他の療法との併用が有効な症例

ビワの葉温灸基礎講座(6)

ビワの葉温熱療法普及会 諌山正博 講師

今回は他の療法と併用したほうが効果的な症例について紹介します。

  1. 皮膚科系では、代表的なものにアトピー性皮膚炎があります。
    アトピーの施術で湿疹のある患部に直接当てる人がいますが、これは絶対にやめて下さい。禁忌です。とても熱く、却って悪化を招くことになりかねません。
    アトピーの場合は、腎兪(じんゆ)(腰)、肝兪(かんゆ)(背中)、下腹部、そして脚部に当てて下さい。特に腎経のツボがお奨めですが、重度だとビワ温灸だけでは根気が必要です。
    アトピーの原因は食事、水、空気、ストレス等々複雑で、個体に合った施療方法を見い出すことが大切です。
    ビワ温灸では、冷えを取る、代謝を高めて排尿、排便を促す、肝機能を強めていく等が出来ます。
    ビワの種を併用するとなお良いでしょう。
    症状が軽ければ、ビワ化粧水とビワの葉風呂の併用をお勧めします。
    化粧水は1日何回塗っても構いません。
    ビワの葉風呂はお湯を柔らかくし、皮膚疾患の人にはお奨めです。
    もちろんお風呂上りにもビワ化粧水です。

  2. ガンもアトピー同様、患部を追ってしまいがちです。ガン細胞は熱に弱く、ビワの含有成分アミグダリンが効くという理由から患部に当てたくなるわけです。
    もちろん、ガンが小さいうちや気持ち良く感じる場合は、患部に当てても構いません。
    しかし、ステージ靴筬犬砲覆襪函熱くて耐えられないことがあります。乳ガンや大腸ガンなどで患部がパンパンに腫れた状態では、患部は熱を嫌がり、反発し、いわゆる”ガンが暴れる”現象が起きてきます。
    ガンが熱に弱いのは事実ですが、局所を攻めるのではなく基礎体温を上げることの方がもっと重要です。
    ガンの方の多くは体温が35℃〜36℃ちょっとと低めです。基礎体温が0.5℃とか1℃上がると、免疫は急激に高くなるといわれます。
    熱を司る腰(腎兪(じんゆ))と下腹部に当てて下さい。
    当てる回数は朝昼晩、1日3回くらいが良いでしょう。所要時間は1回につき40分目安です。1時間を超えると疲れることもあるので、自分の体力と相談しながら続けましょう。
    また、ガンは血液を浄化することが大切です。低カロリー、低蛋白、低脂肪が良いとされ、食事療法がとても有効です。
    加えて運動です。特に汗をかくこと。発汗は排毒です。アトピーの人にも必要なことです。

  3. 循環器系では、高血圧があります。高血圧は血液中のコレステロールや生活習慣に拘わる疾病です。ビワ温灸の温熱は主に代謝に働き、コレステロール値を下げる働きはありません。
    食事の影響が大きいので食事療法が有効です。
    ビワ温灸では高血圧で生じる首や肩のコリを取ることは可能です。

  4. 糖尿病も、血液中の糖の問題です。ビワ温灸では血糖の調整は出来ませんから食事療法や運動療法が有効です。
    血糖値が高い人は熱感が悪く低温火傷をする可能性があり施術には細心の注意が必要です。
    特に足は要注意。本人が長めの施術を希望しても温灸器は早め早めに移動することです。
    むしろ、ビワの葉茶やビワの種、ビワ酢での改善例が出ています。
◎「ビワの葉温灸基礎講座」
『ビワと健康』  2013年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワの葉温灸基礎講座 > 他の療法との併用が有効な症例
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入