全身転移ガンの症状が緩和

北海道恵庭市 恵庭北療院 はり灸 楽真呂 及川真澄 院長

ガンが全身に転移し、腹水が溜まっていた女性(49)に改善が見られているのでご紹介します。

この女性は右の乳ガンが原発巣で、2009年に全摘手術をされています。
その後、定期的に病院で検査を受けておられましたが、2013年に肺、肝臓、骨、リンパへの転移が判明し、抗ガン剤や放射線による治療を施されました。

ビワ温灸を調べ、当院を訪ねて見えたのは、一昨年7月中旬のことです。
ご自分で車を運転して来院されましたが、お腹は腹水でパンパンに張り、顔色も良くない状態でした。

ガンに伴う体の痛みとお腹の張りが特に辛いらしく、食欲も湧かず、具合の悪い日が続いていたため「少しでも楽になれば・・・」とのことでした。
すらっとした体型ながらお腹だけがポコンと出て、触診では硬い塊が膨らんでいるような感触でした。
当院では、症状に合わせて鍼とビワ温灸を併用した治療を行なっています。
この方の場合、鍼は経絡治療としてお腹や手足に施し、ビワ温灸はお腹と背中を中心としつつも、水抜きの目的で足裏に、また骨にも転移していたのでそれに関係するポイント等にも当てていきました。
初回の治療が終わり、着替えをされながら「すごくお腹が軽くなり楽になりました」と話されました。
確かにお腹の張りが幾分緩み、少し柔らかくなっている感じがしました。

3日空けて2回目の治療に来られた際は、「また辛くなってきました」と言われました。
3日空けたことでお腹は再びパンパンに戻っていたのです。
それ以降は、毎日のように鍼とビワ温灸の治療を続けられ、その甲斐あって徐々にお腹の張りは取れていきました。
8月に入るとビワ温灸器を購入されて、ご自宅でもご自分で手の届く範囲を当てるようになられました。
もちろん、当院での鍼との併用治療も継続されました。

8月12日、ほぼ1ヶ月が経過した時点で、「すごく目覚めも良いし、動けるようになってきました」と喜ばれました。
この間は「熟睡出来ました」と言われる日もあれば、「今日は辛いです」と言われる日もありました。それでも徐々に改善し、お腹も正常なレベルにまでへこんできたのです。
お盆前にお友達との旅行の計画があり、体調が悪くなるのではないかと心配され、食事にしても見ているだけできっと食べられないだろうと諦めていたそうですが、幸い元気に参加され、「食事も美味しく頂けました」と笑顔で報告して下さいました。
7月26日の検査では3,500だった腫瘍マーカーは、8月に入って2,800まで下がり、体調の変化を数値が裏づけていました。

家族で温灸器を愛用

8月末、緩和ケアの充実した病院に移られました。そこの医師はホリスティック医学で著名な帯津良一先生などとも交流のある方で、ビワ温灸を行なっている旨を伝えると「是非、続けて下さい」と理解を示されたそうです。
9月に入り「夜、足が火照る感じがしてきました」と言われました。
治療を始めた当初は、手足の冷えを尋ねても「よくわかりません」という返事でしたから、ビワ温灸を続ける中でようやく冷えを自覚出来る体になられたようでした。
この方は犬を飼っておられ、試しにビワ温灸をしてみたところ、そのワンちゃんも気に入ったようで、温灸器を取り出すたびに擦り寄ってきて、当ててもらおうと待っているのだそうです。
また、ご主人に肺ガンが見つかり、ストレスが原因ではないかと話しておられましたが、ご主人もビワ温灸を当てるようになられ、ご家族で愛用しているとのお話でした。

9月までは当院に通われ、暫く連絡がなかったので心配していましたが、お姉さんを通じて「すごく顔色がよくなり、体調も良くて、よく一緒に食事をしていますよ」と教えて頂きました。
この方は元来、非常に意欲的で、食事についても意識が高く、気をつけておられます。
ガン自体良くなるのではないかなと思えるような意気込みで、私まで元気にさせられる雰囲気を持っておられます。
今後もビワ温灸を愛用され、より改善が進まれることを願っています。

最後に、この方における鍼の取穴の概要をご紹介します。
鍼は、「中脘」「天枢」「関元」「百会」「太衝」「足三里」。冷えには腎経ラインの「太渓」、「崑崙」の辺りを両方から打ち、また、胃や骨の痛みの症状には、例えば手だと「合谷」などにも用いました。
ビワ温灸と重なるツボが沢山ありました。
施術の手順としては、まずビワ温灸を行ない、次に鍼を打ち、さらに被せるようにビワ温灸を行なう形を多くとりました。
痛みの緩和やお腹の張り、食欲、腫瘍マーカーの改善など具体的な変化が得られているので希望をもって前向きに取り組めていることが良いと思っています。

◎恵庭北療院 はり灸 楽真呂(らしんりょ)(ご紹介はこちらです)
北海道恵庭市泉町4−4 2F
TEL:0123−34−3646

◎「恵庭北療院」に関する体験談 ◎樂真呂(らしんりょ)に関する体験談
『ビワと健康』  2015年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 全身転移ガンの症状が緩和
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入