末期卵巣ガンに癒しの効果

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生雅子 代表

卵巣ガンが悪化して腹水の溜まっていた女性(53)にビワ温灸を行い、とても喜ばれました。

彼女は一昨年11月から昨年4月まで抗ガン剤治療を行い、ガンを叩いてから手術する予定でした。

ところが、腫瘍は小さくなったものの体力が奪われて手術できる状態ではなくなり、様子見ということで退院されていました。
ずっと体調が悪く、昨年12月には腹水が溜まり始め病院では末期状態と診断されたそうです。

今年2月から週1回腹水を抜いていましたがそれでは間に合わなくなり週2回抜くようになったのです。
うちには3月に来られました。その時は在宅の終末医療のお医者さんにバトンタッチされ、食べられなくなって痩せておられましたが、お腹だけは妊婦さんのように膨らんでいました。

うちから10分くらいの場所に住んでおられ、歩いて来られました。ハアハアと大変な息づかいで体力も弱っておられ、いきなりビワ温灸は負担に感じられたのでまずはビワエキスで湿布をしました。
みぞおちの辺りから下腹まで腫れている部位にサラシにエキスを含ませ、その上からラップをしてタオルをのせました。
その状態で足をオイルでほぐし、湿布箇所以外の部位を中心にビワ温灸を施していきました。
湿布して10分くらいでお腹が少し柔らかくなり、胸のつかえが減少して「少し楽になってきた」と仰いました。

そこで横向きになってもらいビワ温灸を当てていきました。足、お尻、肝臓、腎臓の辺りを背面から当てていくと「物凄く気持ちよい」と喜ばれました。
来られたときは顔面蒼白でしたが、施術後は別人のように顔色が良く、血流の改善を感じました。
驚いたのは病状が悪化しフラフラの状態にも拘らず英語の添削のお仕事を続けておられたことです。
ガンになられる方は、概して自分の体は後回しの頑張り屋さんが多いように感じます。
その後、来られないので心配していましたが、1ヵ月後に連絡がありました。

「今ホスピスに入っているんです。あの幸せな時間をもう1回味わいたい」
切実なお声でした。
ホスピス側も煙が出ないなら大丈夫ということでビワ温灸を認めてくれました。
彼女の体重は30キロ台になっていました。まず足をほぐすと「やっぱり気持ち良い」と喜ばれました。
ホスピスでも腹水は抜くけれど、すぐに張って却って苦しいので頻繁には抜いていないとのことでした。

ビワ温灸を始めると途中で「私、うつ伏せになれる気がする」と仰られました。
横向きであれだけ気持ち良いのだから、うつ伏せでしっかり当ててもらったらどれだけ気持ち良いだろうと思われたようでした。
「こんなに幸せな気持ちになれるものは他にはない」
彼女の言葉には実感がこもっていました。
「こんなに頑張ってきたのだから自分をいとおしんでください」とお話しすると彼女は泣かれました。
それからは連絡はありませんが、末期の状態の方に喜んで頂けるビワ温灸の癒しの力には改めて凄さを感じました。

肺ガンの男性にも

他にもホスピスに呼ばれたケースがあります。
この方は50代後半の男性で肺ガンでした。残念ながら最近亡くなられましたが、3、4回病室を訪ねました。

呼吸が苦しく足もパンパンにむくんでいましたが、ビワ温灸を行うと呼吸が楽になるのです。
また、眠れない悩みを抱えつつ睡眠薬での死に恐怖を抱いて抵抗されていましたが、ビワ温灸を始めるとコクリ、コクリと眠っておられました。
ガンも末期になると治癒が難しいケースもあります。ビワ温灸は痛みを軽減したりリラックスが出来たりと本当に癒しの効果に優れている療法だと感じます。
それだけに早い段階で継続的に続けられると良いと心から思います。

◎びわの葉庵(ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2018年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 末期卵巣ガンに癒しの効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入