卵巣嚢腫が短期退縮!

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生雅子 代表

卵巣嚢腫の女性(31)が当サロンに来られたのは昨年5月のことでした。

お勤めされ、好きな絵を描くなど穏やかに生活されていましたが、その時点で嚢腫は9センチほどになっており、病院では「すぐに手術した方がいい」と言われていました。

ただ、最初にピルの服用を勧められ、飲み始めて3日目に全身が痺れてしまって漢方薬に切り替えたり、その後も処方された薬の影響からか膀胱炎が長引いて1ヵ月間薬を飲み続けた結果、40℃以上の発熱、発疹が出て、呼吸も困難な状態に陥り、薬物アレルギーと告げられたのでした。

以来、彼女は西洋医学の治療が信じられなくなり、自然療法で著名な東城百合子先生の本を参考に芋パスタやコンニャク湿布などを試したりしていましたが、それでもなかなか効果が得られず、特に東城先生が推奨しているビワ温灸を受けてみたいと考えて当サロンを訪ねてみえました。

なるべく自然に治したいと願望していた彼女のお腹は、嚢腫によりポッコリと膨らんで、妊娠初期のような状態でした。
結果からいうとビワ温灸をコツコツ続け、約1年掛かりましたが嚢腫は殆ど無くなってしまいました。
途中、半分ほどの大きさになってから足踏みしましたが、本当に小さくなるときは一気にしぼんだ感覚で、今年5月、「無くなっちゃったんですよ」という彼女の言葉通り、施術開始当時のポッコリ感は消え、シコリは触れないくらい改善していました。
改善に至る経緯をお伝えすると、当初、彼女の体は非常に冷えていました。基礎体温は35℃台で、とりわけ下半身の冷えが気になりました。

婦人科系には冷えの影響が大きい

婦人科系の病気の方は、共通して冷えの影響が大きいといえます。
彼女は前向きな人で、当サロンに来られる前から自分でビワの葉茶を作って飲むなどして、「私にはビワが合うと思います」と話されたのは印象的でした。
実際、私は施術前にO‐リングテストを用いて症状との相性を見させて頂いていますが、彼女には確かにビワが合っていました。
施術は、遠赤外線のビワ温灸器で全身を温めてから古式の棒灸で子宮や肝臓、腎臓のツボを刺激する方法で、週1回のペースで行うことにしました。
いざ施術を始めてみると本当に体が冷えていて、施術時間内では足が温まりきらなかったため、自宅でもビワの葉を用いるコンニャク湿布で子宮、肝臓、腎臓を温めて頂きました。
因みに子宮のポイントとして股関節の部分を温めることもお伝えしました。
仕事中には腹巻の間にビワの生葉を挟んでおく方法も実践して頂きました。
彼女に限らず、この方法は効果的です。例えば肺ガンで呼吸が苦しくて眠れない方もパジャマの上からビワの葉を当てておくと、その波動で楽になるのです。

5月に来られて8月には嚢腫が4〜5センチに退縮していました。
それから暫く嚢腫の大きさに変化は見られませんでしたが、12月、彼女は無理が祟ってかヘルペスを発症してしまいました。
痒くて痛い発疹は、腹部の肝臓周辺、背中に出ていました。
彼女は自分から「断食しようかな」と言い出し、私も「小食にするといいですよ」と食事改善の後押しをしました。
彼女は青汁で自らの難病を克服したことで知られている森美智代さんに会いに行ったりしていました。
彼女が実践したのは完全な断食ではなく、玄米クリームを一日一食。あとは飲み物という方法で、1ヵ月ほど続けたと思います。
ヘルペスは早いうちに温熱で刺激すると収まり易い傾向があります。
加えて、小食療法を取り入れたことも良かったのでしょう。

年が明けて今年2月、大きな変化が見られました。
生理が止まらず3週間ほど続いたのです。まるで体の中の要らないものが出たような感じでした。
そのあとからです。お腹が柔らかくなってきて、一定の大きさで止まっていた嚢腫が急激に小さくなり始め、同時に施術の最後まで温まり切れなかった足の冷えが徐々に取れてきて、基礎体温が36℃台に定着していったのです。
5月の時点では、もはや腹部の嚢腫、シコリは触ることが出来なくなっていました。
ビワ温灸で卵巣嚢腫は自然消滅する。それをつぶさに感じる症例でした。
ビワ温灸好きの彼女は、症状が改善した現在も週1、もしくは2週に1回の割合で通っておられます。

◎びわの葉庵(ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2017年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 卵巣嚢腫が短期退縮!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入