ステージ犬稜戰ンが改善

東京都渋谷区 アップルゴールド 森田れい 代表

ステージ犬稜戰ンで手術は無理と告げられた新潟在住の男性S・Oさん(59)は、頭や腰に転移し深刻な状態でしたが、ビワの種をはじめ厳選したサプリメントやビワ温灸を併用することで著しい改善が得られ、元気に過ごしておられます。2年4ヵ月、傍らで懸命に支えてこられた奥様に経過を伝えて頂きました。

・・・以下、奥様のお話です。
私の主人(59)に肺ガンが見つかったのは2014年11月のことです。扁平上皮癌でステージ検△發呂篌蟒僂任ない状態であると告げられ、まさに青天の霹靂でした。

事故の検査で判明

そもそも病院嫌いの主人が胸の検査を受けたのは、たまたま交通事故にあって胸を強打したためでした。
「骨折しているかもしれないので、一応レントゲンだけ撮ってみましょう」
救急病院でそう言われて検査したところ、事故の方は打撲だったものの肺に影が見つかり、「これ、おかしいから診てもらって下さい」と急遽、写真を持って新潟のがんセンターに行くことになったのでした。
そして、告げられたのが肺ガン、ステージ犬世辰燭里任后手術は困難で、化学療法による治療が勧められ、早々に入院となりました。
後で当時を思い返すと主人は夜寝る前、軽い咳をしていました。何気なく『なかなか止まらないなぁ』と思ってはいましたが、当の本人としては自覚症状が全くなく、それだけにショックを受けていました。
2014年12月から抗ガン剤治療が始まりました。2クールやって効果が見られなかったことで髪の毛が抜けるタイプの抗ガン剤に切り替わりました。
すると副作用で髪は抜けるし、吐き気やだるさが強く出て、本人が『このまま続けていたら体がどんどん悪くなっていく・・・』と危機感を感じてしまい、2015年5月に抗ガン剤治療を止めてしまいました。
入院していたのは初めの2週間のみで、抗ガン剤を投与しても良い結果が得られなかったことから、その後は免疫療法や低濃度療法を半年ほど受けました。
抗ガン剤治療を止めたことで副作用の諸症状は収まり、体は楽になりました。
ただ、新たに始めた免疫療法はとても高額で、それにも拘らず効果はあまり得られず、3ヵ月ほどで止めました。
その後、低濃度療法を始めました。2週間に1回、東京まで通いましたが、効果が感じられないばかりか腫瘍は段々と大きくなっていきました。

1年後、頭部に転移

2015年12月、東京の病院で「転移が心配なので一度MRIを撮りましょう」と言われました。
結果は、頭に2ヵ所腫瘍が見つかり、もう1ヵ所は見えにくく「多分、これもそうじゃないかな。3ヵ所ですね」とのことでした。
頭部の治療も必要になるかもしれず、どうすべきか思案している最中に、ガン免疫薬のオプジーボが保険適用となりました。
主人は、オプジーボをぜひ試したいと言いました。
しかし、新潟県で扱っている病院は2ヵ所しかないとのことで、その一つ、以前かかっていたがんセンターならデータも揃っているだろうからと、再びそこへ戻ることになりました。
2016年が明けてすぐ、がんセンターを訪れ検査を受けました。
やはり頭部には3ヵ所、腫瘍が見つかりました。
この時点では一番大きいものでも1センチに満たないサイズでした。
2月からオプジーボを投与することで話がまとまりました。

