脳腫瘍の治療をサポート

東京都渋谷区 アップルゴールド 森田れい 代表

群馬県にお住いの榎本さんは、今年1月娘さんに脳腫瘍が見つかり、手術はせず、放射線や抗ガン剤治療を行っておられます。

ご相談を受け、乳酸菌、酵素、ビワの種などをご紹介させて頂きました。
一時期、歩行もままならない大変な状況でしたが、徐々に脳の腫瘍が小さくなってきて落ち着いています。
娘さんのこれまでの経緯について、榎本さんに伝えて頂きました。


ーー以下、榎本さんのお話です。

うちの娘は今年2月で20歳になりました。
去年の12月、「何か足の動きが悪い」などと話してはいました。
昔からそそっかしい子で、よく転んだりしていたので気にしていませんでしたが、息子が「姉ちゃん、歩くの何か変だよ」と言っていました。
年末に年越しそばを食べていてお碗を落とし、年明けにはお雑煮を食べていてまたお碗を落としてしまい息子が「やっぱり姉ちゃんおかしいよ」と言うので、さすがに不安になり病院に行くことになりました。

1月4日、脳が専門の病院でMRIを撮るなどの検査を受けました。医師から「もっと大きい病院に行った方がいいでしょう」と言われ、群馬大学医学部付属病院を紹介されました。
翌日、同病院で検査を受けて脳腫瘍が出来ていることが判明しました。
成人式で一旦帰宅し、式を終えたあと1月10日、娘は入院しました。

腫瘍は脳の外側と内側にありました。外側の腫瘍は手術で取れる可能性はありましたが内側は厄介な場所で、「そこを触ると寝たきりになっちゃうよ」と医師に言われ、放射線でいくしかないとのことでした。
内側を放射線でいくなら、敢えて外側を手術するのもリスクを伴うからと細胞検査のために小さな穴だけ開けることになりました。
医師は良性ではないことと年齢も若いことなど色々と説明をし、「覚悟しなくちゃいけない面もあります。放射線も効くか分かりませんし、抗ガン剤も100パーセント効くとは言えません」と話されました。

2月1日の夜中、娘は発作を起こしました。
本人が体の左側に異変を感じてナースコールをしたのですが、看護師さんが到着したときには既に意識がなく、全身が痙攣している状態でした。
左半身が殆ど動かなくなり、このまま車椅子生活になってしまうのではないかと心配しました。
発作が起きたあと左肩がガクンと落ち、何かを手で押さえることも腕を上げることも出来なくなり、歩行もおぼつかないので車椅子に乗り、お風呂は私が全面的に介助せざるを得なくなってしまったのです。
家族皆で何か良いものはないか、手探りながら探し続け、良さそうなものを娘に食べさせていました。
そうした中、知人を介しての会話の中で娘の事情を伝えたところ「森田れいさんって人がいるから聞いてみようよ」ということで紹介して頂きました。

体調が好転

森田れいさんに連絡をとったのが2月16日です。親身になって話を聞いて下さり、乳酸菌、酵素、DHA、ビワの種(粉末タイプ)を送って頂きました。
娘は発作後、放射線や抗ガン剤の影響などもあって気持ちが悪いことがあり、サプリメントにも気乗りがしていない感じでした。
パイナップルがガンにいいとか、麹で作った甘酒がいいとか、色々試していたので、騙し騙しではないけれど、甘酒と一緒に「体に良いから」となだめながら摂らせました。

すると、次第に体調が良くなっていきました。
3月初めには東京にご住職が来られると声を掛けて頂いたので、少し体調が落ち着いていたので行くことが出来ました。
この時を境に娘はぐんぐん元気になっていきました。
放射線治療と抗ガン剤治療の一期が終わり、3月15日に退院しました。
退院後は近所でリハビリに通うことになり、医師に紹介状を書いて頂きましたが、その数日間にも体調はさらに回復し、行った先の先生は紹介状に目を通しながら「うん?この人ってあなたですよね」と驚かれていました。
トイレは一人で行けるし、お風呂だって一応心配だから私は見ていますが、ちゃんと一人で浴槽にも入れるようになってきました。

事実、退院するときには腫瘍は大分小さくなっていました。医師は「抗ガン剤がよく効いて良かったね」と喜んでおられましたが、改善の経緯を目の当たりにしてきた私には厳選されたサプリや祈祷などのお陰だと感じていました。
今も1ヵ月に1回は病院に行き、5日分の抗ガン剤を貰ってきますが、飲むとやはり気持ちが悪くなるようで、森田れいさんに奨められたサプリや胃薬などを摂って対処しています。
娘の改善に大きな力を発揮したのは、サプリとともに遠赤外線のビワ温灸です。
ビワ温灸は用途が広く、私も膝が痛いと当てますし、息子も成長期で足が痛いとき当てています。母親の友人も膝痛で当てたのですが、「あんなにお医者さんに掛かっても治らなかったのに痛くないよ」と驚いておられました。
お婆ちゃんの肩にも当てて喜ばれましたし、運動をしている息子は自分で温灸器のスイッチを入れて準備し、「温まったから当てて」とリクエストするのでふくらはぎから太股にかけて当ててやったり、顔を見合わせて「もう元を取っちゃったね」と笑いました。
娘は、胸腺の辺りと首の後ろから背中にかけて、さらに足首からふくらはぎにかけてが特に気持ち良いようです。
むくみや重さを感じるようですが、冷えがあり、この冷えがガンの原因なのかなと思えます。

ビワ温灸を当てた後は、「凄く体がポカポカする」と言っています。
無事学校を卒業し、見違えるほど元気になりましたし、今のところ転移もなく、4月20日の検査でも「腫瘍がずいぶん小さくなっている」と言われました。
森田れいさんに出会えなかったらどうなっていたんだろうと思うと縁が縁を呼んでくれた運命を感じて、感謝しています。

◎アップルゴールド (ご紹介はこちらです)
東京都渋谷区恵比寿4−10−13 明和ニューマンション207
千葉県松戸市八々崎1−39−5
TEL:090−7004−0571

◎「アップルゴールド」に関する体験談

『ビワと健康』  2018年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 脳腫瘍の治療をサポート