子宮頸ガン手術後の経過が良好

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生雅子 代表

子宮頸ガンの手術をされた方が、ビワ温灸のおかげで術前・術後の経過が非常に良いと感激されている事例をご紹介したいと思います。

その方は46歳の女性で、昨年9月に子宮頸ガンが見つかりました。見つかった時には約2センチあったそうです。初めてうちに来たのは11月ですが、そのときにはすでに手術することを決めていました。
手術が決まってからは、体調を整えるために食事を糖質ゼロにしたり、ジムでランニングをしたり、陶板浴で汗を流したりしていました。その甲斐あって10キロ近く体重を落とし、体調もずいぶんよくなったそうです。
11月に入り、ネットでガンの治療法について調べている時に初めてビワの葉療法というのがあることを知り、早速ビワの葉を取り寄せました。子宮のガンのあたりに痛みがあったのでビワの葉を貼ってみたところ、とてもいい感じだったので、すぐにまた検索し、びわの葉庵を見つけたそうです。
以前にホメオパシーのマネージャーをしたこともあり、自然療法などにすごく興味を持っている方なのですが、ビワの葉というのは初めてで「こんないいものがあるのか」という感じでいらっしゃいました。

初回の施術は、冷えがあったのでふくらはぎの腎経・膀胱系から始めました。そして仙骨から大腸兪、腎兪へと当てたのですが、仙骨から大腸兪ぐらいまでの間がすごく気持ちがいいようでした。
感度がいい人なので、当てるたびにそこから熱が入って子宮のほうが直接温まっているのがわかるとおっしゃいました。腸もわりと便秘気味なのですが、お腹にダイレクトに効いているのがわかるとのこと。ツボのところに温灸器を当てるたびに感激されていたのが印象に残っています。
それが初回の施術なのですが、「こんなに効くとは思わなかった。その温灸器が欲しいです」とおっしゃいました。
決めたらすぐ実行の人なので、3日後に来られたときには既に注文して取り寄せていました。

手術で入院するのが12月2日だったので、11月の間に数回いらっしゃいました。足の冷えがあり、骨盤周りなども冷えていたのですが、背骨を中心にずっと当てて、お腹や子宮のところもしっかり当てました。それで体温が上がり、足の冷えも取れて「このまま続けていたら、手術しなくても治りそうかな」などとおっしゃるほどでした。
痛みもあったので、患部にビワエキスをコットンに浸して湿布してもらうと、痛みが取れたそうです。そういう感じで、入院までにすごく調子がよくなっていました。

ビワ温灸の効果に感激

入院の時には、温灸器を片方だけ持ち込んだそうです。
ガンが2.6センチぐらいになっていたので、手術としては広範囲に取る広範囲子宮全摘手術を行いました。子宮は全摘。卵巣や子宮を支えている靭帯も取りました。
靭帯を取った場合、排尿に関する神経がそこを通っているため、その神経が傷ついて排尿トラブルが起こります。尿が溜まっている感じがわかりにくかったり、尿を出しにくかったりして、2か月未満で尿意が戻る人が三割、1〜2年で戻る人が四割、残りの三割はそれ以上かかっても戻らないといいます。
さらにリンパ節も20個取り出すという8時間に及ぶ大手術でしたが、術後の経過は良好でした。

初日のみ発熱がありました。
便秘になりましたが、術後4日目にビワ温灸器を使ったら、翌日にはちゃんとお通じがありました。
夜、消灯後に温灸器が点灯しても見つからないよう布団の中に隠れてこっそりと当てたそうです。
手術したところは当てられないので、仙骨から軽く当てたとのこと。
冷えていたためだと思いますが、「薬を処方されても出なかったのに」と感激されていました。

もう一つ感激されていたのが、1週間ほどして導尿カテーテルを入れたときのことです。
先ほど説明したように尿意がないので導尿カテーテルを入れられて、それを自分で取り出すのですが、出そうとしても痛くて出てこなかったそうです。しかたなく看護婦さんを呼んで出してもらったのですが、傷がついて出血してしまいました。
それでその夜、またこっそり温灸器を使ったそうです。
仙骨から腎の辺りまで軽く当てただけですが、次の日はカテーテルを入れても痛みなく取り出すことができたそうです。
彼女が言うには、手術で尿道や膀胱のあたりがむくんでいたのではないかとのこと。
温灸器を当てることでむくみが取れた感じで、ひっかかりがなくなってカテーテルが入りやすくなったのではということでした。

手術後の経過は良好

そんな調子で他の人よりも経過がよく、19日に退院すると、翌日にはうちにいらっしゃいました。背中などは自分でできないからと施術を受け、「ビワ温灸をしてもらうと本当に気持ちがいい」とおっしゃいました。
ご自宅からはちょっと時間がかかるので、連絡を受けた時は「退院翌日なのに来て大丈夫ですか?」と聞きました。
でも、「ゆっくり歩いて行ますから、大丈夫です」とおっしゃって、普通に歩いてこられました。
そして、翌日の21日には出社し、大丈夫そうだからということで22日から普通に出勤しています。
私はこれまで、手術後に腸閉塞が起こったり、いろいろなトラブルで大変な人を見てきましたから、本当にビックリしました。

その後、1週間に1回の施術にしましたが、来る度に元気になりました。
膀胱・恥骨辺りからおへその下まで開腹したのですが、その傷もすぐによくなりました。初めは触っていなかったのですが、ビワエキスを浸したコットンを当てたりしているうちにきれいに治りました。
また、排尿トラブルには膀胱・恥骨のあたりを温灸器で温めるのもすごく効果があります。完全ではありませんが、1ヶ月も経たないうちに排尿の感覚が戻ってきたような感じです。これにも驚きました。
彼女を見ていて、やはり術前・術後というのは大事だなと思いました。それに、入院中も温灸器を持っていったのがよかったのだと思います。
今は本当に調子がよく、2月からは施術も2週間に1回にしています。彼女も本当に感激していて、「こんな素晴らしい療法知らないなんてもったいない。もっと広く伝えてほしい」とおっしゃっています。

◎びわの葉庵 (ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2021年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮頸ガン手術後の経過が良好
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。