ステージ4の肺ガンが改善

東京都渋谷区 アップルゴールド 森田れい 代表

北海道苫小牧市に在住の嘉指(かざし)京子さんは今年に入って咳が出始め、症状が悪化して歩行障害まで起こすようになり、検査の結果、肺ガンが進行し脳や肝臓にまで転移していることが判明しました。
ご主人の基博さんが迅速に手を尽くされ、1月下旬に連絡を下さいました。

幸い短期間で回復され、感謝のご連絡を頂いたので、取材をお願い致しました。

ーー以下、嘉指基博さんご本人のお話です。

家内(京子・56)の咳が出始めたのは今年1月10日頃からでした。日増しに激しくなり、血痰まで見られましたが京都に行く用事があって不安を抱えたまま出掛けました。

帰宅したときには咳き込みが酷い状態で、1月15日、知り合いの病院を受診しました。
「肺炎に掛かっているよ。肺に影があるし、胸水も溜まっているから呼吸器専門の病院で診てもらった方がいいよ」
そう診断され、紹介状を書いてもらいました。

呼吸器専門の病院で診てもらったところ「胸に良くないものがあります。うちでは手に負えないので苫小牧市の大きな病院で診てもらって下さい」と言われ、翌日、CT画像持参で苫小牧市の病院を訪ねました。
CT画像を確認したうえでレントゲンを撮りました。
ただ事ではないと感じて私も同行しました。医師によると「肺に間違いなく悪いものがあります。ただ、肺炎が酷いのですぐに病理検査を行うのはリスクが高いので1週間自宅で療養して下さい」と言われ、炎症を抑えるための抗生物質が処方されました。
咳が収まることを期待して療養していましたが一向に収まりませんでした。
それどころか、これは後の検査で判明したことですが、脳に障害をきたし日に日に歩行が難しくなっていきました。

急激に症状が悪化し、入院

実は京都に行く前々日辺りから歩行が左に流れたり、車を運転すると左側にずれてしまったり異変の兆候は出始めていたのです。
右肺に腫瘍が出来、それが脳に飛んで脳神経に影響を及ぼし、左側に運動障害をひきおこしていたのです。
1週間の自宅療養を終えて病院に向かう際には着替え中に転ぶなど、なんとか歩ける状態でした。
それでも同日、予定通り病理検査を行うことになりました。
検査は無事終えたものの歩行状態が一層おぼつかなくなったらしく病院から連絡がありました。
家内を病院に迎えに行くと車椅子に座った状態で医師と二人、私を待っていました。
「お家に帰られてもこれだけ悪いと大変じゃないですか。リスクが高いのでこのまま入院された方がいいんじゃないですか」
主治医はそう心配されました。けれど、このまま暫く帰れなくなるのは可哀想に思えて、家内を家に連れて帰りました。
部屋が二階のため階段を上がるのは本当に大変でした。一晩だけ自宅に泊まり、翌日入院しました。

発症から僅か2週間、1月25日のことでした。その日、医師からステージ4のBと告げられました。
家内と私、二人で一緒に聞きました。
レントゲン技師の先生には「歩行がおかしいので、もしかしたらガンの特性から脳にも飛んでいるかもしれません」と言われ、CTを撮りました。
結果は、沢山の腫瘍が脳のあちこちに点在していました。その腫瘍が障害を引き起こしているという説明と、さらに肝臓にも全体の何分の一かが転移していることが告げられました。
入院後の治療は、抗ガン剤治療でした。当初は脳に転移している状態がまずいので放射線治療が検討されましたが、根っ子を押さえる方が先決との判断により抗ガン剤治療となりました。
1月26日、入院の翌日から治療は始まり28日まで投与。そこから暫く様子を見ていました。
r 抗ガン剤治療を始めた翌日の1月27日に森田れいさんに連絡し、サプリメント送付の手配をして頂きました。
私は時々東京にセミナーに行っていて、そのセミナーの仲間から森田さんを紹介して頂いたのです。
家内が病気になり、どうしたらいいか応援をお願いするメッセージをあちこちに書いたものだから有難いことにそれを見た仲間が連絡をくれたのです。

