胸腺ガンの進行が止まる

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生雅子 代表

胸腺ガンの疑いで大学病院での検診を受けるようになった男性が、ビワ温灸での施術の結果、3年間の経過観察でまったく変化が起こらず、主治医が不思議がっているという事例がありました。

この男性が来られたのは2017年の3月でした。当時、44歳だったのですが、会社の健康診断でレントゲンを撮ったところ、前年よりも肺と肺の間が狭まっており、胸腺ガンの疑いがあるということで大学病院で再検査をすることになったのです。

胸腺ガンはスピードが速く、どんどん大きくなるのですが、その時点では手術をするにしてももう少しはっきりしなければということで、1ヵ月に一度の検診で経過観察をすることになりました。

それで、何かガンに効くものはないかといろいろ調べビワに行き着いたそうです。当時、娘さんはまだ2歳。奥さんから「病気になって何かいいことがあるの?」とハッパを掛けられたそうで、とても前向きに取り組んでいます。
最初の1年間は毎週来てビワ温灸をされました。飲み込みにくいとか、胸の辺りが息苦しいという症状もあったので、ビワエキスの湿布もしていただきました。

最初は冷えもひどく、なかなか熱が入りにくいという状態でした。そういう場合、お尻のあたりに集中してやります。お尻の一番下の所から腎兪のあたりまでを何回もやると体温が上がります。この方も割と早くに体温が上がってきたとおっしゃっていました。
大変真面目な方なので食事も非常に気を使い、自分で発芽させた発芽玄米に切り替えて会社の弁当もそれを持って行ったりとか、好きな甘いものをやめたりとか、お肉を控えたりと徹底しています。
その年の暮れには、ビワがどのように体にいいのか知りたいということで一日講習会を受講され、ビワ温灸器も購入されました。
今では朝、ビワ温灸器のスイッチを入れるのが習慣になって、5分か10分でもビワ温灸をしてから出社されているそうです。

そうやって前向きに取り組んだ結果、大学病院での検診も最初の1年は1ヶ月ごとにしていたのですが、まったく変化がないので3ヶ月に1回になり、今年になると6ヶ月に一度でよくなりました。
主治医はガンがどんどん大きくなると思っていたので「おかしいな、おかしいな」と首をかしげていたのですが、ついに先日の検診のときには「もともとこのサイズだったんじゃないか」とまで言ったそうです。
でも、会社の健康診断で前年度のレントゲン写真とは全然違うということで大学病院で再検査することになったわけですし、当初は息苦しいなどの症状もあったので、明らかに元々のサイズより大きくなっていたのです。
胸腺ガンは悪性ということで、すっかり落ち込んだこともありましたし、検診を受けるのが恐いともおっしゃっていました。でも、今は主治医からそんなふうに言われ、本当に喜んでいます。

それだけではありません。もともとアレルギー体質で、肩甲骨から背骨の周りに湿疹があったのが、最初の1年で治ったと驚いていました。そして今年は夏バテしなかったし、以前からあった花粉症も出なかったとおっしゃっていました。体全体の免疫力が上がった結果だと思います。
本人もビワの効果を実感していて、今は指導者講習も受けて症状別の施術についても習ってみたいとおっしゃっています。奥さんにも冷えがあるとのことで、ビワ温灸をして喜ばれているそうです。

◎びわの葉庵 (ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2019年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 胸腺ガンの進行が止まる
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。