恵庭 はり灸樂真呂(らしんりょ)

北海道恵庭市泉町4−4 2F TEL:0123−34−3646


訪ねて話をするだけで気分が晴れて元気になれる・・・。やさしい笑顔と気取らない懸命さが、病んだ心身を癒しの世界へと誘ってくれる。

気さくで熱心な及川真澄院長には、親身の言葉が相応しい。距離のない治療家である。
お昼休みや休日を返上し、往診に出かけることも厭わない。

最善を目指して取り組む治療にビワ温灸が併用され、着実に実績を上げている。
話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    子供の頃、家族や周りの人にマッサージをして喜ばれ、漠然とそういう道に進みたいと思っていました。
    高校生のとき専門学校を見学した際、腰や膝の疾患に対して手や足のツボを用いて改善を図る東洋医学の神秘かつ優れた技術に触れ、『自分も勉強して困っている人の役に立ちたい』と入学を決めたのが直接のきっかけです。

  • 樂真呂(らしんりょ)の意味は?
    樂は、体が楽になることと、ガンの方の緩和ケアとして時々弾かせて頂いているお琴による音楽療法を楽しんで頂くことを合わせました。
    真は、私の名前・真澄の一字であるとともに、真の音読みと鍼の音読み、シンを重ねました。
    呂は、伴侶のリョです。患者さんにとって当院が良き伴侶となれるよう願ったものです。
    同時に呂には背骨という意味があり、背骨の調整を行なうことを表しています。
    はり灸治療を通じて心身に響き渡るよう願いを込めた名称です。

  • 施術の特長は?
    通常のはり灸治療に加えカイロプラクティックの技術による背骨の矯正を行なっている点です。
    また、はり治療とビワ温灸の併用も特長です。美容鍼は、女性に喜ばれています。
    もう一つの特長は、往診です。ガンの方、高齢で外出が困難な方、小さいお子さんがいて出られない方などを訪ねています。
    高齢者の施設や緩和ケア病院に出向くこともあります。
    女性のはり灸師ということでブログを見て来られる方も少なくありません。
    ペットにビワ温灸を行なっていることも珍しいようです。

  • ビワ療法の利点は?
    鍼が苦手だったり、お灸は熱いというイメージを持たれている方が、ビワ温灸の心地好さを体験されることで、はり灸に対する恐怖感が払拭されることがあります。
    鍼には鍼の気持ち良さがあり、ビワ温灸には温める効果があり、よりリラックス出来ます。
    季節の変わり目などは自律神経が乱れやすくなりますが、鍼とビワ温灸の併用で改善しやすくなります。
    冷えや不妊症対策でも有効です。

  • 改善例は?
    全身転移ガンの症状の緩和、幼児の中耳炎、冷え症、高齢者の膝下のむくみ、股関節の痛み、肩こり、変形性膝関節症、胃腸の不調、犬の膀胱結石、犬の角膜ジストロフィー等々、多岐に渡ります。

  • 信条を一言。
    お一人お一人がご自身の病の原因について気づきを得られ、健康を取り戻し、笑顔になって頂けるよう、親身になってお話を伺い、治療に取り組むこと、それが私の信条です。
    皆さんが前向きに希望を持って頂けることを願い、お役に立てるよう心がけてます。

◎樂真呂(らしんりょ)の前身「恵庭北療院」に関する体験談 ◎樂真呂(らしんりょ)に関する体験談 『ビワと健康』  2015年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 恵庭 はり灸樂真呂(らしんりょ)
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入