犬の膀胱結石が消えた!

北海道恵庭市 恵庭北療院 及川真澄 鍼灸師

当院では、通常の治療とともに往診のかたちで犬を訓練する施設に出向きドッグトレーナーやそこに来られる飼い主さんを対象に鍼やカイロプラクティック、ビワ温灸といった施療を行っています。

数年前、月刊『ビワと健康』に犬の病気がビワ療法で改善した症例が紹介されていました。ビワ温灸はとても気持ちが良く、様々な症状に有効な療法です。

人間ばかりでなく動物にも同様に活用できればいいなと思って同施設に掲載紙を持参したところ「機会があればうちのワンちゃんたちにも・・・」とのお話でした。

今年3月末、偶然ワンちゃんにビワ温灸を行うこととなりました。
その施設に通うロングコートチワワのイヴ君(5)が膀胱結石を患って、飼い主さんからご相談を受けたのです。

発症時は少量の出血が見られたそうです。どうぶつ病院で膀胱結石と診断され、抗生物質と漢方薬が処方されたのですが、獣医から「薬を飲んでも石はなくなりません。これ以上大きくならないようにするだけです。あとは手術しかありません」と言われて悩んでおられました。
小型犬にとって手術がもたらす体へのダメージは大きく、寿命が縮むことも懸念されるそうです。

幸いなことに飼い主さん自身、ビワ温灸は体験済みでした。肩こりや眼精疲労などで鍼やカイロに加えて何度かビワ温灸も受けておられ、特に疲れたときなどは「ビワ温灸もして欲しいな」とおっしゃられるほどだったので、「人間でも結石が良くなっている例がありますよ」とお話しするとすぐに試してみることとなりました。

元気のないイヴ君は初めてのビワ温灸に戸惑い気味で「何をするんだ!」という顔つきでしばらく固まっていました。それでも飼い主さんにダッコされ、ビワ温灸を受けているうちに気持ちが良くなったらしく次第に眼がトローンとしてきました。

背中やお腹を中心にビワ温灸器を数秒ごとに移動しながら当てていきましたが、『人間だったら当然足裏は外せないな』と考え、イヴ君の足裏(肉球)と足の甲も挟み込むようにして施療しました。
チワワの小さな足裏ですから温灸器でスッポリと全部が隠れてしまいます。しかし、あくまでも取穴のイメージは「湧泉」と「太衝」です。

体躯が小さいのと時折動いてしまうこともあって5分ほどでビワ温灸は終わりにし、「良くなるといいねえ」とイヴ君の顔を眺めながら二人で話しました。
その僅か数日後でした。病院で検査を受けたところ結石は消えていたのです。獣医から「石はなくならない」と断言されていただけに驚きでした。

獣医の言葉通り薬に石を取る作用がないとするならば、ビワ温灸しか理由が見当たらないのです。
結石が消え、イヴ君は元気になりました。元気にはなりましたが、予防も含めて4月にも1回ビワ温灸を行いました。彼は前回のビワ温灸が心地好かったのを覚えていたようですっかり身を任せ、その姿は可愛いものでした。
5月になって膀胱炎が見つかったそうですが、結石はなかったとのことでした。

今回、ワンちゃんの如実な改善を目の当たりにして、動物も人間と同じように定期的にビワ温灸を続けて体をケアしていくといいだろうなと感じました。

◎恵庭北療院(現・恵庭 はり灸樂真呂)(ご紹介はこちらです)
北海道恵庭市泉町4−4 オワドリームビル2F
TEL:0123−34−3646

◎「恵庭北療院」に関する体験談 ◎樂真呂(らしんりょ)に関する体験談 『ビワと健康』  2011年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 犬の膀胱結石が消えた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入