再発乳ガンの腫れを解消

兵庫県神戸市 びわの葉庵 柳生アージャ 代表

3年前に乳ガンの手術をされた女性(64)は、腫瘍が完全には取り切れず放射線治療を行なうことになったといいます。

ところが、放射線を当てるには微妙な部位であったこととピンポイントで照射できる放射線でなかったことから、肺など他の臓器にダメージを及ぼす可能性があると言われ、結局、温存のような形で放射線治療は行なわず、カイロプラクティックなど様々な治療法を試してこられたのでした。

しかし、やがて右腕を上げることが出来ないほどリンパ節が腫れて痛むようになり、昨秋、うちを訪ねてみえました。
ビワ温灸を4、5回施しましたが全く痛みが取れず、違和感を覚えたので「病院で診てもらって下さい」とお伝えしました。
私の不安は的中、やはり再発して腫瘍が圧迫していたのです。

ただ、再発はしていましたが今度はピンポイントで放射線を当ててもらえる所が見つかりました。
今年1月から少量の放射線を15秒ずつ当てる治療を受けるようになり、幸いにも再発した腫瘍はなくなりました。

しかし、厄介なことに放射線治療の影響でリンパ浮腫のように右腕は左腕の3倍もあるのではないかと思えるくらいパンパンに晴れ上がり、手もグローブのように肥大化してしまったのでした。
ともかく、ビワ温灸を週1回のペースで続けました。体が全体的に緊張していたので全身に当て、腫れのひどい腕や手は最後に当てるようにしました。
今年3月からの施療ですから3ヶ月ほどかかりましたが、腫れは完全に取ることができました。
彼女はピアノと声楽の先生です。左手でしか弾けなくなっていたピアノが両手で弾けるようになり、とても喜ばれました。

なお、施療の過程では放射線による火傷痕のような部位にはビワエキスで冷湿布をするなどの工夫をし、ビワ温灸も肩、首、腋の下など循環を促すことにポイントを置きながら全体的な施療に努めました。
病院では、サポーター状のものを腕に着けて圧迫を与える方法しかなかったそうなので、ビワ温灸による施療は本当に威力を発揮してくれました。

自律神経失調症も改善!

もう一つは、震災以降体調を崩し、激しい目まいや頭痛で外出も困難になっておられた主婦(60)の改善例です。

彼女は性格的にがんばり屋さんで、沢山の方々の避難をお世話したりして大変な心労を抱え込んでしまい、さらに娘さんの出産などもあって自律神経失調症と診断され、症状の重さから動けない状態に陥ってしまったのでした。
そうした中にあって、彼女はたまたま友人からビワ温灸器を譲り受け、頭痛が起きてクラクラすれば頭へと、自己流で当てていたのでした。
彼女曰く、様々な療法を試してみたところ、ビワ温灸が一番深く熱の浸透が感じられたそうで気に入っておられました。
とは言っても十分に使いこなせていたわけではなく、辛い状態を抜け出したくていろいろ調べ、ビワ療法の普及会にSOSの電話をされたとのことでした。
そして、普及会から最寄りの施療所としてうちが紹介されたのでした。

彼女の体の緊張、強張りは異常といえるものでした。特にご本人では当てにくい背中や首の周辺はガチガチだったため、ビワの生葉と棒モグサを使う旧来の方法を用いました。
私はどうにも難しい状態には、ポイントを絞ってこの方法を併用しています。
初回の施療では、温灸器のスイッチが「弱」では全く熱が浸透せず、「強」に切り替えても「赤ちゃん用かと思いました」と言われるほどでした。

2回目から初めは「強」、途中から「弱」に切り替えても熱が感じられるように変わっていきました。
背中の緊張がほぐれることで、こうした症状で重要なみぞおち部の緊張も緩んできて改善がグッと進みました。
生真面目な彼女は毎日、1日2回ビワ温灸を自身で行なっています。一人で当てていたときからビワの良さを実感し、受け容れる素地が出来ていたことも早期改善に働いたと感じます。
脚にも冷えがあったので、私が膝上の血流ポイントに当てたりすると、後でご自分でトレースするなど熱心さがより奏効しているように思います。

最近は遠方からも訪ねて下さる方が増えています。
ビワ療法の普及が進み愛好者の輪が拡がることを嬉しく感じています。

◎びわの葉庵(ご紹介はこちらです)
兵庫県神戸市灘区千旦通3−3−3
TEL:080−5338−3746

◎「びわの葉庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 再発乳ガンの腫れを解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入