悪性リンパ腫が改善した

東京都渋谷区 アップルゴールド 森田れい 代表

悪性リンパ腫が全身に転移し、ステージ犬反巴任気譴討い芯杭蟷圓量攵賚柁さん(58)がビワ温灸を併用した養生で劇的に改善しておられるので報告させて頂きます。
・・・以下、木場和美さんご本人のお話です。

* * *

一昨年の4月中旬、右のふくらはぎが痛くなり、整骨院に行きましたが良くならず、3軒ほど渡り歩くうちにマヒも出てきてしまい5月29日、整形外科にかかりました。
MRIなどの検査を受けて医師から告げられたのは「整形の病気じゃない」という意外な言葉でした。

馬尾神経の付近に腫瘍が出来ていて、それが神経を圧迫してマヒを引き起こしているのではないかとの見解で、長崎の大学病院を紹介されました。
6月8日、大学病院で血液検査を受けたところ、通常200以下とされる腫瘍マーカーの数値は2,600まで跳ね上がっており、貧血もひどいことが判明しました。

6月9日、PET、CT、MRIなどの検査で「悪性リンパ腫の疑いあり」と診断され6月16日から入院することが決まりました。
入院当日、病状説明では「悪性リンパ腫でステージ犬任后廚塙陲欧蕕譟⇒眛から抗ガン剤治療が始められることになりました。
担当医は私にはおっしゃらなかったのですが、家族には「3ヵ月後の生存の可能性は30%です」と伝えられたとのことでした。
病状としては、足のマヒと共に全身がもの凄くだるく、入院直前はちょっと買い物をしてきただけで布団に倒れこむほど辛くなっていました。
『何でこんなに体がきついんだろう。肝臓でも悪いのかな』
まさか自分が悪性リンパ腫瘍にになっているとは思わず、貧血の自覚もなかったので『寝不足のせいかな』などと考えていたのです。

病名が判り、振り返って調べてみると風邪でもないのに38.3℃の熱が出たり、やたらと寝汗をかいたり、異常に体がだるかったりとこの病気の特徴が如実に現れていました。
貧血がひどく白血球の数が少なかったため、白血球を減少させてしまう抗ガン剤は通常の量を投与することが出来ず、初回は既定の70%、2回、3回目は80%と減量し、4回目から100%となりました。
初回は70%に減量されているとはいえ副作用が激しく、2回、3回目も吐き気に苦しみ5日間は食事は殆ど摂れず、それ以降は5分の1とか3分の1とか少しずつ食べられるようになっていきました。
私を襲った悪性リンパ腫の原発は脾臓で全身の骨に転移していましたが、脳にも転移が認められ2cmの腫瘍が見つかったことから腰に針を刺して抗ガン剤を注入し、脳腫瘍にアタックする髄注という治療法が初回と5回目の治療時にプラスして行われました。
この治療をすると頭痛がひどく、まるで鉄兜をかぶせられ頭をギューッと締め付けられる感じでした。
1クールは3週間で、初めの5日間は抗ガン剤治療をし、残りの2週間はお休みするというものでしたが、抗ガン剤による副作用の影響で1クールごとに体重が2〜3kg減っていきました。
5回目の治療が終わった時点で10kgほど痩せ、30kg代まで落ち込みました。

『これ以上続けたらだめだ。体力がもう限界だ』
心底、そう感じ6回目の治療はお断りしました。
しかし、医師は治療の続行を勧めました。3度も説得されましたが「どうしても出来ません」とお断りし、退院することになりました。
退院後は毎月血液検査に通い、定期的にCTやMRIを撮る形でフォローして頂いています。

抗ガン剤治療の前から腫瘍マーカーが改善

森田さんとは、入院の半年ほど前にフェイスブックを通じて出会いました。
ガンの劇的な改善例を目にして『凄いなあ』と感心していましたが、当時の私は元気だったのでまさか自分自身がお世話になるとは思っていませんでした。

