強皮症の痛みにビワ温灸

宮崎県宮崎市 江平カイロプラクティックオフィス 長友明美 先生

現在、強皮症(全身性硬化症)の方が二人来られています。それぞれに良い経過を辿っていますのでご紹介させて頂きます。

強皮症という病気は膠原病の一つで、手指の皮膚から始まって腕、胸、そして全身の皮膚や内臓にまで徐々に硬化が進む難病です。
昨年12月に発症した女性(50代半ば)は、数年前、うちに来られて遠赤外線サウナやビワ温灸を体験したことのある方でした。

ただ、そのときは強皮症を発症するずっと以前で、これといったニーズもなく、施術をうけても「あんまり・・・」といった反応でそれきりになっていました。
ところが今回は『他にやれることはない。これに賭けるしかない』という深刻な面持ちで訪ねてみえたのです。
もちろん病院にかかってステロイド薬を服用中でしたが、彼女は薬に依存することに不安を感じておられました。

症状としては、手指がむくんで目で見ても判るほど膨らみ、痛みと痺れが出ていました。
夜中に痛みで目が覚めたり、家事をしていても物を落としてしまったり、料理をしている途中で痛みが激しくなって食事を作れなくなったりと、辛い思いをされていたのです。
それでも炊事はしないわけにはいきません。ステロイド薬に頼らざるを得ず、先が見えない状態だったのです。うちではまず遠赤外線の全身サウナに入って頂き、十分に体を温めたうえでビワ温灸を施します。
この方は3ヶ月間、毎日通って来られました。
ビワ温灸器も購入されてご自分でケアも始められ、症状が落ち着いて一山越えた感じになりました。

とはいえ、初めは容易ではありませんでした。体に冷えがあり、サウナに入っても汗腺が開かず汗が出づらかったのです。
初めの何回かは施術を終えて帰るころにはすっかり症状が戻ってしまって「あんなに頑張ってやったのにこんな感じなの」とがっかりされるほどでした。
それでも2回、3回と続けるうちに「あっ、これは効いているな」と感じさせるのがビワ温灸のすごいところです。
回を重ねるにつれ、1時間、3時間、半日、1日と症状の戻りの時間が長くなり、確実に痛みが緩和し、夜眠れるようになり、それらに伴ってステロイド薬も減らせるようになっていきました。

もう一人の女性(60代前半)は、週2回の施術を1ヵ月半続け、かなり改善が進んで様子を見ながら週1回に切り換えるところまで来ています。

この方の場合、強いストレスが病気に影響を及ぼしている感がありました。ストレスを解消する意味でも家族間で言えなかったことを言えるようにアドバイスし、ストレスが緩和したことも改善に繋がっていきました。
当初、東京で行なわれる姪子さんの結婚式には皆に迷惑をかけるからと頑なに拒んでおられましたが、順調に症状が改善し、無事に参席されることが出来ました。
お二人とも共通するのは若いころバリバリと働かれていたことです。
また、お肉中心で野菜や果物をあまり摂取しない片寄った食事であったり、職場のスーパーで立ちづくめでレジ打ちをしながら体を冷やしたりと、よくガンにならなかったなと思えるほどの話でした。

うちでは必ず遠赤外線のサウナとビワ温灸を併用していますが、サウナを使って体を温めると1回の施術で2回分くらい効果が得られます。
体を温め、毒素を排泄することはガンに限らず非常に大切です。

◎江平カイロプラクティックオフィス(ご紹介はこちらです)
宮崎県宮崎市江平東町9−17
TEL:0985−35−7708

◎長友明美先生へのインタビュー
◎「江平カイロプラクティックオフィス」に関する体験談 『ビワと健康』  2013年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 強皮症の痛みにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入