びわの葉庵

兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3 TEL:080−5338−3746


もともと自然療法が好きで長年ビワの葉温灸を愛用してきた柳生アージャ代表は、レイキヒーリングや瞑想も行なう癒しのスペシャリストだ。

気さくで物腰柔らかく、まるで友人や身内と話しているような感覚に陥ってしまう絶妙な距離感は、言葉や施術に内包された癒しを願う信念から生み出されている。

しばし安堵し、眠りに誘われる至極のビワの葉療法が人気を博す。

  • 治療家を志したきっかけは?
    26年前にビワの葉療法と出会い、子供たちの三人三様だったアトピー性皮膚炎や喘息が改善したことがそもそものきっかけです。

  • 健康ルーム開設の経緯は?
    当初、家族のために始めたビワの葉療法でしたが、友達がガンを患った際にビワ温灸を当ててあげて骨転移による痛みが取れ、感謝されました。
    その後もジンマシンの痒みや椎間板ヘルニアの痛みなど数々の改善を目の当たりにしてきました。
    自然療法に興味があり、レイキヒーリングや瞑想も学びました。
    縁あって施術に携わるようになり、周りの勧めもあって開設の運びとなりました。

  • 施療の特長は?
    女性限定で、地下の個室で行なっていますからとても落ち着きます。
    基本的な流れは、ビワの入浴剤を用いた足湯に始まり、ビワ温灸を行ないつつビワエキスの温湿布を併用します。
    ビワの葉茶も飲んで頂き、症状によってはビワの種(粉末タイプ)を服用して頂くこともあります。
    最後にレイキヒーリングを施しますが、総じてビワづくしの施術と言えます。
    施術時間も長めなので大抵の方が途中で眠ってしまわれます。
    遠赤外線のビワ温灸器主体の施術ですが、ご希望があれば棒もぐさのビワ温灸もお試し頂けます。

  • ビワの葉療法の認知度は?
    皆さん比較的ご存知で、”ビワは良いもの”という認識を持っておられます。
    お問い合わせではガンの方が多いですね。最近は20代でも多くの方は体温が35℃台と低い傾向にあり慢性的な冷えを感じます。足湯に浸かって頂きながらライフスタイルや食事など、体質改善に繋がるアドバイスをさせて頂いています。

  • 具体的な改善例は?
    前述のアトピーや喘息、椎間板ヘルニア、骨転移ガン以外でも多くの改善例があります。印象的な例では胆石の痛みが1ヵ月半で取れ、胆石自体消えた方(49)がおられます。
    また間質性肺炎で激しく咳き込み、夜眠れずに困っていた方(50代前半)はビワエキスの温湿布とビワの種、ビワ温灸で良くなられました。
    子宮筋腫、肩こり、腰痛、膝痛、坐骨神経痛等でも威力を発揮しています。

  • 訪問施療もされますか?
    症状によって、あるいは諸事情から通うことが難しい方を対象にご依頼があれば受けています。お気軽にご相談下さい。

  • 信条を一言。
    心と体は一つです。心身両面の緊張が取れない方が多いので常にリラックスして頂けるよう心がけています。
    人間の体に備わる自然治癒力は素晴らしく、それをサポートするビワの葉療法は宝のような療法です。ビワを通してお役に立てることに感謝しています。

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2013年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > びわの葉庵
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入