五十年来の胃腸病が改善

大分県西国東郡 堀内美智恵 さん(73歳)

昭和29年のことです。隣人がきぬ貝を酢醤油で美味しそうに食べているのを見て、私も食べたくなり、魚屋さんから買ってきて食べたところ、疫痢になってしまいました。
治療のためにクロマイの薬を3ビン飲みました。
それ以来、胃腸の調子がおかしくなり、いろいろな治療法を試してきましたが、何をしても効果なく、今日まで50年間苦しんできました。

私は23年間病院で働き65歳で退職しました。退職して7年経ちますが、この7年間も毎日下痢で、夜だけでも2、3回は下痢で起きる日々でした。
病院で検査しても胃腸に問題はないといわれるのですが、それでも毎日下痢が続き、何を食べても夜は決まってトイレに行くのです。
ガンではないかと不安になってきました。

退職するころまで棒もぐさを使うビワ温灸をやっておりました。
確かに気持ちが良く、疲れも取れて良かったのですが、ただ下痢は全然良くなりませんでしたので、7年前にやめてしまいました。
何かいい治療法はないかと探しているとき、昨年の8月に友人から遠赤外線を用いたビワ温灸器を紹介されたのです。
ビワ温灸の良さ自体はわかっていたので、早速器具を購入しました。
以前使用していた棒もぐさの温灸と違って、煙も臭いもないことがまず気に入りました。
そして、もぐさを使わないので安全で経済的で、なんといっても面倒くさくなく簡単に使えることから毎日主人と一緒に温灸をしてきました。
嬉しいことに2ヶ月経つころには下痢をしなくなり、すっかり胃腸の調子が良くなったのです。
こんなに速く効果が出るとは思っていませんでしたので、本当にビワ療法の素晴らしさに驚きました。
50年間苦しんだ下痢から解放されたのですから、もう毎日が嬉しくてなりません。
このビワ温灸器を紹介してくれた友人に感謝しております。一人でも多くの人に、この素晴らしいビワ療法を紹介したいと思っております。

◎江平カイロプラクティックオフィス (ご紹介はこちらです)
宮崎県宮崎市江平東町9−17
TEL/FAX:0985−35−7708

『ビワと健康』  2005年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 五十年来の胃腸病が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入