不妊症にビワ温灸を併用

東京都品川区 シャローム西野

不妊症の方の場合、整体で骨盤の起こし上げをしますが、ビワ温灸の併用が改善を早めてくれます。
家庭を持って7年が経っても子供が出来ないという女性(39)が来られ、1年ほどで妊娠されました。
うちに来られる前は、病院で不妊治療を行い、他の治療院にも行かれたそうですが、一度流れて焦っておられる様子でした。

体を触ると下腹部がとても冷えていました。
お腹もカチカチの状態で、基礎体温そのものが低く、朝も起きるのが辛いと仰っていました。
私が行う整体の観点では、まずは骨盤が倒れていることが問題で、そのままでは赤ちゃんが授かりにくいという判断になります。
そして、下腹部の冷えが問題です。妊娠しにくい人の多くは体が冷えていて、お腹がカチカチという点が共通しています。
この方には絶対にビワ温灸が必要だと感じて手技と併用するうちに徐々に基礎体温が上昇し、お腹も柔らかく変化していきました。

施術を始めて約1年、ようやく待望の赤ちゃんを授かることが出来ました。
少し残念なことに逆子でした。医師は生まれるギリギリまで待ったそうですが最終的に帝王切開となったということでした。
それでも初めての赤ちゃんですから喜びはひとしおです。うちに連れてきて下さいましたが、元気一杯の男の子で、ハンサムで可愛いお子さんでした。
ちなみに彼女曰く、「ビワ温灸は、おへそ周りと子宮の上が気持ちが良かった」とのことでした。

緑内障のケアにも活用

もう一つ、目の疾患の改善例をご紹介します。
この方は50代の男性で、5年前から定期的に通ってきて下さっています。

3年くらい前だったと思います。目が疲れやすく視界が段々と狭くなってきたとうことで病院で診てもらったところ緑内障であることが判明しました。
それからは、施術のたびにビワ温灸を目の周りやこめかみなど頭部全般に当てるようにしてきました。
気持ちが良くていつも施術中に寝てしまわれるのですが、何とかもっと改善しないものかと祈るような気持ちでいました。

半年前、ふと『瞼の上から当てたらどうだろう』という思いが湧いてきて、試してみました。
目を閉じているとはいえ眼球の上なので、じっくり当てるのではなく、秒数をカウントしながら短めにくり返すようにしました。
もちろん「百会」のツボや後頭部、首の付け根など目の疾患に関連する部位や全身にも当てましたが、とても好評で「施術後、目を開けた瞬間スッキリ鮮明に見える」とか「目の奥の重い痛みが和らいで見やすい」と喜ばれました。

かつては「目を開けるのも辛い」と嘆いておられましたが、最近は「視野が拡がり遠くまで見える。両目とも、とにかくクリーンに見える」と仰っているので、緑内障そのものを治すことは難しくても、辛い症状が和らいで良い状態が長く維持できるとすれば、有難いことだと思っています。

◎シャローム西野
東京都品川区北品川1−24−20−603
TEL:080−3478−7146

◎「シャローム西野」に関する体験談

『ビワと健康』  2017年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 不妊症にビワ温灸を併用