ビワ温灸は「元気のお灸」

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生雅子 代表

私が訪問で施術をさせていただいている100歳過ぎの女性が、ビワ温灸で腰の調子がよくなり、毎年繰り返していた入院をしなくてすむようになったという事例を紹介したいと思います。

この方は今年8月で102歳になるのですが、もともとは大変健康な方で、80代まで現役で仕事を続け、シニアのボーリングでは大関だったそうです。今でも頭は大変クリアで、体力もあります。ヘルパーさんは通っていますが、ご自宅で一人暮らしをされています。お料理もしゃぶしゃぶなど簡単なものですが、ご自分でしています。

ただ、現在では慢性の呼吸不全、慢性の心不全、慢性の閉塞性肺疾患、変形性膝関節症、腰椎症、第五腰椎圧迫骨折があり、酸素吸入をつけています。
腰や膝が痛いので階段を下りることができなくなり、デイケアにも通えず、痛み止めの薬を飲んでいるような状態でした。
年に5〜6回入院しており、呼吸器系が原因の場合もありましたが、主な原因は腰痛や膝の痛みによる転倒でした。

そして平成28年、転倒による圧迫骨折で入院したのですが、じっとして湿布をするだけだし、症状もよくならないので、早く家に帰りたいと言うようになりました。
たまたま彼女のケアマネジャーさんが私の友人で、彼女にビワ温灸を勧めたのです。「ぜひ」とおっしゃたので、お宅に伺ったのが始まりで、それ以来、毎週訪問しています。

腰の痛みがなくなった

初めて伺った時はまだ98歳だったと思いますが、あまり長い時間施術して負担になってはいけないと思い、お尻から背中のツボを一通りやって、あとは足のツボを中心に下半身をやりました。その後も同じような内容で、気になるときは肝臓とかにも当てますけど、そのような感じで続けてきました。
平成28年の秋から始めて、29年の1月には「膝腰の痛みが楽になった」、4月には「腰の痛みがまったくなくなった、ビワ療法のおかげだと思っている」とおっしゃってくださいました。

平成30年の12月に転んで歩けなくなったために入院されましたが、それ以降は一度も入院していません。
ビワ療法を始める前は年に何度も入院して、いつもお正月は病院で迎えるという感じだったのに、1年以上入院せず、今年はご自宅で正月を迎えることができたのです。
最初は足の運びも悪くてすり足だったのですが、今では足が上がるようになりました。本当に元気になられて、訪問看護の看護師さんやケアマネージャーさんも、やっぱりビワが効いているんじゃないかと言っています。
呼吸器のほうはまだ大変なのですが、腰はまったく問題ないようです。ビワ温灸のことを「元気のお灸」と呼び、「元気のお灸をするから元気になるんだ」とおっしゃって、私が訪問するのを楽しみにしてくれています。

◎びわの葉庵 (ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2020年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワ温灸は「元気のお灸」
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。