乳ガンの術後ケアに活用

宮崎県宮崎市 前田茂子 さん (54歳)

私は5年前に乳ガンを発症し手術しましたが、その1年前に左胸が熱を持ってパンパンに腫れ、それこそ胸を切り取りたいくらいの激痛に襲われました。

高熱は1週間ほど続きました。病院の診断は「何か細菌による炎症でしょう」とのことで抗生剤が処方されました。
内服薬で症状は落ち着いたのですが、小さなシコリがあったのです。しかし、その時点では「乳ガンではない」と言われ、様子を見ることになりました。

3ヶ月に1回検査をうけるうちにシコリに膿が溜まっていることがわかり、小さなメスで切除しました。そうした検査を1年間続けた結果、最終的に「やっぱりシコリはガンでした」と言われたのです。
ショックでした。早期発見が大切といわれているだけに『誤診ではないか』との思いが募りました。

しかし、精神的なダメージが大き過ぎて別の医師を探す気力も湧かず、『とにかく手術を受けるしかない・・・』と不本意ながら身を委ねました。
シコリの大きさは2cm〜3cm弱でした。乳房温存の手術を受け、術後はホルモン治療と抗ガン剤治療を受けました。
辛い副作用に耐えながら治療を続けました。

ところが3年が経過して今度は右胸にシコリ(1cm弱)が見つかったのです。
医師の見解は反対側だから”新たなガン”というものでしたが、私には”再発”と思えました。
『副作用の苦しみに耐えながら治療を続けても3年目にはこうなの? ホルモン治療にせよ抗ガン剤治療にせよ、ただマニュアル通りに行われるだけ。効果に個人差があるにせよ、これらの治療は万人に効くものではないんだ』
このままでは治るものも治らなくなる。そう判断して病院を変え、右胸の温存手術に臨みました。

術後、今度はホルモン剤と放射線治療(1ヶ月で終了)が待っていました。
『この病気は、病院の治療だけでは治らないのではないか・・・』
不安に陥っていたとき新聞に掲載された長友明美さんの本の記事に目が止まり、江平カイロプラクティックオフィス(以下、江平カイロ)を訪ねました。
長友さんは自らガンを克服し、その経験をもとにビワ療法等の施療を通じてガンをはじめ多くの方々の症状の改善に貢献しておられる方で、直接話を伺い本当に勇気づけられました。

江平カイロではビワ温灸や温熱療法の他、食事療法、運動療法等も細かく指導して頂きました。
ビワ温灸と温熱療法を併用した施療は体が芯から温まり、気持ちがよく、心身ともにほぐれて軽くなっていくのが分かりました。
また、指導に沿って食事療法を始めたことで、長年の悩みだった頑固な便秘が解消したのには驚きました。毎日1〜2回すっきりお通じがあるのです。
運動はラジオ体操程度ながら体重もほどよく落ち、体が引き締まってくるのがよく分かりました。

食生活は一変しました。朝食前、ニンジンとリンゴをベースにオレンジやレモンを加えた果物ジュースを飲みます。食事は具沢山の味噌汁です。昼食は玄米もしくは玄米パンと野菜です。夕食はパイナップルと小松菜がベースの野菜ジュースと十数種類の野菜サラダ、そして玄米です。
右胸の手術後、間もなく、放射線治療の影響からか右肺に2cmほどの白い影が見つかりましたが、江平カイロで週2〜3回、集中して全身のビワ温灸と温熱療法を受け食事療法を行なったのが奏効したらしく、3ヶ月が過ぎて検査を受けたときには右肺の影は完全に消えていました。
現在はホルモン治療を行ないつつ前述の各種療法を日々続けています。

二度手術をし、目の前が真っ暗だった私が、今では本当に体調が良く、自分の中で「大丈夫」と思えるようになれたからこそ皆様にお話しできるのです。
私の体験談がガンを克服するために頑張っておられる方々のお役に立てることを願っています。

◎江平カイロプラクティックオフィス(ご紹介はこちらです)
宮崎県宮崎市江平東町9−17
TEL:0985−35−7708

『ビワと健康』  2010年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンの術後ケアに活用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入