クローン病、粟粒結核が改善

東京都渋谷区 アップルゴールド 森田れい 代表

大阪市在住の北澤江里子さんは、息子さんがクローン病で苦しい闘病生活を余儀なくされる中、さらに粟粒結核まで発症してしまうという深刻な状況下にあって連絡を下さいました。

病院での治療を受けつつビワの種など三種類の厳選したサプリメントを用いることで著しい改善が得られましたので、経過を伝えて頂きます。

・・・以下、北澤江里子さんのお話です。

最近、21歳になった息子がクローン病を発症したのは17歳、まだ高校生の時でした。
当時、『よく下痢をする子だな・・・』と思ってはいましたが、最初に起きた異変は痔でした。
徐々に症状が悪化して、やがて痔瘻になって手術をしました。
後々、別の病院で告げられたのは「すでにクローン病になっていて、それが原因で痔を発症したのではないか」というものでした。
しかし、その時点では見つけてもらえず、手術の甲斐なく術後の経過は芳しくなく、再び違う位置に痔瘻が出来てしまいました。
やむなく二度目の手術を受けたわけですが、やはり術後の経過は芳しいものではありませんでした。
1年半の間に2度手術し、それでも一向に治る見込みが感じられなかったことから『このまま治療を続けても、どうにもならないのではないか・・・』との疑念が湧いてきて、医師に失礼だと思いながらも病院を変えることにしました。
新たに訪ねた病院では、消化器科と外科の両方で診て頂きました。
医師の見解は、「これは間違いなくクローン病の症状です」というものでした。

クローン病は、我が国では特定難治性疾患に指定されている原因不明の病気で小腸や大腸に炎症を起こすとても厄介なものです。
それでも治療内容は、食事療法と服用薬が処方されたのみでした。
息子は痛みが激しくなると大袈裟でなく、のたうち回って苦しんでいました。
空腹でも痛むし、少し食べると、それはそれで痛みが出る。結局、食べても食べなくても痛みからは逃れられず、体重もどんどん落ちていきました。
痛みは腹部全体に出ますが、脇腹に近い部位が特に強く出ていました。のちに内視鏡で検査をしたところ、やはりその部位辺りが最も激しく炎症を起こしていることが判明しました。

クローン病治療の副作用で粟粒結核(ぞくりゅうけっかく)を発症

なかなか治癒に至らないまま薬に頼って治療を続けていましたが、昨年10月、今度は粟粒結核(ぞくりゅうけっかく)を発症してしまいました。
もはや服用薬では痛みが抑えきれなくなってきて、藁にもすがる思いでインターネットで治療法を検索していると、痛みが緩和される点滴による治療法があることがわかりました。
再び病院を移り、その治療を始めたのですが、今度は本人もびっくりするくらい痛みが消えました。
昨年3月のことでした。あまりの効果に驚きながら、5月には2回目の点滴治療を受けました。
ところが、痛みは抑えられたものの点滴薬の特性なのか、息子は微熱を出すようになっていました。
それでも、かつての激痛を思えば大したことではありません。順調に改善に向かっているのだろうと思いつつ大過ない日々を送っていました。
そんな最中、夏から秋口にかけて学校主催のアメリカ研修があり、息子も参加したのでした。

研修を終えて無事帰国した息子でしたが、その姿を見て驚きました。
全く、血の気を失っていたのです。聞けばアメリカでも高熱が続き、やっとの思いで帰国したというのです。
初めは夏バテの状態かとも思いましたが、あまりに様子が異様なので点滴治療を担当されている医師に診てもらったところ、「うちではちょっとあれだから、CTを撮ってきてほしい」と言われました。
CTを撮る際の診察で、粟粒結核が疑われ、結果は正にそれでした。そして、「クローン病の治療をしていなければ結核にはならなかったんじゃないかな」とのお話でした。
クローン病を治療するには免疫を落とさねばならず、点滴は免疫を下げるものだったのです。そんな治療の最中だっただけに研修活動の負担が大きく、ウイルスに負けてしまったということです。
粟粒結核は結核症の中でも重篤な病体で、結核菌が血液に乗って全身を巡り、複数の臓器に結核性病変が生じた状態を言うそうです。

病院に救急搬送し、本当に危ない状況に陥っていたとき、たまたま目にしたのがアップルゴールドの森田れいさんの記事でした。
お母様の病のことが書かれてあったと思います。
『この人、凄い。この人なら息子を助けてもらえるんじゃないかな』
そう直感し、全く面識はなかったのですが連絡させて頂きました。

三種類のサプリで顕著な改善

粟粒結核で窮地に陥っている状況をつぶさにお伝えすると、森田さんは「粟粒結核については西洋医学の治療を受けた方が良いでしょう」と判断され、その治療を受けつつ厳選された三種類のサプリメントとしてビワの種(錠剤タイプ)、乳酸菌、酵素を紹介して下さり、併せて加持祈祷を勧められました。
私も、息子にサプリを飲んでほしいと言いましたが、息子自身、まさか自分がこんな体になるとは思っていなかったので、元気になりたい一心で抵抗なく飲んでくれました。
そして、改善はとても顕著でした。
昨年10月初旬。入院当初はずっと寝込んだまま2〜3週間は完全に絶食だったので、おそらく腸は休まっていたと思います。
その後は、お粥などの軽い食事が続きました。

年の瀬が迫った12月26日に退院しましたが、その時は体の動きが取れるようになっていました。
結核の治療については、半年間は薬を続けるように言われているので1ヵ月〜2ヵ月に1回受診し、薬を処方して頂いています。
クローン病については、もう病院にはかかっていません。サプリをしっかり継続していて、炎症を示すCRP数値は順調に下がってきてます。
入院当初のCRP数値は、8〜9でした。退院時でも、まだ6くらいはありましたが、「薬を使っているので、それ以上は低くできないかな」と言われていました。
しかし、今年3月には1まで下がり、現時点では1以下、一般的な基準値に近づきつつあります。

息子は、現在、腸の痛みはなく、体重もほぼ健康時に戻りました。
おまけに、昨年は凄い花粉症で苦しんでいましたが、今年はビワの種のお陰で症状が出ませんでした。
アトピーっぽい体質で手荒れしやすいタイプながら、最近は多少手荒れがしても、これまでとは比べものにならない程度です。
もちろん、三点セットのサプリは続けていますし、一応食事にも気をつけています。
食事指導でも指摘のあった牛肉は食べないようにしています。本人も「牛肉を食べたら下痢をする」と言っているので、体質に合わないのではないかと判断しています。
他の食材は、さほど神経質になることなく、和食を中心にしています。

3月の時点で、あまりの嬉しさに森田さんに感謝の言葉をメールさせて頂きましたが、もし出会えていなかったら、どうなっていたのだろうかとしみじみ思い返します。
本当に良い改善のチャンスを頂けたと心から感謝しています。

◎アップルゴールド(ご紹介はこちらです)
東京都渋谷区恵比寿4−10−13 明和ニューマンション207
千葉県松戸市八々崎1−39−5
TEL:090−7004−0571

◎「アップルゴールド」に関する体験談
『ビワと健康』  2017年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > クローン病、粟粒結核が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入