子宮頸部高度異形成が短期間で「異常なし」に!

福岡県宗像市 びわの葉温熱療法サロン ここ 姉川政子 さん

Kさんが私のサロンに来られたのは6月28日のことです。小6、小3、小1と全員サッカークラブに入部している男の子を持つ38歳のママです。
日常生活を伺うと、部活の送り迎えや試合の車出しに応援、そして家のこと等で日々忙しく、常にイライラし、疲れやすく気力もないと。
食事も男の子ばかりなので肉食が多く、睡眠もよく取れていないとおっしゃっていました。

そんなKさんですが、定期的にがん検診や人間ドッグにも行かれていて、今まで引っ掛かったことは一度もなかったそうです。
ところが今年の4月に人間ドッグで「子宮頸部異形成」が見つかったそうです。
子宮頚部異形成はHPV(ヒトパピローマウイルス)が原因で、性経験のある女性の84.6パーセントが一生に一度は感染すると推測されているそうです。
これには三段階あって、軽度異形成、中等度異形成。高度異形成に分かれ、高度異形成は子宮頸がんの一歩手前の状態をいいます。

90パーセント以上は2年以内に自然に排出されるので治療の必要はないことが多いそうです。ただ、排出されずに数年から数十年にわたって感染したままだと子宮頸がんになることがあるので、定期的に検診が必要だといわれています。たとえ感染したとしても、自分の免疫力や治癒力によってウイルスを排除し、予防することは可能なのです。

免疫力・自然治癒力を高める

Kさんの場合は、この時点で細胞診に異常が認められ、コルポスコープ検査で「高度異形成」と診断され、定期的に検査していくとのことでした。
それでKさんに話したのですが、免疫や自然治癒力を高めるには、まず体温を上げること! 体温を上げることはビワ温灸の得意分野です!
さらにビワ療法には抗がん作用、殺菌作用、血液浄化作用等々たくさんの薬効効果がありますので、Kさんには必要な療法だと思いました。
もちろん日々のバランスの取れた食事、適度な運動、良質な睡眠、ストレスを溜め込まない、こういった基本的なことを生活にどれだけ習慣化できるかがポイントだとアドバイスしました。

ビワの当て方ですが、子宮の裏表はもちろんのこと、腰部と下腹部、及び腎経の照会、三陰交、太衝、湧泉は婦人科系全般に用いられるツボで、特に腹部は血液のタンクのようなところで、その血液を浄化することがこの療法の《いのち》と言われていますので、ここもしっかりと多壮していきました。
Kさんの体温は36.5℃と普通なのですが、お腹全体と子宮の裏側、足先が冷えて冷たく、ビワの入りも弱く、なかなか赤くならなかったですね。
ビワの入り具合を観る3つのチェックポイントがあるのですが(’く感じたときのタイミング、当てた箇所の色味、Eてた箇所の大きさ)、どれもイマイチでした。
ご本人は、おそらくビワの気持ちよさがよくわからなかったと思います。

後日、好転反応がなかったかお聞きすると、おりものが多かったのと、体が怠くてたまらなかったとおっしゃっていました。生理のときもよく固まりが出るとのことで、まさしく瘀血(おけつ)の証拠です。Kさんの好転反応にも「なるほど!」です。
私はこういった好転反応を《カラダの悲鳴=カラダのサイン》と受け取り、どういった好転反応が出たかによってビワの施術に活かしています。

Kさんが私のサロンに来られるにあたって、自宅から1時間ちょっとかかることや子供さんの部活のお迎えの時間等重なってしまうため、週1回来られたらいいほうでした。
そこでビワ温灸器を買って家でもするということで、「とにかく毎日、できれば1日3回くらいはビワを当ててね」と言って、当て方を指導しました。
それでも週に1回、可能なときは週に2回は来られ、当て方のチェックやビワの入り具合、Kさんの話などを聞いて施術をしていました。
ご自宅でも真面目に続けられている効果も出て、ビワの入りもかなりよくなっていました。

検査結果は「異常なし」

検診は定期的に行われているのですが、7月15日の検診まで「中度異形成〜高度異形成」の範囲だったのが、7月22日の検査で「かなり高度寄りの異形成」と診断され、経過観察はせずに子宮頚部を円錐形に切除する手術をしたほうがよいと判断が出たそうです。
それを聞いたとき、私は「大丈夫! そうはさせない!」と強く思ったのです。

体温も36.5℃だったのが36.6〜36.8℃と上がってきているし、ビワの入りの3つチェックもとても良く、以前気になっていたお腹や子宮の裏の冷たさも感じなくなり、ビワが終わった後はタオルで顔や体全体を拭かなければならないぐらいビッショリ汗をかかれ、顔も透明感が出て、何よりも「目力」がすごいのです。
その間、「二人三脚でがんばろうね!」と励ましながら、治療や食事療法等に力を入れてきました。

そして7月29日にコルポスコープの再検査があり、1週間後に結果が分かるとのことでした。
Kさんの心の中では「手術もやむをえないかな?」と思っている様子が見受けられました。

そして迎えた8月6日の検査結果の日。
結果はなんと「異常なし!」鳥肌が立ちました。
病院の先生曰く、「高度異形成と出て、その後こんなに短期間で異常なしと出るのはあまり例がない。もしかすると先日の細胞の取り損ねという可能性もあるかもしれないので、また2ヶ月後に再検査しよう」となったそうです。
Kさんとも話すのですが、今年の4月に病気が見つかり、わずか3ヶ月ちょっとで「異常なし」と言われたときは、子宮切除も覚悟していたので、本当に「やったね!」と思いました。

Kさん曰く、「毎日毎日時間に追われる中、サロンに来てビワをしてもらいながらいろんな話を聞いてもらえるのが、唯一ゆっくりできる癒やしの時間です」と。
プライベートの話等もしてもらえるようになり、「あ〜あ、このことがストレスの原因だったかも」と思うこともありました。
二人三脚で頑張ろうと約束したことがこういった結果に繋がって、本当に嬉しく思います。
Kさんも「自分が信じてきたビワ療法や漢方、食事等にも引き続きリラックスしてやっていきます」とおっしゃっていました。

◎びわの葉温熱療法サロン ここ
福岡県宗像市池田3100−21
TEL:090−7290−6085

◎「サロン ここ」に関する体験談
『ビワと健康』  2022年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮頸部高度異形成が短期間で異常なしに!
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。