アトピー症状が短期改善

宮崎県宮崎市 江平カイロプラクティックオフィス 長友明美 さん

アトピー性皮膚炎で20年間苦しんできた女性が、ビワ療法により短期間で改善した例があるのでご紹介します。

この女性は、現在22歳。
2歳のときに症状が出始め、今日に至るまで病院での治療はもちろん漢方薬や健康食品など、ありとあらゆるものを試してこられたそうです。

しかし、どれもこれも改善といえるほどの効果は得られず、ほとんど諦め状態でうちに来られました。
「何人か良くなっている人がいますよ。とにかく、3ヶ月試してください」 そう励まし、彼女のアトピー改善の糸口がどこにあるのかを模索しました。
会話の中で分かったことは、白米から玄米に切り替えたり調味料を自然のものに変えるなど食事にはある程度気を使っているものの、まだ不十分だということでした。

アトピーの改善にはどうしても食事の量と質が問われます。
例えば、牛肉はダメだが鶏肉なら大丈夫。豚肉なら1日100グラムまでなら許容範囲。玉子は1日2個まではOKでも3個はダメ…等々、個々人によって症状が現れる基準が異なるのです。
彼女は肉や卵料理が好きで摂取量に対する意識があいまいだったのです。
これについては栄養学の観点から私の夫にアプローチしてもらいました。

また、どんな治療を行うにも治癒に至る期間が漠然としていては途中で息切れしたり、場合によっては挫折もします。
それで、「3ヶ月だけでいいから」と期限を切ったのです。
3ヶ月は頑張ることが可能で、しかも程度の差こそあれ改善も見込める期間だからです。
それでも、延岡市在住の彼女が通うには片道2時間を要しました。
おそらく「今度こそ」という強い思いがあったのでしょう。仕事も辞めて通うことを決めました。

アトピーの症状は両足のすねや足首に強く出ており、ほかにも首回りや手にもみられ、小指の付け根はグジュグジュしていました。
施術は、まず遠赤外線のサウナに入ってもらい、次にビワエキスをたっぷり塗ってビワ温灸を行い、さらに美顔マッサージによる角質取り、超音波と続き、最後にローラーマッサージで休息という1時間半の行程を毎回行いました。
彼女が驚いたのは、汗をかいても痒みが出ない遠赤外線サウナの特徴と、サウナとビワ温灸が終わると皮膚の色がきれいな肌色にかわっていることでした。

初めの1ヶ月は週2回通ってもらいましたが、4回目の施術が終わった時点で黒ずみと赤ずみになっていた首の後ろが正常な肌色に戻り、若い女性だけにたいそう喜ばれました。
また、施術と併せて食事療法の一環としてビタミンCとフィッシュオイルの服用を始めたことも改善の要因になったと思います。
2ヶ月目に入ると週1回の施術としました。
施術開始から1ヶ月半が経過した12回目の施術時には首も足もすっかり改善していました。

しかし、改善が順調に進むと気が緩むのが人の常です。
2ヶ月が経過した頃に食事がいい加減になり症状がぶり返しました。
あまりに顕著な反応に彼女も食事の重要性を改めて実感した様子でした。
3ヶ月目に入って、「自宅でもやりたい」と希望され、遠赤外線サウナビワ温灸器を購入されました。
毎日、お風呂上がりに患部にビワ温灸を当てるという彼女は、「私の肌がきれいになっていると先生が喜んでくれるから」と笑顔で報告してくれました。
このころになると症状らしい症状はなくなり、当初約束した3ヶ月を待たずしてうちに通う必要がなくなりました。

本人とともに心を痛めておられた家族の方にも感謝の言葉をいただきました。
ビワ温灸を柱とした療法によって短期間で改善を得て、失いかけていた希望を見出し、自分で自分の健康を管理する術を得てもらえ本当によかったと思っています。

◎江平カイロプラクティックオフィス (ご紹介はこちらです)
宮崎県宮崎市江平東町9−17
電話:0985−35−7708

◎長友明美先生へのインタビュー
◎「江平カイロプラクティックオフィス」に関する体験談 『ビワと健康』  2002年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アトピー症状が短期改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入