狭心症、高血圧が改善!

東京都渋谷区 アップルゴールド 森田れい 代表

埼玉県新座市にお住いの大林テルさん(75)は、昨年1月、狭心症、高血圧が判明しました。

病院や薬が苦手な大林さんを心配して、娘さんからご連絡があり、厳選した乳酸菌、ビワの種、サフラン等をご紹介させて頂きました。良い結果が出ているので取材をお願いしました。


ーー以下、娘さんによる経過のご報告です。

自他ともに認める元気印だった母が昨年、突如病に倒れ入院騒ぎとなり狭心症と高血圧が判明したのですが、よくよく振り返ってみると一昨年8月にはその兆候が現れていました。
鎌倉に出かけた際、タイムスケジュールが結構タイトで電車の乗り継ぎも急ぎ足となりました。
そのとき母が「苦しい」と言ったのです。
かつてそんな言葉を口にしたことはなく、そもそも病気とは無縁の人だったので少し休憩を取りながら、心の中で『ああ、年を取ったんだなあ』と思って見過ごしてしまいました。
元来、病院嫌いの人ですから検査を受けるはずもありません。
当時はハイライトという銘柄のタバコを1日15本余裕で吸う、なかなかのスモーカーでした。
お酒も好きで、ご機嫌な人生を歩んできた母でしたが、昨年1月のある朝、大騒ぎになりました。

仕事で新幹線に乗ろうとしていた私のケータイに子供から「ばあばの具合が悪いから救急車を呼びました。お母さん帰ってきて下さい」と連絡が入ったのです。
付き添いは成人でないと駄目というので慌てて仕事をキャンセルし搬送先の病院に駆けつけました。
虚血性の心疾患、いわゆる狭心症で、血圧も恐ろしく上がっていると告げられました。
日頃、一応健康のことを考えてデジタルの血圧計を買って母に計るように伝えていましたがモチベーションが低いので全然、無視。計ったことがないものだから「血圧いくつだった」と尋ねても「さあ?」と生返事でした。
入院してカテーテルの検査をすることになり、食事は目茶目茶減塩ですと釘を刺されました。
CTで確認し、心臓の画像も見せて頂きました。血液が心臓を通って出てくる血管に細くなっている箇所があり、そこに負担が掛かって血圧が上昇しているという説明を受けました。
カテーテルの検査の結果は「入れなくてもいい」と言われ、処置は全くなく、投薬治療となりました。

2週間の短い入院で事なきを得た母でしたが、これまで一切病気をしたことがないのだから完全に病人モードに陥り、日課の柴犬の散歩すら「無理かもしれない」と弱気な発言をするようになりました。
これは・・・と思いつつ薬を飲ませていたのですが、薬も元々嫌いなためどうしたものかと思案している最中、たまたまアップルゴールド・森田れいさんのサイトを見つけました。
『サプリで何とかならないだろうか』と頭をよぎりました。それというのも私は歯科衛生士でオーソモレキュラ療法(分子整合栄養医学)を学んでいたからです。糖質をコントロールし、メディカルサプリメントで食事で足りない栄養を補うという方法です。
しかし、これを始めるとなるとまた病院に連れていかなければならず少々厄介で、図々しいかなと思いましたが森田れいさんに相談をしてみました。
森田さんは状況を把握したうえで乳酸菌とビワの種(錠剤タイプ)、サフランを飲むことを勧められ、加持祈祷をされるご住職もご紹介して下さいました。

母を早く楽にしてあげたい一念と、家の中で霊障というか嫌な予感しかしない事柄が色々起こり始めていたこともあり、すがる思いで始めてみました。
サプリの一つ、ビワの種は「1日最低30錠、症状が改善するまで続けて下さい」と言われました。
病院からは定期的な通院を言い渡されていましたが、どうしても母は行きたがりませんでした。このままでは改善は見込めないと考えて、栄養面をしっかりコントロール出来るものとしてご紹介頂いた三つのサプリを死守してみようと決断したのです。
母は栄養面のコントロールについては私に一任し、信じてくれています。
私の祖父、つまり母の父親はお医者さんでした。
漢方医でもあったので、その影響から自然のものは良いけれど化学療法には強い抵抗感があり、「出来るだけナチュラルなものだったら飲む」と言ってくれていたのです。
入院が余程嫌だったのでしょう。母はサプリをきちんと続けてくれ、ピタッとたばこを止め、お酒も飲まなくなりました。
何が効いているのか私には分かりませんが、2ヵ月ほどで血圧は安定しました。
上が130前後、下が70くらいで維持しています。

また、胸の痛みも起きなくなりました。
実は凄く胸が痛んで呼吸が苦しくなったことがありました。
家では母は1階、私は2階に寝ているのですが、これまで母は元気印だったのでブザーなどの用意をしてあげていませんでした。
胸が痛み、苦しくて声が出せなかった母は、苦肉の策で1メートルほどの物差しで天井をドンドンと突っつきました。
私は『また大工仕事でも始めたのかな』くらいに感じ、子どもたちも『ばあば、また暴れてるよ』くらいに捉えて無視していました。
本人は声が出せなくて必死だったらしく、今だから笑える話です。
定期的なご祈祷もお願いしていますし、色んな力をお借りして今があるのだろうと感謝しています。
最近はご機嫌で犬の散歩やお買い物にも行き、息切れもなく過ごせています。
ただ、昨年初旬からいびきが酷く、少し無呼吸っぽい感じがあって私も職業柄気になっていました。
母は下あごが小さく気道が閉鎖気味で、知り合いの先生のところで睡眠外来に行かせてもらいました。

検査の結果は無呼吸症の前段階とのこと。夜間の呼吸を補助する機器を鼻につけてコントロールするようになりました。
それを始めてから定期的にチェックしますが、血圧は無呼吸からもきていることがわかりました。
日中やたらと眠気に襲われ、明らかに落ちるような深い眠り方をするのです。
そして脳梗塞を疑うようないびきを掻き始めるのですが、以前は我が家で母がいびきを掻くのは当たり前になっていました。
どこか悪いなど思ってもみませんでしたが、血圧の上昇と心臓に負担をかける流れになっていたようです。

2年が経ち一つずつ改善が進んで行く中でようやく分かった感じです。
現在は睡眠外来だけ通っていますが、あとは三巴のサプリの継続だけで安定しています。
母にとっては世紀の大復活。森田れいさんに出会えて感謝しています。

◎アップルゴールド (ご紹介はこちらです)
東京都渋谷区恵比寿4−10−13 明和ニューマンション207
千葉県松戸市八々崎1−39−5
TEL:090−7004−0571

◎「アップルゴールド」に関する体験談

『ビワと健康』  2019年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 狭心症、高血圧が改善!
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。