五十肩が一気に改善!

福岡県宗像市 サロン ここ 姉川政子 さん

友人(52)の五十肩がビワ温灸で劇的に改善したので報告させて頂きます。

彼女は総合病院で看護助士をしています。昨年、暮れになって右肩に激しい痛みが出始めたのでした。
もともと左肩に痛みを抱え我慢しながら仕事をこなしていたそうですが、今回の痛みはさらに強烈なものだったと言います。

それでも患者さんを抱えて入浴させたり、おむつを替えたりとフルタイムで働く彼女には休む間はなく、困り果てた挙げ句に私がビワ療法を行っていることを思い出して電話をくれたのでした。

「痛くて痛くて泣きながら仕事しているのよ」
切実に訴える彼女でしたが、あいにく年末でした。

受話器越しに事情を聞きながら『だけど、今だったらきっと良くなる』と思え、気心の知れた友達だけに何とかしてあげたくて「すぐうちにおいでよ」と返事をしました。
私が彼女の早期改善を確信したポイントは、痛みを発症して5日目だったということです。

これが1ヶ月、2ヶ月と経ってしまっていると容易に痛みを取ることはできなかったと思います。
それというのも、以前に会社のスタッフが五十肩になって私がビワ温灸をずっと当てた時期があり、繰り返しビワ温灸を当てるうちに五十肩特有の痛みの箇所や痛み具合などが把握できていたのです。

また、その後に私自身も五十肩になりかけて3日で改善したという経緯がありました。
自分に症状が出始めたとき、スタッフの状態と照らし合わせて、『あっ、これは・・・』とピーンとくるものがあって、3日間集中して自分でビワ温灸を行なって事なきを得たのでした。
五十肩は初期のタイミングを逃してしまってズルズルと長引くケースは珍しくありません。痛み始めが肝心だと感じます。
スタッフも私もそうでしたが、五十肩の症状は二の腕の裏側に強い痛みが出ます。それと同時に二の腕の表側(鎖骨の端っこ辺り)にも痛みは出ます。ここを遠赤外線のビワ温灸器で前後挟み撃ちにします。いわゆる”打ち抜き灸”を行なうのです。

もう一つ重要なポイントが、腋の下です。ここも絶対に外せません。さらに加えて肩の上部や首の付け根、肩甲骨周辺など五十肩のツボに入念に温灸を当てていきます。
五十肩そのものは原因がよく分からない病気とされていて、その痛みは一般的な肩こりや捻挫、脱臼などとは少し違います。
痛みが動く、とでも表現すればよいのでしょうか、スタッフもそうでしたが、温灸を当てていると「そこは良くなったけど今度はここが痛くなってきた気がする」となるのです。
そうしたことも経験済みでしたから、彼女の訴える痛みの箇所に合わせて「いいよ、いいよ」と頷きながら1時間ほど多壮を試みました。

うちに来た時点では、当然ながら腕は後ろに回らず、ちょっと肩を上げてもらうと途端に「ムリ、ムリ、ムリ」と連発で、テーブルのお茶を手に取るのも顔を歪めて痛がる有様でした。
彼女は初めてのビワ温灸ながら「すごく気持ちが良い」と委ねてくれました。
ビワ温灸が終わると「あれ、全然痛くない。楽、平気みたい」と言って腕を曲げたり伸ばしたり、グルグルと前後に回して見せてくれました。

私もかなり自信はあったとはいえ、あまりに劇的な変化に驚きました。
顔にはポ〜ッと赤みが差してとても喜んで帰っていきましたが、集中して当てただけに体調好転反応が出るのではないかと心配し、翌朝、メールで様子を尋ねました。
仕事が忙しかったそうで、夕方になってメールの返事がありました。すっかり痛みがなくなったものだから痛み自体を忘れて1日過ごしたとのことでした。
次の日、帰りがけにお礼に寄ってくれ、「あれっきり、どうもないよ」とビワ温灸の威力にしみじみ感心している様子でした。

後日、右肩の痛みのせいで忘れていた左肩の痛みに意識が戻ったとの連絡があったので、右肩同様、ビワ温灸を当ててあげたところ、これもその日のうちに痛みが取れました。
年の瀬でお正月の準備や家事が忙しい時期だっただけに「お陰で本当に助かったわ」と感謝されました。
五十肩に限らず早めの施療は効果的ですが、長引いている症状であっても短期改善した例は少なくありません。
とにかく試して頂きたいと思います。

また、当サロンではビワ療法の講習会等も行なっていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

◎びわのは温熱療法 サロン ここ
福岡県宗像市池田3100−21
TEL:090−7920−6085

◎「サロン ここ」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 五十肩が一気に改善!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入