アトピー性皮膚炎が改善

福岡県宗像市 サロン ここ 姉川政子 さん

アトピー性皮膚炎で来られた女性(42)は、体中が色素沈着して真っ黒の状態でした。小さい頃に症状が出て以来、お祖母ちゃんが良かれと思ってせっせとステロイド剤を塗り続けたそうです。

掻きむしった箇所は血が滲んでジュグジュグだったので、ビワエキスをコットンに含ませトントンと軽く押すように塗ってあげ、乾いた箇所はビワ温灸を施しました。

エキスが滲みるかもしれないと思いましたが、むしろ「気持ちがいい」と喜ばれました。
長年、ステロイド剤を使い続けた肌はボロボロで、結局ステロイド剤による完治はあり得ないと判断されて離脱を図り、完全に薬を止め食事療法を始めたばかりのときでした。

ステロイド剤を止めた直後は抑え込んでいた症状が一気に噴き出し、顔はパンパンに腫れ上がって誰なのか判らなかったそうです。
彼女はそのときから記録としてケータイで写真を撮り始めたのでしたが、あまりにひどい写真を見て私は思わず「痒かったろう、辛かったろう」と慰めの声を掛けました。

すると彼女はポロポロと涙をこぼし、それゆえに殆ど外に出歩くことはなく、結婚も出来なかったと打ち明けられました。
約30分の施療でしたが、肌に赤みが差し明らかに皮膚がきれいになりました。
大袈裟でなく肌が輝いて見えたので「すごくきれいよ」と伝えると、「本当ですか?」とおでこに掛かった髪をかきあげて鏡に写し、「本当ですね」と言われました。

この日、帰宅するなりご家族も「あんた、どうしたとー。すごくきれいよー」と驚かれたそうです。
その日を境に彼女の肌は徐々に生まれ変わり始めたのです。2回、3回と来られるにつれて本当にきれいになっていかれました。
ジュグジュグだった箇所もかさぶたが出来てビワ温灸が当てられるようになり、どんどんと痒みも遠のいて夜も眠れるようになっていきました。
以前は布団に入って温まると痒くなり掻きむしって血が出るパターンの繰り返しだったそうです。

自宅で毎日ビワエキスをコットンに含ませて痒みのある箇所に塗ってケアし、また玄米菜食によって根本的な食事改善を図ったことも効果を促進した気がしています。

転移ガンにビワ温灸

週1回ビワ温灸を受けに来られている女性(61)は過去に子宮ガンで子宮を摘出し、それが肺に転移して右肺も3分の1を切除しておられます。

昨秋、始めてうちにみえたときは二度の手術をしたにも拘らず肝臓への転移が判明し、再々度の手術を勧められた後でした。
「3回も医者の言いなりにはなりたくない」と抗ガン剤治療を断り、気功や健康食品など体に優しい養生を始めておられました。

そうした状況下「ビワがいい」という話を聞かれて訪ねてみえたのです。
ただ抗ガン剤治療は断っても定期的に通院し、検査は続けておられるとのことでした。
体は前も後ろも手術の傷痕が痛々しいのですが、非常に明るく前向きな方で、気功の先生からも「あんた、ガンでは絶対に死なんよ」と太鼓判を押されたと話しておられました。

ビワ温灸を始めてしばらくは、手足が冷えていて良くも悪くもならない状態が続いていました。
それでも施療を受けるたびに調子がいいようで「気持ちがいい」と連発しておられました。
先日の検査で腫瘍マーカーの数値が下がっていたそうで喜んでおられました。この兆候は施療時にも見て取れました。

段々と熱の入りが良くなり、温灸終了時には毎回肌が赤くなるようになってきていたのです。
「ガンが無くなったらいいね」と話すと「それは分からないわ」と言いつつも、「無くなっていくよ」と二人で笑って話しました。
ビワ温灸はお腹や腰、肝臓の辺りをよく当てています。「気持ちが良い。癒される」と言われると私も嬉しくなります。

◎びわのは温熱療法 サロン ここ
福岡県宗像市池田3100−21
TEL:090−7920−6085

◎「サロン ここ」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アトピー性皮膚炎が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入