甲状腺ガンの手術が不要に

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生雅子 代表

今年の3月、甲状腺ガンで手術を勧められているが、手術をせずに治したいという63歳の男性が訪ねてこられました。

この男性は既に2年ほど前、甲状腺ガンで右の甲状腺とリンパを摘出していました。ところが今度は左側の甲状腺にガンが見つかり、場所が微妙なので手術をしたほうがいいと言われたそうです。

しかし、甲状腺をすべて摘出してしまうと、その後は生涯甲状腺ホルモンを服用し続けなければなりません。医師には少し様子をみたいと伝えて手術以外で治す方法を探し、ビワ温灸がいいと勧められて来院されたのです。
ほかにも高血圧などいろいろあったのですが、まず免疫力を上げるということで、週1回の施術のほか、ご自宅でも毎日ビワの葉と温コンニャクで肝臓や腎臓、お腹を温めてもらうようにしました。
当院での施術は、下半身が冷えていらっしゃる感じだったので、おしりとお腹を中心に温めました。それからリンパ系、背中も大切なので重点的に当て、甲状腺の場所や肝臓、腎臓、脾臓のツボと実際にそれがある場所などにも当てました。

そして、本来なら毎日施術するのが望ましいけれども難しいということだったので、自宅ではビワの葉と温コンニャクで温湿布をしてもらうことにしました。免疫をあげるために肝臓の腎臓、それからお腹と甲状腺のところにも当ててもらいました。
それから、脾臓と甲状腺は関わりが深いので、そこにも当ててもらいました。特に脾臓は刺激を与えると活性化するので、温めた後に保冷剤などを当ててビックリさせるととても効果があります。

この内容をしっかりやると30分ぐらいかかるのですが、自分でコンニャクを土鍋で湯がき、きちんと毎日続けられたそうです。
さらに夜寝るとき、甲状腺の場所にビワエキスの冷湿布をしてもらいました。数年前、やはり甲状腺ガンで来られた女性が、甲状腺がすごく腫れて飲み込みが悪くなったというので、ビワエキスの冷湿布を貼ってもらったら3週間から1ヵ月で腫れが取れました。それで、この方にも最初にやってもらったのです。

努力の甲斐あって手術が不要に

コットンかガーゼをビワのエキスに浸して、それを甲状腺のところ、のど仏の左のちょっと下あたりに当ててもらいます。エキスが乾くとはずしてもらって大丈夫です。
ビワのエキスの湿布は本当に効果があります。腫れが取れるだけでなく、痛みにもよく効きますね。膝が腫れて痛いときなども、ビワのエキスですぐよくなります。
先日も骨にガンが転移したという人のところに行ったのですが、ビワのエキスを浸けてお腹に貼ってあげたのですが、それですごく楽になったと喜ばれました。ビワのエキスは本当にすごいと思います。

この男性も最初来たときは飲み込むときに違和感があるとおっしゃっていたのですが、2〜3週間ビワエキスの湿布を続けるとすっかりなくなりました。
そのようにして半年ほどビワ温灸の施術と自宅での温湿布を続けていたのですが、9月に検査を受けた時、腫瘍マーカーの値が下がって手術の必要はないと言われたそうです。3ヵ月に一度の検査も経過観察ということで6ヵ月に一度でよくなりました。
大変真面目な方で、私が言ったことはその通りに実践し、今でも飲みに行く日以外はビワの葉と温コンニャクの温湿布を続けているそうです。そういう面がいい結果につながったのだと思います。

ガンがよくなったばかりでなく、血圧が下がり、肩こりも改善するなどすっかり元気になりました。膝の痛みもなくなって、山登りもするようになったそうです。お酒も以前より飲めるようになったとおっしゃっています。
ガンをきっかけに早期退職されていたのですが、今では仕事に復帰しようかとおっしゃるほどで、本当に喜んでいらっしゃいます。

◎ビワの葉庵(ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2019年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 甲状腺ガンの手術が不要に
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。