自分でできるビワ温灸(冷え)

ビワの葉温熱療法講座(応用編 1)

ビワの葉温熱療法普及会 諌山正博 講師

自分一人で出来るビワ温灸の当て方をご紹介します。今回のテーマは「冷え」です。

冷えの場合、お腹と腰に当てるのが大事です。
後は足にやりたければやっていいのですが、最初から足に当ててはダメ。熱を保つのは腰で、その中心が腎兪です。ですから、どんなに足にかけても、数分で熱が抜けてしまいます。逆に、しっかり腰にかけておくと、熱が抜けません。

温灸の当て方としては、まず腰から。手が届く範囲でいいのですが、腎兪までなら体の硬い人でも届きます。熱くなったら温灸器の幅(約5センチ)だけ下に移動し、また熱くなったらさらに移動します。そして仙骨の際にある中膂兪(ちゅうりょゆ)まで、ここを何度もかけます。

次に腹部に当てます。まずおへそ(神闕(しんけつ))の両側にある‥型、そこから下に移動して大巨、水道、ご惴機Φこぁ↓タ戦蹇中脘(ちゅうかん)の順でかけていきます。これを繰り返すとお腹が温まります。
そして、最後、足が冷たい人は○三陰交と照海、○太衝と湧泉に好きなだけかけてください。(足のツボはこちら

時間的には腰を10分、お腹を10分、足を5分ぐらいでいいでしょう。もっとやってもいいのですが、全体で40分ぐらいに。
これをすると冷えにはかなり効果があります。特にお腹は病気の一番の根本ですから、‥型→大巨→水道→ご惴機Φこあタ戦蹇γ脘、これの繰り返しを覚えておくといいでしょう。

お腹は病気の一番の根本なので、冷え性だけでなくガンやリウマチ、便秘、喘息、体力が落ちていて疲れやすい人などにも効果的です(ただし、喘息は背中も重要)。

そして、ビワ温灸を当てるときは、必ず直接皮膚に当てること。ときどき「服の上から当ててもいいですか?」と聞かれることがあるのですが、衣類の上からでは衣類にエキスが吸われて効果がありません。必ず直接当てるようにしてください。

◎ ビワの葉温熱療法講座(応用編) ◎ ビワの葉温灸基礎講座
『ビワと健康』  2023年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワの葉温熱療法講座(応用編) > 自分でできるビワ温灸(冷え)
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。