潰瘍性大腸炎が改善

東京都渋谷区 アップルゴールド 森田れい 代表

長野県にお住いの井澤妙之さんは、息子さん(20)が潰瘍性大腸炎を患って何度も入退院を繰り返し、一時は医師から人工肛門の手術を勧められるなど、母親として辛く切ない日々を過ごしてこられました。
息子さんの症状が改善に至った経緯について取材をお願いしました。

ーー以下、井澤妙之さんのお話です。

今春、大学3年生になった息子が潰瘍性大腸炎を発症したのは、高校2年生の1月でした。元旦マラソンに参加して、何日か経ってから「お腹が緩くなって風邪っぽい」というので、風邪の治療のつもりでかかりつけの胃腸科専門の医院に行きました。

ところが以外にも「これは風邪じゃないみたいだ」と言われ、大腸の検査を受けたところ潰瘍性大腸炎と判明し、「近くの大きい病院に入院した方がいい」と言われました。
あいにく土曜日だったのと、すぐには入れないとのことで少し小さい病院に入院することになりました。

そこでの治療はステロイドの服用薬でした。1ヵ月ほどの入院中、結構な量のステロイド薬を服用しましたが何ら改善はみられませんでした。
病院側としては進展がないことに懸念を抱いたらしく「大きい病院に行った方がいい」とのことで、転院することになりました。
転院した大きい病院では薬を変えたり、血液を抜いてオゾンガスを混和した後に体内に戻す血液オゾン療法などを行いました。
この治療法は、1回目はとても良く効きました。便の回数が減り、少し元気になりました。

しかし、2回目の結果は違いました。便の回数が増えてオムツをしなければ間に合わなくなり、起き上がることも出来ず、寝たきりになってしまいました。
挙句に「このまま居てもやることがない。信州大の附属病院に行った方がいい」と言われ、寝たきりの状態のまま転院しました。
その病院にいた期間も1ヵ月ほどでした。
転院に次ぐ転院、しかも入院中にどんどん病状が悪化していくのですから本人も家族もやるせない気持ちで一杯になりました。
幸いなことに信州大病院では薬が合ったようで、しばらくすると便の回数が減り、起き上がれるようになり、炎症も収まって2週間ほどで退院することが出来ました。3月中旬でした。
4月から高校3年生になり自宅で療養しつつ通院し、1年間は問題なく過ごすことが出来ました。

ところが、大学生になり横浜で一人暮らしを始めてから再発したのです。
一昨年7月下旬、トイレの頻度が急激に増し、信州の大病院に再入院しました。
今度はヒューミラーという皮下注射による治療が行われました。非常に効果で期待できる治療法らしいのですが、全く効果はありませんでした。
そこで医師の口から出た提案は、人工肛門でした。「横浜の病院なら沢山手術をするだろうから成功すると思う」と横浜での手術を勧められました。
さすがに私も夫も人工肛門の手術には抵抗があり、「以前、合っていた薬でお願いします」と頼み込みました。
そんなやりとりがあり、9月中旬に退院しました。「新学期が始まったときに入院していたらストレスになるでしょう。退院して学校に行けるときは行った方がいいですよ」という医師の配慮がありました。
とはいえ、まだ殆ど寝たきり状態ですから私も一緒に横浜に行き、息子の世話をしました。

ご飯を作り、電車に乗れないので車で大学まで送り迎えをしました。
その時期です。ガンの方のブログか何かで森田れいさんの名前を知り、ホームページを見つけて連絡をさせて頂きました。
ビワの種、乳酸菌、酵素、加持祈祷のご紹介を受け、早速取り寄せて息子に飲ませました。
退院後の息子は凄く痩せていて「寒くて仕方ない」と体のあちこちにカイロを貼り、長袖を着て、ズボンの下にもお年寄りが穿くような保湿サポーターを着用していました。
時々腹痛があったり、下痢気味になったりもしていましたが、サプリメントが良かったようで段々と体が丈夫になっていき、やがて一人で電車通学出来るようになり、私は1ヵ月半ほどで長野に帰れました。

現在は横浜から信州大病院に2ヵ月に1回通い、薬をもらっています。以前は金曜日に受診し、ゆっくり1泊してから帰っていましたが、最近は日帰りでも平気になっています。
食事も温かいものを取り、なるべく刺激物を控えるなど気をつけています。
出来る範囲でアルバイトをしたり、友達と音楽ライブに出かけたりと学生生活を楽しんでいる様子です。
因みに住職が東京に来られた際は、一人で行ってきて「すご〜い」と話していました。
昨年3月の時点での大腸検査では、かつて酷く痛めた部位には痕が残っているもののかなり良くなっている状態でした。

今もビワの種と乳酸菌は毎日飲んでいます。
男の子だから女性と違って出産や生理がないので、悪いものを体外に出す機能がないので薬が体内に残る気がして心配です。愛飲するサプリメントは自然のものですし、薬の副作用が抑えられる例も多いと聞くので期待しています。

◎アップルゴールド (ご紹介はこちらです)
東京都渋谷区恵比寿4−10−13 明和ニューマンション207
千葉県松戸市八々崎1−39−5
TEL:090−7004ー0571

◎「アップルゴールド」に関する体験談

『ビワと健康』  2018年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 潰瘍性大腸炎が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入