試して欲しいビワの葉茶の活用法

東京都品川区 シャローム西野 西野妙恵 代表

私は、うちに通ってくるお客様にはなるべくビワの葉茶をたくさん飲んでいただくように勧めています。
ビワの葉茶は随時飲むようにしていただければいいのですが、「コップ5杯、1リットルは飲むようにしてください」とご案内しています。
まず朝起きたときに温かくしたビワの葉茶を1杯飲んでいただきます。それから、朝昼晩の食事の前に1杯ずつ、それから夜寝る2〜3時間前に1杯。
ただし、これは午後のおやつの時間でもいいのですが、それを習慣化していただいています。すると、お肌がきれいになります。また、お肌にブツブツが出るというのも抑えられます。

特に冬場にビワの葉茶を飲んでいただくと、春先の花粉症にも効果があるようです。
あるお客様は花粉症があまり強く出ないということで、「これをずっと飲んでいると花粉症がちょっと違うのよ」とおっしゃっています。ビワの葉茶を飲むと、体内の悪いものを外に出してくれるということを感じます。

ビワの葉茶を飲むと出涸らしができますが、これもいろいろなことに使えます。
例えば私は、チャーシューを作るとき、ビワの葉茶の出涸らしのパックを3個から5個、一緒に入れて茹でます。 そうすると肉独特の臭みが取れて、美味しくなります。
魚を煮るときも、味を付ける前にビワの葉茶の出涸らしを入れておきます。それから味付けをすると臭みが取れてなかなか美味しくなります。
出涸らしを料理に使う場合は、そのまま置いておくと悪くなるので、天日干しにしておきます。でも面倒とだと思う場合は冷凍にしておいても大丈夫です。

出涸らしのパックは、台所のシンクの掃除にも使えます。パックのままシンクを擦り、水を流してから乾いたタオルや雑巾で拭くとピカピカになります。フライパンの裏なども、出涸らしがちょっと湿っている状態で擦ってやると、結構汚れが落ちます。汚れがひどいときは洗剤を少しつけてもいいでしょう。
トイレの掃除にも使えます。水洗トイレの縁の奥は、なかなか掃除しづらい上に尿石がこびりついています。あそこにビワの葉茶の出涸らしがちょうどフィットするのです。手袋をしてビワの葉茶の出涸らしで擦っていると、くっついている尿石が取れてきます。擦った後は水拭きをするか、トイレ掃除用の流せるシートで拭いてあげます。そうすると、それほど洗剤は必要ありません。

それと、これは個人的にやっていることですが、歯磨きの前にビワの葉茶の出涸らしで歯の表裏を擦り、一度うがいをした後で、歯ブラシで歯磨きをします。そうすると歯磨き粉がほんの少量でもきれいに磨けます。
舌も出涸らしでなでて、上の汚れを掻き出すような感じにすると、口臭がかなり抑えられます。
本当にいろいろな活用法がありますから、ぜひ試してみてください。

◎シャローム西野
東京都品川区北品川1−24−20−603
TEL:080−3478−7146

◎「シャローム西野」に関する体験談

『ビワと健康』  2022年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 試して欲しいビワの葉茶の活用法
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。