抗ガン剤の副作用に奏効

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生アージャ 代表

抗ガン剤の副作用で血小板の数が激減してしまった女性(58)が、ビワ温灸で一気に改善し、医師まで驚かせた例をご紹介させて頂きます。

この方は以前に卵巣ガンを手術され、5年ほど経ってから肺に転移が見つかったのですが、当サロンに初めて来られたときはまだ転移が見つかる前でした。

膵炎の疑いがあり、ビワ温灸を受けてみたいとのことでした。
その時点では体調はさほど悪くありませんでした。
その後、しばらく経って電話を頂きました。
とても体調が悪いので訪問による施療をお願いしたいとのご依頼でした。

検査で肺への転移が見つかり抗ガン剤治療を始めておられたのです。
彼女が受ける抗ガン剤治療は1回につき1〜2週間入院して薬剤を投与するもので、それが終わると次回の治療までの二週間は自宅で過ごすことになります。
1回目の治療が終わって帰宅していた彼女は、抗がん剤の副作用で髪の毛は殆ど抜け落ちていました。

また、手足が痺れて歩行も困難なほど衰弱し、頭痛もあるとのことでした。
治療の経過を伺うと、白血球の数はほどなく回復したものの血小板の数は激減したまま一向に回復せず、2回目の抗ガン剤の投与を先延ばしする話が出ている状況の中で電話を下さったとのことでした。
抗ガン剤の副作用に伴う症状であることから化学物質の解毒を意識し、肝臓に繋がるツボとしてふくらはぎの「竹賓」や手足の「三里」を選択。ここには他の部位と違って棒もぐさによる施灸を試みました。

まず全身に遠赤外線のビワ温灸を通常より短めに行い、その後、前述の各ツボに棒もぐさのビワ温灸を一壮ずつ行ないました。
1回の施術でかなり体がほぐれたらしく、リラックスし、翌日は凄く眠かったそうです。
そして、翌々日からはすこぶる元気になられて外出するなど、本来の明るい雰囲気に戻られました。
痺れについても、手の痺れはなくなり、足の痺れも軽減したのでした。
1週間に2回施術しました。「気分が良くなった」という彼女の言葉を裏づけるように、後日の検査では血小板の数が劇的に増加していたのです。
10台にまで落ち込んでいた数字が一気に10倍に跳ね上がっていたものだから担当医は「通常だと輸血をしなけりゃこんなには上がらないよ」と驚きの声を上げたそうです。
血小板の数が増えたことで、中3週間で2回目の抗ガン剤治療を行なうことになりました。
しかし、2回目の入院治療を終えて帰宅した彼女から再度訪問による施療を依頼されました。

せっかくビワ温灸で改善しても、やはり抗ガン剤によるダメージは小さくはありませんでした。
彼女の場合、転移の部位は肺ですが、原発が卵巣ガンであるため抗ガン剤は卵巣ガン用のものになるとのことで、子宮系の抗ガン剤は副作用が強いという話もあるようです。
腫瘍マーカーも低下していることもあり、彼女は抗ガン剤治療を3回で止めることを決めました。
それ以後は西洋医学の免疫療法を受け、ビワ温灸と併用しながら自然な治療法で治していきたいとのことです。
私はかつて友人が抗ガン剤の副作用で苦しむ悲惨な姿を見てきただけに今回、ビワ温灸の力の凄さを改めて感じました。
現在、3回目の抗ガン剤治療を受けている彼女は退院後に連絡を下さることになっています。
免疫療法とビワ温灸で順調に改善に向かうことを心から願っています。

副鼻腔炎で改善の兆し!

「妹が乳ガンです。まず自分がビワ温灸を体験してみて良かったら購入して妹に当ててやりたいです」

そう電話をされ、訪ねてみえた女性(62)は看護師さんで、10年以上、副鼻腔炎を患っておられました。
ちなみに妹さんの職業も看護師とのことでした。
鼻の両脇など副鼻腔炎における主要な温灸ポイントをお伝えし、併せてビワエキスをガーゼに含ませてマスクの中に入れる方法もご紹介しました。
彼女は毎日熱心にビワ温灸を行い、マスク療法も続けました。
副鼻腔炎とともに花粉症でも鼻水が止まらなくなるそうですが、半年ぶりに来られたときには「鼻が通るのが分かるんです」と笑顔で報告されました。

病院では「治らない」と告げられていただけに改善が嬉しかったようです。
おまけにビワエキスのガーゼが頬に当たっていたためか、その箇所のシミが薄くなったと言われるのです。
「こんなことあるんですか?」と尋ねられ、ビワ化粧水での美肌の改善例を思い出しお伝えしました。
妹さんは毎月、抗ガン剤治療を行なっておられ、副作用のせいでご自分ではビワ温灸を行なうことが難しいため週1回通って当ててあげているそうです。
痛みが緩和され、手足の痺れなど随分楽になっておられるとのことです。
最近、すっかりビワ療法の愛用者となった彼女から「子供たちも使うのでもう1台温灸器がほしい」と連絡がありました。

◎びわの葉庵(ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2013年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 抗ガン剤の副作用に奏効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入