厳選サプリとビワ温灸

そんな状況下、主人がたまたま乳酸菌のサプリメントを見つけ、「これ、やってみようかな」と聞くので、「そうね、やってみましょうよ」と返事して取り寄せることにしました。
1月半ばでした。それが森田さんとの運命的な出会いとなりました。
森田さんから色々お話を聞かせて頂いて、乳酸菌と共に酵素やビワの種のサプリメント、加えて遠赤外線のビワ温灸も始めることを決め、併せて加持祈祷も受けさせて頂きました。
2月から7月初めまで行いました。
肺に限っていうと、一旦は、グッと良くなりました。4月に入って腫瘍が小さくなり、「凄いね〜」と話しました。ところが、残念なことに再び大きくなってきて、いつしか出始めた血痰が次第に増え、6月には少量の吐血もありました。
医師はオプジーボはもう効かないと判断し、「放射線をやりますか」と聞かれたので、やむなく胸部に関しては放射線治療を受けることにしました。
頭部も経過観察をしてきましたが、3月のMRI検査では腫瘍が大きくなっていて「これはいつか叩かなきゃ駄目だからね」と言われ、同様に放射線治療を行うことにしました。
但し、三つあった腫瘍が二つ消え、一つになっていたのには驚きました。
また、もう1ヵ所、腰のCTを撮った結果、「何か怪しいのが写ってるんだけど」と言われ、こちらも経過観察となりました。
記憶は曖昧ですが、3〜5月の間のことでした。
肺の放射線治療は10月初めまで続けました。トータルで25回くらいだったと思います。
その間、腫瘍は一時期8センチくらいまで拡大しましたが、10月以降のCT検査では4分の1までグッと縮んでいました。

頭と腰の転移巣が消失

頭の方は6月末まで放射線を当てましたが、こちらは完全に消えて無くなっていました。
腰の方も同様で、医師から「これ、間違いないから。そのうち痛くなって大変になるよ」と告げられていたにも拘らず、「無くなってますよ」と言われ、本当に驚くことの連続でした。
症状には波はありましたが、この期間、3種類のサプリメントとビワ温灸を毎日欠かさず続けました。
ビワ温灸は、主人が一人で背中に当てるのは難しいので私が当てました。お風呂上りに背中、お腹、胸、そして再び背中、お腹、胸の順に2回ずつ、1時間ほど当てました。
主人の体調に合わせ、疲れて眠い日なども最低でも40分は当てました。
ビワ温灸は体の芯から温まって気持ちが良いらしく、受けている最中にうとうとと良く寝ていました。血行が良くなり、筋肉がほぐれ、いつも楽しみにしてくれているので、当てる私も嬉しくなるのです。

的確な指導に大感謝

当初の西洋医学の治療だけでは病状は進行の一途で不安な日々でした。
森田さんと出会い、厳選されたサプリメントとビワ温灸を併用し始めたのを契機に、劇的に改善に導かれたことを実感します。
胸水は溜まってはいるものの水の量が増えないことも、その一例です。
一般的にステージ犬箸發覆襪函△匹鵑匹麥まってきて苦しくなる筈なのに、主人の場合、不思議なことにそれがないのです。
息苦しさは全くなく、それどころか痰は勿論、咳も出なくなっているのです。
主人は仕事大好き人間です。朝仕事に出かけて、夕食時に帰宅し、再び仕事に戻るほどですが、相変わらず充実した日々を送れていますし、休日にはゴルフも平気で楽しんでいます。
生活のクオリティーが下がることなく確実に明るい兆しが見えてきているので夫婦共々、気持ちがすっかり明るくなりました。
森田さんは食事の指導もして下さします。減塩したり、動物性のたんぱく質はなるべく摂らないようにしたり、主人は甘いもの好きながらお菓子を止めたりと頑張っています。
食事療法にしても、サプリメントの飲み方にしても、ことあるごとに連絡し、その都度、こと細かにご指導を頂けて本当に助けられています。大感謝です。

肝臓の数値も改善

因みに、肺ガンが見つかる1年ほど前から主人の白目が黄色っぽくなってきて気になっていました。肝臓のビリルビンの数値が高くなっていたのです。
前述した通り、2016年1月からビワの種のサプリメントを飲み始めたわけですが、同年3月には目の状態が改善し、数値もやや高めながらも正常値内に収まりました。以来、良い状態をキープしています。
これもビワ療法の働きが大きいと感じています。

・・・以上がS・Oさんを支えてこられた奥様の貴重な体験談です。本当にありがとうございました。
改善の道は必ずあります。ガンや難病でお困りの方はどうぞご相談下さい。

◎アップルゴールド(ご紹介はこちらです)
東京都渋谷区恵比寿4−10−13 明和ニューマンション207 千葉県松戸市八々崎1−39−5
TEL:090−7004−0571

◎「アップルゴールド」に関する体験談

『ビワと健康』  2017年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ステージ犬稜戰ンが改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入