6月8日に「悪性リンパ腫の疑いあり」と告げられた時点でお願いしたのですが、すぐにお寺さんのご祈祷やサプリメントの手配をして下さいました。
入院までの1週間、さっそくサプリを飲み始めたところ、抗ガン剤治療を始める前なのに腫瘍マーカーが下がり始めたのです。
異変に気づいた医師から「木場さん、何か飲まれてますか」と尋ねられたので「ビワの種などを飲んでいます」と答えると、「それ、ちょっとやめて下さい」と言われました。
森田さんに勧められたサプリは、ビワの種、乳酸菌、酵素で、併せてビワ温灸も当て始めました。
病室でビワ温灸を当てることは難しく殆ど出来なかったのですが、サプリはずっと続けました。
2回目の抗ガン剤治療が終わったあとPETとCTを撮りました。すると3cmあった脳腫瘍は、6mmに縮小していました。
抗ガン剤との相乗効果だとは思いますが、私にはサプリが劇的に効いている感覚がありました。
さらに4回目の検査では、脳腫瘍は全て無くなっていました。これには病院の先生方も驚いておられました。

このあとの5回目の治療の副作用が非常に厳しく、治療を止めることになったわけですが、担当医は「画像の見えないところにガンがあるかもしれないからもう1回だけ叩いておきたい」と言われました。
けれど、本当に無理でした。逐一状況を把握されていた森田さんから「これ以上続けると危ない」と助言を頂き、私自身、衰弱しきっていて『死んじゃう』と感じたので「腫瘍は全部消えているから必要ありません」とお断りしたのです。
医師としては、当初の予定が8〜10クールだったので、半量の抗ガン剤で終わることに納得がいかなかったのかもしれません。

結局、4ヵ月半の入院ですみました。
退院後は毎日サプリとビワ温灸を続け、3ヵ月で仕事復帰が出来ました。
発症前は、自分を過信しハードワークの日々でした。睡眠時間は2、3時間。徹夜も平気で、慢性的な睡眠不足。休養も殆ど取らず、食事だって簡単にすませて、知らないうちに疲れを蓄積させていたのです。
ストレス、食事、生活習慣の問題が病気の原因になっていたと感じます。
以来、自営の仕事もペースダウンし、午後からの2〜3時間に抑えています。
週3〜4回、午前中にビワ温灸を当てています。出来ない日は就寝前に行っています。
悪性リンパ腫の後遺症で腰から下の一部にマヒが残り、抗ガン剤の副作用で左右の足に痺れがあるため整形外科でリハビリをしています。
痛みはありませんが感覚がマヒしているため足が地に着いていない感じで、足首をすぐに捻りそうで怖さがあります。
こうした症状の回復には1年とか2〜3年、あるいはずっと続くなど個人差があるといわれています。
ビワ温灸は全身に当てますが、マヒの強い右の臀部が特に気持ち良く感じられます。
玄米菜食をしているのであまり太ってはいませんが体調は良く、貧血が治ったので皆さん「顔色がいいね」と褒めて下さいます。
ガンが寛解し、完治とみなす目安は5年といわれます。私はまだ1年をクリアしたばかりですが、3ヵ月の余命宣告を受けた当時のことを思うと本当に感謝しています。
病院では「2年目までの再発が多いから・・・」と頻繁に検査が行われてきましたが、各検査項目でずっと正常値を保っていることから「来年2月の検査で問題がなければ数ヵ月おきの検査にしましょう」と言われています。

* * *

・・・以上が木場和美さんの貴重な体験談です。ありがとうございました。
ガンや難病でお困りの方はどうぞご相談下さい。

◎アップルゴールド (ご紹介はこちらです)
東京都渋谷区恵比寿4−10−13 明和ニューマンション207
千葉県松戸市八々崎1−39−5
TEL:090−7004−0571

◎「アップルゴールド」に関する体験談

『ビワと健康』  2016年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 悪性リンパ腫が改善した
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入