乳ガンのケアで体温アップ

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生アージャ 代表

3年前に乳ガンを発症した女性(50)は、20代から冷え性で体温が上がらないのが悩みでした。

彼女は、乳ガンと診断されても手術などの治療は受けていません。

なぜなら、彼女自身が発病する前、お母さんが脳腫瘍を患って手術、抗ガン剤、放射線、いわゆる西洋医学の三大治療を受け、みるみる弱っていく姿を目の当たりにし、あっという間に亡くなってしまったことで西洋医学の怖さを身に染みて感じたからでした。

右胸に腫瘍があり、腫れて痛みもある状態でうちに来られました。
お話を伺うと、これまでにあらゆる治療を試されたとのことでした。
鍼灸、整体、リンパマッサージ、ドームサウナ等々。さらにはエネルギー療法として、シンギングボウルなども受けておられました。
シンギングボウルとは、大きなおりんのような器を振動させ、その波動で癒しを得るといったものです。
しかし、どんな療法を試してみても一時的には体温は上がっても基礎体温までは上がらなかったのです。

それだけにビワ温灸で、短期改善したことに大変感激しておられました。
35.1℃で足踏みしていましたが、2ヵ月が終わる頃になると36.5℃が定着し、現在もきちんとキープしておられます。
腫瘍については、右腕の付け根、腋の部分に痛みがありました。
腫れのある部位にはビワエキスの湿布をして頂きました。
こうして基礎体温の上昇と連動し腫れや痛みは徐々に収まっていきました。
自然派指向の方なので、インターネットで『世にも美しいガンの治し方』を載せているムラキテルミさんのブログを見て、その方と同じように石原結實先生のところに行かれ、スープとかニンジンの断食を始められました。
石原先生は、体温が1℃下がると免疫力は3分の1下がり35.5℃で花粉症を発症し、35.0℃になるとガン細胞が活性すると言われています。

本当に体温が鍵で、それが変わらないとガンは良くならないと思います。
当初は、ビワ温灸に対しても半信半疑だった彼女が「体温が上がっているんですよ」と驚き交じりに報告して下さった時の声は忘れられません。
ときには週3回来られるなど頑張られ、手足の冷えも取れました。
ただ、初回のみ体調好転反応が出て体がだるくなりました。しかし、様々な療法の経験があるだけに「ビワが効いたからだ」とおっしゃられ、だるくなって眠れたのも却って良かったと解釈されていました。

ちなみに『世にも美しいガンの治し方』を掲載するムラキさんは、肝臓ガンで余命数ヵ月と告げられていたそうですが手術などせず、温熱療法と食事で治したと書かれています。
彼女は念願の基礎体温が上がったので、これからは食事療法に力を入れていこうと考えておられます。
最近、ビワ温灸器を購入され、ご自分でも当てつつ「やはり当ててもらうと気持ちが良い」と、うちにも通われています。
30年以上、課題だった体温が上がったのですから本当にビワ温灸は凄い療法だと実感しています。

◎びわの葉庵 (ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2016年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンのケアで体温アップ
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入