パーキンソン病が改善

宮崎県宮崎市 土居ミドリ さん (68歳)

私は平成5年5月、58歳のときにパーキンソン病の診断を県立病院でうけました。
主な症状は以下のようなものです。
  1. 手が震える。
  2. 背中が曲がり始める。
  3. 歩行困難。足が重くなり引きずって歩くようになる。
  4. 背中、腰、足に痛みがあり、睡眠不足となる。精神安定剤を使用するようになる。
現代医学では薬の投与以外に治療法はありませんでした。
このような生活を10年間送ってきて、一生このまま悪くなるだけの生活を続けるのかと思うと暗い気持ちになりました。
しかし、今年の4月に姉からビワ温灸を紹介されて以来、将来に明るい希望を抱くようになりました。
4月の初めから1週間に1回、長友明美先生(※ご紹介はこちらです)に自宅に来ていただき、ビワ温灸の施療を受けることにしました。
また、電気のホットパックを購入し自分でも施療を続けました。
これは、以前『ビワと健康』に紹介されていたやり方で、ビワエキスを振りかけたキッチンペーパーを背中や腹部の上におき、その上にラップを被せ、ホットパックをのせて温めるというものです。
皮膚から直接、ビワエキスの成分であるアミグダリン(ビタミンB17)が浸透し、ビワ温灸と同様の効果を得ることができます。

まだ、7回しかビワ温灸の施療は受けていませんが、この1ヶ月半で見違えるほど身体が楽になりました。
まず、腰、背中の痛みがなくなりました。痛みがなくなったので熟睡できるようになりました。
これだけでも大変嬉しいことですが、もっと嬉しいことは以前は大きな鉛のおもりでも付けているように感じていた足がスッ、スッと動いて歩けるのです。
手と足が自然に動き出して踊り出したくなるような気分とはきっとこんなことを言うのでしょう。大きな希望が湧いてきました。
さらなる改善を目指してビワ療法を続けたいと思っています。

『ビワと健康』  2002年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > パーキンソン病が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入