抗ガン剤の副作用が軽く済んだ

森田さんにアドバイスを頂き、家内は1月29日から届いたサプリを飲み始めました。
酵素、乳酸菌、ビワの種の3種類です。このサプリの作用でしょう、抗ガン剤の治療の副作用はとても軽くて済みました。
頭髪が抜けたのと軽い味覚障害、身体が少し重だるかった程度で、食事は普通に取れましたし、むしろ太ったくらいでした。
サプリは病状に合わせて通常の3倍の量を1日3回、朝昼晩、食後に飲ました。
1月29日〜30日まで飲んで、2月1日か2日には体調の改善が明らかに現れてきました。
抗ガン剤も効いたと思います。家内は自分で歩き始めたのです。
「車椅子になんか乗ってられない。歩けなくなったら仕事が出来なくなるんだから」
もともとポジティブな性格なので伝い歩きでトイレに行きだし、看護師さんに見つかって注意され、歩行器を使って病室内を歩くようになりました。
2月5日、歩いているところに医師の回診がありました。主治医は若い方なので黙っていましたが、リーダーの先生が「あれっ、歩いてるね」と声を掛けられ、家内の様子を見ながら「歩けるほど効果があって回復したのなら退院できますよ」と言われました。
医師のお墨付きで翌日から退院に向けてのリハビリが始まり、3日間の歩行訓練などを経て退院の運びとなりました。
もちろん、その間もサプリは毎日飲み続けました。
咳の方も入院してから咳止めの薬が処方されたこともあり、この週くらいにはほぼ収まっていたように記憶しています。
肺炎だったので胸の表も裏も両面が痛くて寝るのも辛かったようですが痛みは完全に消え、痰が出ることも無くなっていました。
薬もサプリもどんどん吸収し良い反応が出てきたというのが実感でした。
リハビリを2月8日まで行い、普通に歩けるようになったので退院許可は出ましたが、北海道は寒いので体に負担をかけないよう万全の態勢を整え、2月11日、晴れて家内は自宅に戻ることが出来ました。

無事に退院

退院前、血液検査と肺のレントゲン検査を行いました。初診時、肺の入り口部分に8センチ前後あった腫瘍は、2〜3センチまで退縮していました。
血液検査でも、腫瘍マーカーは大幅に下がっていて主治医も驚いていました。
帰宅後は普通に生活ができ、止められていた車の運転も内緒で全く問題なくこなしていました。
1週間が経ち、2回目の抗ガン剤治療のため3泊4日の入院をしました。
退院後、5、6日後にもう一度検査を受けました。
「肺に2〜3センチあった腫瘍が殆ど薄い影になっています。肝臓の腫瘍は無くなっています。この状態なら脳の腫瘍も間違いなくないと思いますよ」
とても嬉しい結果内容でした。

3回目は3月12日からでした。この回は、前回と違い白血球の数値が低かったので少し様子を見て14日に再検査し、15〜18日まで点滴投与して帰ってきました。
免疫が下がっていたせいで入院中に風邪をもらったらしく肺ガンとは関係ないけれど咳が出ていたため慎重を期して二度ほど病院に行きました。3月29日、最後の検査を受けました。血液検査では全く異常はなく、レントゲン検査でも影は写りませんでした。
医師は「ここまで回復したけれど念のためもう1回だけ抗ガン剤治療をさせて下さい」と言われ、4月に入って17〜20日までの3泊4日で治療を受けてきました。
家内は至って元気で、この入院の前日まで私と一緒に東京に行っていたほどでした。
それと2月の時点で森田さんから連絡を頂き、ご住職に加持祈祷をお願いしました。家内は「ご住職のご祈祷を感じる」と話していました。
本人も『絶対に自分で治すんだ』という強い意志をもって過ごしてきましたが、皆さんに助けて頂き心から感謝しています。
森田さんを通じて貴紙への取材依頼がありました。本当にお世話になったのでお役に立てればと思って、家内の改善の経過をお話させて頂きました。

ーー以上が嘉指基博さんのお話です。ありがとうございました。

◎アップルゴールド (ご紹介はこちらです)
東京都渋谷区恵比寿4−10−13 明和ニューマンション207
千葉県松戸市八々崎1−39−5
TEL:090−7004−0571

◎「アップルゴールド」に関する体験談

『ビワと健康』  2018年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ステージ4の肺ガンが改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入