自分でできるビワ温灸(腱鞘炎)

ビワの葉温熱療法講座(応用編 4)

ビワの葉温熱療法普及会 諌山正博 講師

自分一人で出来るビワ温灸の当て方をご紹介します。今回のテーマは「腱鞘炎」です。

ぜひ覚えておいていただきたいのが、腱鞘炎などの温灸器の使い方です。

足に当てる場合は両手を使って挟めばよいのですが、腕に当てる場合は片手だけになるので挟むことができません。そんな時、温灸器の台(スタンド)が役に立ちます。

例えば左手がばね指だとすると、まず片手で肩の痛い箇所、凝りのある箇所に当てていきます(写真 法
右の写真は撮影の都合上、服を着たままですが、実際にする時は必ず皮膚に直接当ててください。

次は肘。ここには孔最や曲池といったツボがあります。
台の上に温灸器を一つ置き、その上に肘を乗せます。その上からもう1個の温灸器を痛い箇所、凝りのある箇所に当て、上下ではさむようにします(写真◆法

それから同じようにして手首の凝りのある部分を上下で挟みます(写真)。

そしてばね指になった硬直している部分に当てます(写真ぁ法

こうやって、台を使うことで一人で当てることができるのです。
指圧師やリフレクソロジーをしている人、手作業を多くする人などは意外と腱鞘炎になったりばね指になりやすいので、この使い方を覚えておくと便利だと思います。

手順としては肩、肘、手首、そして指先という順で、肩をよく温灸すると手の先が温かくなってきます。
腕が中心ですから、15分もあれば十分で、あとは回数を増やしていけばいいと思います。

◎ ビワの葉温熱療法講座(応用編) ◎ ビワの葉温灸基礎講座
『ビワと健康』  2023年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワの葉温熱療法講座(応用編) > 自分でできるビワ温灸(腱鞘炎)
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。