乳ガン術後の腫れを解消!

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生アージャ 代表

乳ガンの手術をした女性(66)は、術後にリンパ液が溜まって困っていましたが、ビワエキスの冷湿布で改善しました。ご紹介させて頂きます。

右胸に出来た腫瘍を切除するため、当初は全摘手術と告げられたそうです。
ご本人の希望により乳房を温存することとなり、手術が行なわれたのは昨年3月でした。
手術から2ヶ月、5月から放射線治療が2ヶ月間に渡って施され、さらにはホルモン剤治療も行なわれたといいます。
典型的な標準治療が進められたわけですが、12月に入った頃から手術を受けた右胸にリンパ液が溜まるようになり、パンパンに腫れてしまったのです。

病院では「注射針で抜きましょう」と言われ、痛い思いをして80ccが抜かれました。
ところが、3日もすると胸が張ってきて、やがてパンパンに腫れ1ヵ月後には再び抜かざるを得なくなったのです。
2回目は120ccでした。
しかし、3日もするとまた張ってくるのです。
こうした状態を4ヶ月間繰り返し、リンパ液の量も増えて困っていたところで知人を通じてうちを紹介されたのでした。

初めて来られたときは、右胸の腫れと右肩のこりがひどい状態でした。
明らかに左右の胸のバランスが悪く、上肢と下肢のバランスも良いとは言えませんでした。
ビワ温灸は、特に胸の真ん中にある「セン中」や「巨ケツ」のツボを中心に背中、首、肩などに当てていきました。
肩甲骨周りにも強いこりがあり、腋窩とともにしっかり当てました。
彼女は「胸の真ん中のつっかえた感じが取れました」と喜ばれました。

片道1時間半かけて2週間に1回通われましたが、2回目も初回同様、「ビワを当ててもらうと体が軽くなる」と喜ばれました。
しかし、注射で抜いてもすぐに溜まってくるリンパ液には手を焼いておられたので、「何とか注射をしなくてもよくなりませんか?」と相談を受けました。
そこで私は、ビワエキスの冷湿布をお勧めしました。
ガーゼにビワエキスをたっぷり含ませて患部に貼り、ラップを被せ、絆創膏で止める方法です。

就寝前にビワ湿布

毎日、就寝前に張るようお伝えしました。
もちろん、ビワ温灸も2週間に1回の間隔で続けて頂きました。
冷湿布を始めて3週間目に入ったときでした。
彼女から「今朝、不思議なことがありました」と電話が入りました。

流しに立っていたとき、注射針の穴の痕からまるで初乳のようにリンパ液がピューッと噴き出て、かなりの量だったので驚いたとのことでした。
「こんなことあるんですか?」と尋ねられたので、「ビワエキスの効果だと思います。続けてやって下さい」とお答えしました。
その時点で胸は軟らかくなっていましたが、またリンパ液は溜まりました。
そして、1週間ごとに水が抜けたという電話を頂きました。
次の週は朝起きるとパジャマの胸の辺りがグッショリ濡れており、その次の週はうつ伏せで寝ていたらしくシーツがグッショリ濡れていたとのことでした。
そうしたことが5週続き、ついにリンパ液は溜まらなくなったのです。

ビワ温灸に来られた際に「触ってみて下さい」と言われました。リンパ液が抜けるたびに段々と軟らかくなっていましたが、腫れは完全に消えていました。
その後は、疲れたりすると少し張る感じもありましたが、ビワの例湿布をすれば難なく収まり、今はとてもお元気で、快適に過ごされています。

間質性肺炎、喘息もビワ湿布で改善

実は、ビワエキスの冷湿布で助けられたことはこれまでも度々ありました。
間質性肺炎の女性(60代)は病院に通っていたけれど咳が取れず夜眠れずにいました。ビワ温灸とともにビワの冷湿布を胸と背中に施すことで咳は取れました。
喘息の子供(4)も同様で胸と背中へのビワ冷湿布で改善しました。
膝痛で殆ど歩けなかった80代の方(お二人)も、この湿布で数時間後には痛みが取れて歩けるようになられました。

甲状腺ガンの方も腫瘍が小さくなった例もありましたし、そういえば貴普及会の冊子の改善例でも、おへそにビワエキスを溜めるようにして腹水が抜けたという記事がありました。
彼女の話では、ビワエキスの冷湿布を初めに行なったときとても気持ちが良かったそうです。
そして、毎晩欠かさず続けたことが改善に繋がったと感じています。

◎びわの葉庵(ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガン術後の腫れを解消!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入