末期ガンの痛み抑制

宮崎県宮崎市 山田ミヨ子 さん (74歳)

私の夫は平成13年9月6日に検診を受け、もはやどんな治療もできないほど進行した胃ガンで余命3ヶ月と宣告されました。
9月20日にホスピスに移りました。

日頃からビワ温灸の指導を受けている長友明美先生(※ご紹介はこちらです)に、夫に対してどのようにケアをしたらいいのかアドバイスを受けました。
ビワの葉に含まれるアミグダリンにはモルヒネのような鎮痛作用があるので末期ガンの患者でも痛みを軽減することが多いと教えていただき、私はこのアドバイスを信じ、夫を末期ガンの苦しみから少しでも介抱してあげたい一念でビワ温灸をしてあげることにしました。

ホスピスですから何の治療もありません。家族は好きな療法をしてあげることができるのです。
私は夫に24時間付き添っていました。できる限り1日3回、1回につき1時間を目標にして午前、午後、夜の3回ビワ温灸をしました。
夫は、婦長さんに「これをすると身体が温まり、夜もよく眠れます」と話していました。
ビワ温灸のほかに夫に喜ばれたのは足の温冷浴でした。気分はさらに良くなり、そういうときには「おもい切り 吐きたい 胃の血 秋の空」という俳句を作ったりしていました。

末期ガンの痛みが出ない!

ビワ温灸を続けるうちに驚くべきことが起こりました。
お決まりの、出るべきはずの末期ガンの最後の痛みが出ないのです。
毎朝回診に来られる先生は不思議がって、「ほんと〜に、痛みはないのですか?」と何回も念を押されるのです。
夫はベッドに座り、「全然痛みはありませんよ」と得意げでした。
先生や看護婦さんたちは、「山田さんのように末期で痛みのない患者さんは本当に珍しい。初めてです」としみじみおっしゃっていました。
夫は、「ありがとう。ビワ温灸とても気持ち良かった。あなたに心から感謝している」と言ってくれました。

夫が少しも苦しまずに安らかに最期を迎えられたことは本人だけでなく、家族もどれほど救われたか知れません。ビワ温灸のおかげです。
ビワ温灸を知らなかったら夫に何もしてあげられなかっただろうと思うと、本当にビワ温灸と出会えて良かったと感謝の気持ちでいっぱいです。

『ビワと健康』  2002年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 末期ガンの痛み抑制
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入