アトピーの変色肌が再生

東京都品川区 シャローム西野

以前、ビワ温灸で内出血の跡が速やかに消えることを紹介させて頂きましたが、アトピー性皮膚炎でも同様に掻きむしって黒ずんだ肌が短期改善する例が多くみられますので報告させて頂きます。

男性、女性に限らずアトピー性皮膚炎で悩まれている方は多く、特に子供の頃から症状が続いている方の場合は、長年掻きむしってきた肌が黒っぽく沈着してしまっています。この黒ずんだ肌にビワ温灸を施すことで肌の色がきれいになったり、アトピー性皮膚炎の症状自体も改善されていきます。

もちろん改善には病歴等により個人差があります。
赤ちゃんの時に症状が出て、治療をうけて治ったと思っていたけれど、大人になって再発したケースだと改善も早く進みます。

ビワ温灸は湿疹がかさぶたになる程度にまで乾いていれば、普通に当てていけば収まりも速いですし、肌の色も見る見る蘇っていきます。
小さい頃からずっと症状が継続している方であっても、ビワ温灸をくり返して行えば大丈夫です。
但し、湿疹が出ている部位に施術する際にはコツが必要となります。
いきなり長く当てるのはNGです。

ただれた部位に当てるコツは、初めは温灸器を1秒くらいでパッ、パッ、パッと移動させていきます。
それをしていくと徐々に湿疹が乾いてくるので、次の段階として「大丈夫ですか?」と確認を取りながら、少し当てる時間を延ばします。大体、5秒が目安です。

さらに皮膚が乾いてくれば、もっと時間を掛けますが無理はしません。
初めから乾いている部位には通常と変わらずしっかり当て、3〜4回くり返します。
女性は、このやり方で皮膚の色がピンクがかった肌色に戻りました。

30歳の男性の場合は、症状が重く外耳全体、内側までびっしりと発疹が出来ていましたし、瞼は赤く腫れ上がり、赤ら顔の状態でした。
それでも彼は薬を使って治すことに抵抗があり、掻きむしりつつも我慢する生活を続けていました。
ビワ温灸を1回当てただけで耳の腫れは引き、色も変わっていきました。

また、目を閉じてもらって腫れた瞼にも短時間の施術をくり返すことで赤みが取れていきました。
彼は食事にも気を遣い、指示通り脂こいものは口にしないようにしていますし、定期的に通って施術を受けています。
最近ではアトピー性皮膚炎の特徴である赤黒い肌からピンクがかった肌色に変わり、順調に改善が進んでいます。

こうして複数の方々の施術を通じて感じるのは、ビワ温灸はアトピー性皮膚炎に対して炎症を取るとともに老廃物を流してくれるということです。
血行が良くなり、それに伴って老廃物の排泄が促されるようで施術後には皆さんトイレに立たれます。ある人は3、4回行かれています。

◎シャローム西野
東京都品川区北品川1−24−20−603
TEL:080−3478−7146

◎「シャローム西野」に関する体験談

『ビワと健康』  2015年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アトピーの変色肌が再生
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入