前立腺ガンが短期退縮!

福岡県宗像市 サロン ここ 姉川政子 さん

前立腺ガンを患ってホルモン療法を行っている男性(65)が、ビワ温灸や食事療法を併用し、劇的に改善が進んでいます。

病状の経過としては、初めオシッコの出が悪くなったそうです。『おそらく年齢的なものだろう』と軽く考えて過ごしているうちに、体中の骨が痛み始めたとのことでした。

さすがに『これは只事ではない...』と感じて掛かり付けの病院を受診したところ、「すぐに大きな病院で検査を受けなさい」と言われたそうです。
「前立腺ガンです。すでに骨まで転移しています」
大病院でそう告げられ、強いショックを受けたと言われます。今年5月、連休明けのことです。

病院の治療は、4週間に1回のホルモン注射と毎朝ホルモン薬を服用するというものでした。
ホルモン治療を始めて間もなく、「ビワが良い」という話を聞かれたそうで、6月5日、奥様と一緒に訪ねてみえました。
顔色が悪く、本当に辛そうでした。
痛みの主因は骨への転移で、ステージも高いであろうことが容易に感じ取れました。
痛みは全身に出ていましたが、特に大腿部、骨盤の横あたりが痛いと言われ、びわ温灸は基本のツボに加え痛いと言われる部位にも繰り返し施しました。

ところが、とても熱が浸透しにくく一向に皮膚は赤くなりませんでした。
後日談で、ご本人もこのときは『正直、これで良くなるのだろうか』と思われたそうです。
2日後に2回目の施術を、さらに6月12日に3回目の施術を行いました。それでも、まだまだ体の反応は鈍い状態でした。

自宅でもビワ温灸

それだけにビワ温灸をもっと頻繁に行なう必要性を痛感し、ビワ温灸器を購入されて、ご自身で毎日当てることをお勧めしました。
ご夫妻とも承諾されましたが、いざ奥様にビワ温灸の当て方を説明する際も、ビワエキスが浸透し肌が赤くなっていく様子を伝えたくてもどこも赤くならないのには困りました。

そんな状態ながら週1回きちんと通ってこられ、ご自宅では奥様が毎日献身的にビワ温灸を当てられることで赤味のさす部位が出てきて、徐々に拡大していきました。
1ヶ月弱が過ぎ、病院で2回目のホルモン注射が行なわれました。この頃には骨の痛みはかなり取れていました。
前立腺の正常なマーカー数値は0〜4とのことですが、発症当初は530という桁外れでした。
その数値が、1ヶ月弱でなんと54.2まで下がっていたのです。

また、35.8℃だった基礎体温も36.2℃にまで上がっていました。
さらに数日後、骨の痛みは完全に消え、6月末には体の芯までジワ〜ッと温まるビワ温灸特有の温熱効果が自覚でき、顔色も良く、肌に透明感が感じられるようになられたのです。
7月末、3回目のホルモン注射のあと、「すごく嬉しい知らせがあります」と言われるのです。

検査の結果、なんと腫瘍マーカーが13.38まで減少していたのです。
もし、この検査時に骨の痛みがあった場合は、骨に抗ガン剤を打つ治療が開始される予定だったものが、「様子をみましょう」となったのでした。

骨シンチも好転!

8月20日、4回目の検査がありました。腫瘍マーカーはさらに下がって7.6になっていました。
また、骨シンチにも大きな変化が見られました。
正常値が300くらいとされ、当初10,000もあった数値が3,100まで減少していたのです。

ホルモン療法に加えてゲルソン療法を徹底的に行ない、奥様が毎日献身的にビワ温灸を当てられることで確実に良い結果に結びついていると思われます。
お陰で今では熱の入りが非常に良く、どこに当ててもきちんと赤くなります。
先日は、ビワ温灸の最中に体中にビリビリーッと衝撃が走ったそうで、「これで治る!」と確信できたとおっしゃいました。
「ガンが熱い熱いと言って暴れまくりよる気がする」と力説されるので、「ただ低温やけどしただけじゃないですか」と応えて三人で大笑いしたのですが、紛れもなく急速にガンが縮んでいる感覚なのです。

ご夫妻とも、とても明るい性格で前向きです。
さすがに直後は落ち込まれました。それでも「あるもんはある。受け入れないけん。じゃあ、どうするか」と考えて体を温め、免疫力をアップさせることに取り組もうと決められたそうです。
血色も良くお肌もしっとりとされてきて、「ホルモン療法してるからそのうちオッパイも大きくなりますよ」と冗談を言うと、ご主人は「そんなことないよ」と照れておられました。

献身的な奥様は「自己流になっちゃうから」と必ず一緒に来られ、疑問点を質問されるなど、ご自分の手当をチェックする熱心さです。
変な話、患部の場所が場所だけに初めは「ご自分で当てられますか?」とお聞きしました。ご主人は「どうぞ構わずお願いします」と委ねられました。
私は潜り込むような姿勢で当てながら、後ろに立つ奥様に「どうですか、わかりますか」と振り返って確認したのですが、いつの間にか奥様はメガネを掛けておられました。
これには、まな板の上の鯉状態のご主人も「メガネを掛けてまでしげしげと見んといてくれ」と言われ、爆笑となりました。
とても仲良しで素敵なご夫妻は毎朝お二人で散歩をされていますが、ご近所の方から「どこが悪いと。顔色よくなったね〜」と声を掛けられるそうです。
ご主人は「病気する前より元気になりよる。いいもん食べさせてもろうですまんね。こんな元気になってまだまだ生きよるばい」と奥様に感謝しておられます。
奥様はもともと食事をきちんと作られる方なので、ゲルソン療法もスムーズに取り組めたようです。

ホルモン療法とビワ温灸、ほかに健康食品も摂られているそうで、それらの相乗作用とご夫妻の明るく前向き、真摯な姿勢が合わさり改善に繋がっている気がします。
正常値まであと一歩。
ご夫妻ともに完治を確信され、毎日頑張っておられます。

◎びわのは温熱療法 サロン ここ
福岡県宗像市池田3100−21
TEL:090−7920−6085

◎「サロン ここ」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 前立腺ガンが短期退縮!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入