顔面神経まひに有効

北海道恵庭市 恵庭北療院 及川真澄 鍼灸師


顔面神経まひの女性(59)が初めて当院に来られたのは2年ほど前です。

顔の左側が全体的に下がっている感じで、左目は瞼が完全に覆い被さって開かない状態でした。

顔の筋肉が目に向かって集中するのと口もとが敏感になっている感覚が辛いそうで、病院にも行かれた様子でしたが、大きな改善はなかったようでした。

当初、半年くらいは鍼のみで治療を行いました。週3回通われ、症状が芳しくないときは週4〜5回、ときには毎日来られる週もありました。 九州出身の方ですからいくら年月を経ても北海道の寒さは厳しく、特に冬の風に当たると敏感に反応してしまうとのことでした。

半年経ってから遠赤外線のビワ温灸を併用しました。鍼を打った後でビワ温灸を当てる場合と、まずビワ温灸で温めてから鍼を打つ場合がありますが、通常はビワ温灸を先に行う方がリラックスできて鍼治療もスムーズに行えます。

ビワ温灸は左右に行います。目の周りは勿論ですが、耳を温めると「鼻の奥に響いて通りが良くなり臭いがちゃんと感じられる。口もとも動かしやすい」と喜ばれます。

また腹部が冷えており、胃が痛いと言われた時に鍼による経絡治療とビワ温灸を行ったところ、「顔にも響きが感じられる」と言われました。 腹部の取穴は、「中脘」「天枢」「関元」「神闕」等です。
いつも来院時は顔色が青白いのですが、治療が終ると赤みが出て明るい表情になられます。

ビワ温灸を併用し始めて半年くらいの間に徐々に左瞼が上がってきましたが、やはり寒くなると厳しくなることもあり、ほぼ支障がなくなるまで1年くらいかかりました。

現在は、非常に寒いこの季節にも拘らず目はパッチリ、口の開きも良くなっておられます。
ご本人は「お腹に当てるようになってから急激に楽になったみたい」と振り返られます。東洋医学の見地からも冷えを取ることは非常に重要で、ビワ温灸を併用したことが改善に導いたと感じています。

美容鍼灸でも併用

また当院では美容鍼灸も行っています。シミやシワの気になる方や目が疲れている方などに鍼を打つのですが、これにもビワ温灸が活躍しています。

ビワ温灸の併用によって「肌のツヤが良くなった」とか「目の下のクマが薄くなった」と言われる方や、「口の横のホウレイ線が薄くなった」と言われる方もいて、皆さん喜んでおられます。

目の疲れにも効果的で、男性でもパソコンに向かう仕事の方が試され、「疲れがすごく取れる」と気に入られ、継続して通われるなど好評なのです。
症状の重軽に拘らず、鍼とビワ温灸の組み合わせは大変効果的だと思います。

◎恵庭北療院(現・恵庭 はり灸樂真呂)(ご紹介はこちらです)
北海道恵庭市泉町4−4 オワドリームビル2F
TEL:0123ー34ー3646

◎「恵庭北療院」に関する体験談 ◎樂真呂(らしんりょ)に関する体験談 『ビワと健康』  2010年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 顔面神経まひに有効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入