだと思います。
指の調子がいい感じになったこともあり、12月には毎週来て腕周りを挟み込むような形でビワ温灸を当てていきました。そして1月になって来られたときには、普通に親指が曲がるようになっていたのす。1週間に1回のペースで、6回ぐらい施術をしたところでした。

それまで彼女は彫金の仕事を休んでいたのですが、また仕事ができるようになったとものすごく喜んでいます。
私自身も、こうやって肩甲骨からほぐして、腕を挟み込んで熱を入れていくとばね指が改善することがわかり、改めて「やっぱりビワってすごいな」と思いました。

◎びわの葉庵 (ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2022年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワ温灸でばね指が改善
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。