江平カイロプラクティックオフィス

宮崎県宮崎市江平東町9−17 TEL:0985−35−7708

自らの健康のために始めたビワの葉療法が、遠くアフリカの地で思わぬ効果を発揮。
帰国後、本格的な治療院開設に至ったエピソードを持つ長友夫妻は、末期ガンを克服し奇跡的に双子を出産した体験者でもあり、闘病者はもちろん医療従事者からも相談が絶えない。
数知れぬ改善例をもってビワの葉療法の普及に貢献する「江平カイロプラクティックオフィス」。
情熱溢れるお二人に話を聞いた。

  • 治療院の開設はいつですか?
    1993年ですから、6年目になります。ただ、看板を掲げる前からビワの葉療法を主軸に施術を行っていましたから、かれこれ10年近くになりますね。

  • こちらでの施術の特徴は?
    来院者の状態をみてカイロプラクティックかビワの葉温灸、どちらのコースで施術を行うかを決めます。カイロは私、ビワの葉温灸は家内が担当しますが、併用することも少なくありません。
    ガン、リウマチなどの難病や高齢の方には、力を加えるカイロよりビワの葉温灸を多用しています。遠赤外線サウナは無料サービスです。

  • ビワの葉療法導入のきっかけは?
    家内の曽祖父が長野のお寺の住職で、庭にはビワの木があったそうです。講演で地元を訪れた際、縁のある方からビワの葉エキスと棒モグサを使った温灸を教わり、自身の健康のために始めました。その後、施術を行うに至った経緯は、家内からどうぞ。

  • 経緯についてどうぞ。
    15年前、私は末期ガンを克服し双子を出産しました。健康に気遣う中で出会ったビワの葉温灸には、とても効果を感じました。
    施術を始めたきっかけは、夫のアフリカ勤務にあります。現地では数年間過ごしましたが、赴任当日、マラリアで生死の淵にある青年と出会い、ビワの葉温灸で助けてあげることができました。
    このことが口コミで広がり、腰痛、膝痛、気管支炎、おでき、夜尿症等々、みるみる顧客が50人ほどに膨れ上がり、自分の身体のことを忘れるくらい多忙を極めました。娘がかかったマラリアも克服し、いっそう自信を強めました。

  • 日本ではどんな改善例がありますか?
    胃ガン、子宮ガン、急性リウマチ等の難病のほか、蓄膿症、喘息など様々です。やれる治療を全部やり尽くし、あとはビワしかないと信じて施術に臨む人は不思議と効果が顕著ですね。

  • 信条をひとこと。
    心が開かれ、前向き思考のチャンネルに切り替えさせてあげられるよう努めています。
    自然の《気》に、私どもの《真心》がプラスされて治癒力が働きやすくなればといつも念じています。

◎長友明美先生へのインタビュー
◎「江平カイロプラクティックオフィス」に関する体験談 『ビワと健康』  99年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 江平カイロプラクティックオフィス
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入