ブドウ膜炎が短期改善!

福岡県宗像市 サロン ここ 姉川政子 さん

難病とされるブドウ膜炎を患った女性(55)が、ビワ温灸と漢方薬で改善した例を報告させて頂きます。

この女性が左目に違和感を感じて病院を受診したのは、去年6月のことです。
目の中に黒っぽい幕が張られたように視界がボヤ〜ッとして視野もかなり狭くなっていたそうです。

ブドウ膜炎・・・。医師の口から馴染みのない病名が告げられ、思わず「それって何ですか?」と聞き直したところ、「目の中に帯状疱疹ができているんですよ」と説明され、即座に入院を余儀なくされたのでした。
症状が重い場合は申請すれば治療費が無料になるほどの難病で、「あなたの場合はそこまでひどくないですから・・・」と自費診療扱いだったものの「失明の可能性もあります」と言い渡され、さすがに激しいショックを受けたそうです。

いざ治療が始まるとすぐにクスリの副作用が出たそうです。医師との相性もあったのでしょうがとても怖くなり、治療を続ける気になれず、外泊許可をもらってそのまま退院してしまったということでした。

( ※ブドウ膜は脈絡膜、毛様体、虹彩の三つをまとめたものをいい、その働きは強膜の内側で眼球を覆って、瞳以外からの光の侵入を防いでいる。
そのブドウ膜が炎症を起こしたものが、ブドウ膜炎。ウイルスや細菌などの感染が考えられるが不明点が多く、自己免疫によるものも増えている。)


退院はしたけれど失明するかもしれないという恐怖心は日増しに大きくなり、ウツのような精神状態になって家事は手につかず、毎日、寝たり起きたりで布団も敷きっぱなしの生活に陥っていたといいます。
そんな中、息子さんがインターネットで治療法を探すうちにビワ療法に出くわしたのでした。
「お母さん、ビワが良いみたいだよ」という言葉に促され、当サロンに電話をされたといいます。
受話器越しに事情を伺いつつ、目の中の帯状疱疹と聞いて私も困惑しました。
もの凄く痛いことで知られる帯状疱疹が、しかも目の中に・・・。ブドウ膜炎という病名を聞くのも初めてでしたし、もちろんそういう病気の方にビワ温灸を当てた経験はありません。

正直、自信はなかったのですが「来てみます?」と尋ねると「行ってみます」との返事でした。
電話である程度の状態は伺っていましたが、まずは「目の中に帯状疱疹が出来て痛くないんですか?」と改めて確認しました。
「痛みは全くありません」
意外な言葉に少し安心しました。とはいえ、失意のどん底にあって改善の糸口を見い出すべくビワ温灸の体験に来られている深刻さがひしひしと伝わってきました。
これまで沢山の方々にビワ温灸を体験して頂き、数々の改善例を目の当たりにして私なりに自信を深めてきましたが、初めてのケースだけに普及会に連絡をしてアドバイスを仰ぎました。
「まず腹部に当てて免疫力を高めることを意識し、瞳を閉じた状態で瞼の上から軽く当てて様子を見て下さい」
頂いたアドバイスを基本に慎重かつ入念にビワ温灸を当てていきました。。
途中、「どんな?」「どんな?」と声を掛けながらご本人の感覚を確かめるのですが、怖さが先に立っていたのだと思います、緊張した面持ちで「何か、まだよく分かりません」という返事でした。
それでも週1回、ご主人に付き添われてきちんと通われました。
少し慣れてきて「目の中、芯まで熱が入っていく感覚が分かる気がする」と言われるようになり、それからは回を重ねるごとにビワ温灸の心地好さが堪能できるようになって、「気持ちが良くて、終わった後は目がスッキリする」と嬉しそうに話されるようになっていきました。

2ヶ月が経ったころでした。朝起きたとき瞼がくっつくほど目ヤニが出るようになったのです。
果たしてこれは良い兆候なのか・・・。確信は持てませんでしたが、そこに至る流れを勘案し、良さそうに思えて続けました。
そんなある日、目ヤニとは異なるベタ〜ッとしたものが出たそうで、ご本人曰く「凄く悪いものが出ている」と感じられたそうです。
この時期にはビワ温灸の熱の入りもとても良くなって、ビワ温灸を行うと目の周りも赤くなり「ああ、気持ちいい〜、目がラク〜、すごく見えやすいです」と話しておられました。
帯状疱疹は腎経が弱ると出てくると何かの本で読んだことがあります。また、目は腎とか肝に関連しているといわれますから、それらのツボも意識してビワ温灸を行いました。
また、ご本人は元々クスリが好きでないこともあって漢方薬を飲み始めておられましたが、漢方の先生にも「目には肝臓の疲れなどが影響するからね」と言われたとのことでした。
病院には定期的に通っておられました。
それはあくまで検査が目的で、その都度処方されるクスリは全く飲まなかったそうです。
それでも検査では「炎症が収まってきている」と言われたそうで、改善の度合いは符合していました。

3ヶ月が経ったころでした。「黒い膜はどう?」と尋ねると「全然気にならん」との返事とともに、「そういえば私、飛蚊症があったのに今は全くないとよ」と驚いた様子で話して下さいました。
以前、白内障の方がビワ温灸で手術を免れた例をお伝えしたことがありますが、目の毛細血管の血流が良くなって改善し、視力も上がったのではないかと私なりに解釈しています。
この女性も着実に目の状態が改善していったのです。
視界を覆っていた黒い膜が取れてきたこともそうですが、視野も拡がってきて、ご主人に頼らずご本人が車を運転して通えるようになったのです。
視界がクリアになるとともに顔色も良くなり、「家事ができるようになった」と弾んだ声で話して下さいました。
視力も徐々に上がり、昨年4月の時点で右目0.8、左目0.4だったものが右目1.2、左目1.0に改善したのです。
病院では、クスリが奏効していると思い「結果が出るよね」と言われたそうですが、実際は「ビワと漢方しかしとらんからこれしか考えられません。ビワ温灸で救われました」と感謝されました。
1年が経過し、現在は体のケアのために週1回通われています。もちろん目にも当てていますが、「もう、どうもない」とおっしゃいます。
ほかに肩コリとか、腰に熱が入りにくい部位があったりで、「ここ痛くない?」と尋ねると「あ、そこ痛いです」と反応がストレートに現れます。
お腹が赤くならないときは「何か冷たいもん食べたやろ?」と尋ねると、思い当たらないと言われていても、よく聞くと冷や奴ばかり食べていたとかスイカを食べたとか面白いように反応に出てくる方なのです。
実はこの女性、ビワ温灸を始めた当初の体温は35.6℃でした。それが、改善が見られ始めたころから36.6℃に上がってきたのです。
基礎体温の上昇が免疫力アップに繋がる要素であることを思うと、このことも鍵を握っていたといます。
症状に則した部位や経絡・経穴の刺激とともにビワ温灸で体を温めること自体、その効果は計り知れないものがあると実感します。

◎びわのは温熱療法 サロン ここ
福岡県宗像市池田3100−21
TEL:090−7920−6085

◎「サロン ここ」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ブドウ膜炎が短期改善!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入